青しそ(大葉)の効果・効能&簡単レシピ、青しそジュースの作り方

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
77,194回目です。

青しそ(大葉)青しその効果、簡単レシピ『青しそジュース』の作り方に関する記事です。

健康食材として非常に優秀な青しそですが、「どんな効果があるのか?」

また、風味、香りが強くて汎用性はあまり無く、そんなに使う機会はないと思うので、簡単・気軽に作れるレシピのご紹介です。

スポンサードリンク

『青しそ』と『大葉』

まず、本題の前に、『青しそ』と『大葉』について。

この違いは分かりますか?

私は、青しそを求めてスーパーに行きましたが、
形は青しそっぽい「大葉」はあっても“青しそ”として売られているものはありませんでした。

近くのスーパー3軒回っても「青しそ」は無かったので、調べたところ、
実は、『青しそ=大葉』だそうですね。

案外と知らなかったという人も多いのでは?

青しそ(大葉)の効果・効能

青しそで得られる効果は以下のようなものが挙げられます。

・殺菌、防腐効果
・精神安定
・貧血予防
・食欲増進
・アンチエイジング

殺菌、防腐効果

ガンの予防
しそ独特の香りの原因“ペリルアルデヒド”という成分は、
殺菌、防腐効果を持っています。

刺身と一緒に出されるのはこのためで、
食中毒を防いでくれたりもします。

精神安定

精神の安定
しそには、精神を安定させる“カルシウム”も多く含まれています。

また、カルシウムには代表的なイライラの予防という効果の他に、
骨粗鬆症の予防、高血圧の改善、動脈硬化の予防という効果も挙げられます。

貧血予防

血流改善
これは、しそに多く含まれる、“鉄分”によるものです。

また、貧血が原因である“肩こり”、“冷え性”なども防ぐことができます。

食欲増進

食欲を抑える

これは、しその香りによるものです。

しその香りには、
胃液の分泌を促し、食欲を増進する効果があります。

なので、
夏バテ、最近では“秋バテ”なんて言葉も耳にするようになってきましたが、
食欲不振の時には“しそ”はとても効果的です。

アンチエイジング(老化防止)

アンチエイジング

しそには“αーリノレン酸”という、
老化を防ぐ“抗酸化物質”も豊富に含まれています。

抗酸化物質とは、
自ら酸化されやすい性質を持つことで、細胞の酸化を防ぎ、
それに伴う老化も防いでくれる物質です。

また、αーリノレン酸には、
アトピー性皮膚炎、花粉症など、アレルギー症状を和らげる効果もあります。

青しそジュースの作り方

青しそが健康に最適な食材だとわかってもらえたと思いますが、
やはりあの独特の風味、香りを苦手にする人は多いみたいです。

なので、そんな人のために、
簡単に作れて、美味しく飲めて健康にいい『青しそジュース』の作り方をお教えします。

■材料

・水:1L
・青しそ:30枚程度
・砂糖:150g
・クエン酸:小さじ1杯

■手順

1.青しそを水でよく洗う
2.沸騰した水で青しそを5分煮る
3.火を止めて青しそを取り出す
4.砂糖を加える
5.放置して粗熱を取り、クエン酸を加える
6.味見をしてクエン酸、砂糖の量を調整する
7.容器に移して冷蔵庫に入れて保存

■手順動画

あとがき

以上、青しその効果・効能と青しそジュースの作り方に関する記事でした。

青しそジュースは、青しその他にも、
健康、美容に効果的な『クエン酸』も含まれています。

クエン酸の効果についてはこちらをご覧下さい。
クエン酸とは
クエン酸とは?クエン酸の効果・効能~疲労回復に美肌や癌まで~

より効果的なので、ぜひとも作ってみてください(^-^)

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク