おからの栄養&カロリー&ダイエット・健康効果~便秘解消に最適!~

Facebook alt 11 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
124,230回目です。

おから“おから”の栄養や効果に関する記事です。

最近、低カロリーでありながら栄養価が高い“おから”がダイエット・健康食品として注目されています。

大豆を水につけて加熱して濾すという工程で豆乳とともにできる“おから”ですが、豆乳と同様におすすめの食品なので、是非ご覧下さい。

スポンサードリンク

おからの概要

まず、“おから”とは?
その概要について軽く説明します。

大豆を水に浸けて
大豆を水に浸けて

すり潰し、

加熱し、

漉(こ)す。

この時、得られる個体がおから。(※液体は豆乳)

※おから(豆乳)の詳しいつくり方、作られる過程についてはこちらをご覧下さい。
大豆と水だけ簡単レシピ!美味しいおから&豆乳の作り方

今回、この“おから”について、
その栄養素から摂取すると得られる効果について、
・ダイエット効果
・健康効果
・美容効果

これらをそれぞれ見ていきます。

また、「豆乳=健康や美容に良い」というイメージがあると思いますが、
同じ大豆からできる“おから”についてはそれほどでもないと思います。

なので、“豆乳”と“おから”の違いや、
おからの方が秀でている点などをご紹介します。

おからのカロリー・栄養素

今回、おからを食べることで得られる“おからの効果”を見ていきますが、
まずおからのカロリーや重要な栄養素について見ていきます。

[deco_bg image=”postit1″ width=”500″]■おから100g当たり
エネルギー:110kcal
たんぱく質:6.1g
カリウム:350mg
カルシウム:81mg
ビタミンB1:0.11mg
ビタミンB2:0.03mg
ビタミンE:0.4mg
食物繊維:11.5
グルタミン酸:1100mg
アスパラギン酸:700mg
大豆イソフラボン:10.5mg[/deco_bg]

これらの栄養素などを元に、おからの効果について述べていきます。

おからの効果

おからは“豆乳”と同様大豆が原料で、
豆乳の製造工程の過程でおからと豆乳に分かれます。

このことから分かるように、
大体が“おからの効果は豆乳の効果と同じ”です。

おからとほぼ同様の効果がある“豆乳”の効果とは?

大まかに説明すると、
ダイエット効果

■ダイエット効果
▼大豆サポニン
⇒脂肪の吸収抑制
⇒食欲の低減

▼大豆ペプチド
⇒基礎代謝向上


■健康効果健康効果
▼大豆たんぱく質
⇒コレステロールの低減
⇒高血圧の予防

▼レシチン・コリン
⇒脳の活性化(記憶力向上、ボケ防止)

▼大豆イソフラボン
⇒女性ホルモンの促進(乳がんなど諸症状の予防、アンチエイジング)

▼オリゴ糖
⇒便秘改善

▼カルシウム
⇒精神の安定
⇒骨や歯を強くする


美容効果■美容効果
▼ビタミンB1・B2・E
⇒美肌効果

▼グルタミン酸・アスパラギン酸
⇒美髪効果


こんな効果があるのです。

詳しくはこちらをご覧下さい

良質なタンパク質“豆乳”の効果&副作用※生理前の飲みすぎに注意

しかし、
「大豆の成分がおからと豆乳に平等に移行しているのか?」
というと、そうではありません。

豆乳に多めに移行している栄養素もあれば、
ほとんどおからにしか移行していない栄養素もあります。

豆乳には無い“おから”の効果

女性ホルモンを促す、“大豆イソフラボン”は、
豆乳100g当たり:30mg
おから100g当たり:10.5mg

と、多くが豆乳に移行しています。

実はこのように、大豆の栄養で豆乳にの方にが多く移行しているものは結構ありますが、
以下のものは“おから”に多く移行しています。

■たんぱく質
豆乳:3.6g
おから:6.1g

■カルシウム
豆乳:15mg
おから:81mg

■食物繊維
豆乳:0.2g
おから:11.5g

※それぞれ100g当たり

改めて書きますが、それぞれ以下の効果があります。

▼大豆たんぱく質
⇒コレステロールの低減
⇒高血圧の予防

▼カルシウム
⇒精神の安定
⇒骨や歯を強くする

それよりも、特に注目する点は、“食物繊維”です。

大豆の食物繊維がほとんど全てがおからに移行していて、
その量は、同じく100g当たりのキャベツやレタスの約6倍”!!

これは、水に溶けない方の“不溶性食物繊維”です。

水を含んで腸内で膨らみ、腸壁をコーティングします。

これにより、以下の効果があるのです。

・油分カット
・食欲低減
・便秘改善

さらに、おからには善玉菌を増やす“オリゴ糖”が含まれているので、
便秘解消には特に効果的であるといえます。

あとがき

以上、おからの栄養や効果に関する記事でした。

おからは低カロリーな上、食欲低減効果があり栄養価も高いので、
最近ダイエット食品としても注目を浴びています。

健康にも間違いなく良いので、是非ともお試し下さい。

また、近いうちにおからを自分で作ってみようと思うので、
楽しみにしてください(^-^)

追記

大豆から、おからと豆乳を作る方法を記事にしてみました。

是非ご覧下さい
大豆と水だけの簡単レシピ!美味しいおから&豆乳の作り方
大豆と水だけ簡単レシピ!美味しいおから&豆乳の作り方

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク