最も効果的な野菜スムージー、『ごぼうスムージー』のレシピ

Facebook alt 12 Facebook alt 11 0 0
この記事が読まれるのは
13,877回目です。

最も効果的な野菜スムージー『ごぼうスムージー』のレシピグリーンスムージー(野菜スムージー)はダイエットや美容に効果的として注目されていますが、中でもおすすめなのが、ごぼうを使った『ごぼうスムージー』です。

実は私は、ごぼうが嫌いなのですが、野菜の中でも食物繊維が非常に多く含まれているため、何とか摂取しようと思い立ったのがこのスムージーです。

ごぼうが嫌いな人、食物繊維を楽に摂取したい人は是非ご覧下さい。

スポンサードリンク

ごぼうスムージーのココがすごい!!

ごぼうの特筆すべき栄養素といえば、
何といっても“食物繊維”です。

食物繊維の一日の推奨摂取量は20g~25g。

しかし、日本人は平均約15g
若い世代だけで見たら10~15g程しか摂取できていないのが現状です。

食物繊維のイメージとして代表的なのが野菜だと思いますが、
野菜にはみなさんが思っているほど食物繊維は含まれておらず、
結構この20~25gという目標はハードルが高いのです。

例)
生のキャベツ1kg:食物繊維18g
レタス1kg:食物繊維11g
きゅうり1kg:食物繊維11g

キャベツ1玉1kg前後なので、
↓これを毎日食べても1日の目標には届かないのです・・・。
キャベツ1玉

そんな中でも、ごぼうは食物繊維の含有率が野菜の中でも非常に高く、
食物繊維のバランス(不溶性・水溶性食物繊維のバランス)が良い、数少ない野菜です。

(ごぼう100g:食物繊維6.1g)

しかし、生で食べれないので調理に手間が掛かる上に、
食べにくいので多量のごぼうを一食で摂取するのは中々できないですよね。

それを果物とともにスムージーにすることで、
見事解消し、食物繊維をたくさん摂取することができるのです。

ちなみに、ごぼうには“ポリフェノール”も多く含まれているため、
抗酸化作用が有り、アンチエイジング血液サラサラ効果などの効果も得られます。

ごぼうの詳しい効果・効能についてはこちらをご覧下さい。
ごぼうの栄養~食物繊維NO.1野菜ごぼうの効果・効能~
ごぼうの栄養~食物繊維NO.1野菜ごぼうの効果・効能~

ごぼうスムージーのレシピ

■材料


・ごぼう:100g
・りんご:1/2(100g)
・バナナ:1本(100g)
・水:200ml

カロリー:205kcal
食物繊維含有量:8.1g

■手順

1,材料を小さく切る

2,ミキサーに水と切った材料を入れる

3,ミキサーを回す(30秒程度)

完成!!

飲んでみた感想

ごぼうの匂いが少し強めで、
最初の印象は「飲みにくそう・・・。」と思いましたが、
実際に飲んでみると、りんごとバナナの風味がごぼうを上手く緩和して意外と飲みやすかったです。

ごぼうが嫌いな私でも^^

私はこれを食前に飲んだのですが、
食物繊維の効果か、飲み干す時には食欲がだいぶ抑えられたのが実感できました。

また、一般的なグリーンスムージーは水分が多めの野菜を使うため割とサラサラになるのですが、
ごぼうは水分が少ないため少しドロっとします。

グリーンスムージーと比較すると飲みにくいですが、
食物繊維の摂取量を考慮すると、これほど効率的な方法はないですよね。

普通、ごぼう100gを1食で摂取できませんからね(^-^)

まとめ

グリーンスムージーの目的として、
たくさんの野菜を手間なく摂取できるということが挙げられます。

その観点で言えば、
この『ごぼうスムージー』は大成功といっていいでしょう。

これを飲んだら自然と食事量も減るはずなので、
毎日これを食前に飲み続けたら結構なダイエット効果が見込めそうです。

ごぼうの水溶性食物繊維の効果で、
血糖値の上昇を抑えられることもダイエットとしてポイントとなります。

ちなみに、
朝・昼は活動のためエネルギー摂取を重視するべきなので、おすすめは夕食の前。

カロリー計算をするのが最も堅実で確実なダイエットですが、
何となく痩せたいと思ってる人は、とりあえずこのスムージーをお試し下さい。

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク