紀文の無調整豆乳と調整豆乳と豆乳飲料の違い・種類・効果

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
414,771回目です。

豆乳飲料、調整豆乳、無調整豆乳豆乳の種類に関する記事です。

無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料それぞれの違いは何なのか?キッコーマン・紀文の商品でその成分を元に味や効果の違いを比較しました。

健康食品“豆乳”に興味がある場合、是非ご覧ください。

スポンサードリンク

豆乳の効果

まず本題の前に、
豆乳が人気の理由、“豆乳の効果”についてです。

豆乳を摂取することで、以下の効果が会えられます。

■ダイエット効果

  • 脂肪の吸収抑制
  • 食欲の低減
  • 基礎代謝向上

■健康効果

  • コレステロールの低減
  • 高血圧の予防
  • 脳の活性化(記憶力向上、ボケ防止)
  • 女性ホルモンの促進(乳がんなど諸症状の予防、アンチエイジング)
  • 便秘改善
  • 精神の安定

■美容効果

  • 美肌効果
  • 美髪効果

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
良質なタンパク質“豆乳”の効果&副作用※生理前の飲みすぎに注意

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の違い

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の違い

左から順番に『豆乳飲料』、『調整豆乳』、『無調整豆乳』(キッコーマン・紀文)

正式な定義

それぞれの違いについて、正式な定義(JAS規格)としては、

  • 無調整豆乳・・・大豆固形分8%以上、大豆たんぱく質3.8%以上
  • 調整豆乳・・・大豆固形分6%以上、大豆たんぱく質3.0%以上
  • 豆乳飲料(果汁系飲料)・・・大豆固形分2%以上、大豆たんぱく質0.9%以上
  • 豆乳飲料(その他)・・・大豆固形分4%以上、大豆たんぱく質1.8%以上

味・感覚的な違い

本来の豆乳(無調整豆乳)は健康や美容に効果的とされていましたが、
大豆独特の風味・後味が強く、苦手な人が多いので、
砂糖や塩、香料、果汁などで味を調整したものが調整豆乳、豆乳飲料です。

無調整豆乳⇒調整豆乳⇒豆乳飲料

と、右に行くほど飲みやすくするように調味料や果汁などで味を整えています。

しかし、飲みやすくしている分、
“大豆成分”が少ないので、豆乳を飲むことで得られる効果は減少してしまうのです。

栄養成分表示

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の栄養成分表示

実際に栄養成分表示をご覧下さい。

特に注目してもらいたいところは、

  • たんぱく質
  • レシチン
  • 大豆サポニン
  • イソフラボン

これらは、
「無調整豆乳⇒調整豆乳⇒豆乳飲料」となるほど少なくなっています。

▼たんぱく質

『豆乳=たんぱく質』というイメーシがあるかもしれませんが、まさにその通りで、
豆乳が健康にいいのは、たんぱく質の食品の中でも“良質なたんぱく質”と言えるからです。

たんぱく質には、“動物性たんぱく質”と“植物性たんぱく質”に分かれますが、
それぞれのタンパク質にはメリットとデメリットがあります。

しかし、豆乳は植物性たんぱく質でありながら、構造は動物性たんぱく質に近いので、
両方のたんぱく質のメリットを持ち合わせているのです。

また、特にダイエット中はたんぱく質を制限しがちなので、
豆乳はダイエット中には最適な食品なのです。

▼レシチン

脳の活性化

レシチンは、記憶力向上、集中力向上など、脳の活性化に役立ちます。

また、アルツハイマー病、パーキンソン病などにも効果があると言われています。

▼大豆サポニン

大豆サポニンは、脂肪の吸収を抑えられ、
また食欲低減効果があります。

他にも、便秘改善、成人病予防にも有効です。

▼大豆イソフラボン

女性ホルモン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするので、
女性ホルモン低下に伴う諸症状の予防に役立ちます。

例えば、

  • 乳がん
  • 骨粗鬆症
  • 動脈硬化
  • 不眠
  • 肩こり

などを防ぐことができるのです。

また、大豆イソフラボンの摂取しすぎで、
「生理が遅れる」といった症状が起こります。

大豆イソフラボンの1日の摂取量の適量は『70~75mg』なので、
注意が必要です。

栄養成分表示に書かれているもので代表的なものは以上のものでしたが、
他にも『無調整豆乳⇒豆乳飲料』になると減る、健康や美容に重要な成分はあります。

あとがき

以上、豆乳の種類に関する記事でした。

無調整豆乳は、
効率的に健康・美容成分を摂取できるけど飲みにくいです。

なので、無調整豆乳を十分量摂取できるよう、
無調整豆乳を用いた美味しいレシピを紹介する予定です。

是非楽しみにしてください(^-^)

 

また、種類が豊富な紀文の豆乳飲料を飲み比べてランキングにしてみました。

こちらも是非ご覧下さい。
紀文 豆乳飲料の種類・おすすめランキング【味・栄養・効果レビュー】
紀文 豆乳飲料の種類・おすすめランキング【味・栄養・効果レビュー】

豆乳の記事一覧

1,良質なタンパク質“豆乳”の効果&副作用
2, “無調整豆乳”、“調整豆乳”、“豆乳飲料”の違いとは?←今ここ
3,マズ~イ豆乳を美味しく頂く!!簡単ドリンク・スイーツレシピ
4,大豆と水から“豆乳”と“おから”を作る方法
5,紀文豆乳飲料のおすすめランキング

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク