「1日3食食べないと太る」は間違い!一番痩せる食事回数は1日何食?

Facebook alt 11 Facebook alt 10 4 0
この記事が読まれるのは
195,997回目です。

「1日3食食べないと太る」は間違い!一番痩せる食事回数は1日何食?ダイエットにおいて、「1日3食きっちり食べないと太る」、「1日2食は逆効果」というのはよく言われることです。

今まで何の疑問も持たずに受け入れていた人も多いとは思いますが、普通に考えるとかなりおかしな理論です。

今回この事について詳しく解説しますので、正しい知識を身につけて固定観念を払拭しましょう。

スポンサードリンク

食事回数を減らすと太る?

ダイエットでよく耳にすると思いますが、
“食事の回数を減らすと太る”
ということだったり、
“食事の回数を増やしたら痩せる”
という文言がよく使われます。

なので、
「朝食を抜かずに、1日3食きっちり食べよう」
ということが当たり前になったり、
『1日4食(5食)ダイエット』なるものが提唱されています。

今回このことに疑問を感じて調べていたら、
どうにも“デマ”だと感じたのでその経緯を説明していきます。

食事回数を減らすと太るとされている理由

まず、一般的に食事回数を減らすと太る言われている理由を説明します。

理屈としては、
『体が次にいつ食事が入ってくるかわからないため、それを蓄積しようとして必要以上に食事からエネルギーを吸収しようとする。』
というもの。

具体的な例として、
力士の食事は1日2食で、これは太るのに効率的だから。

これらは一見説得力がありそうですが、
実際には信ぴょう性にかけます。

「食事回数はを減らすと太る」説の穴

では、以上の説の穴を説明していきましょう。

力士が1日2食なのは太るためではない!

力士が1日2食なのは太るためではない!

まず、
「力士は1日2食なのは太るのに効率的だから」
ということについて。

実は力士が1日2食食べるのは“太るため”ではありません。

力士は朝稽古のため、
朝食を食べるのが昼近くになり、昼食と朝食を兼ねるのです。

そして、力士はきっちり『1日2食』を実践しているわけではなく、
昼食と夕食の間に間食をしています。

もし本当に食事回数を減らすと太るのなら、
『1日1食』にしたり、間食を厳禁するのが自然です。

つまり、結果的にたまたま力士は1日2食(のよう)になっているだけで、
力士が太る理由は単に多くのカロリーを摂取しているためです。

「1食抜いただけで摂取カロリーが増える」という暴論

1食抜いただけで摂取カロリーが増える

次に、「1日2食は太る」という理論の部分、
「1食抜いたら食事の吸収が必要以上によくなり、摂取カロリーが増える」
ということについて。

「1日2食は太る」ということが固定観念になっているかもしれませんが、
普通に考えてください。

『数時間食事の間隔が開くだけで摂取カロリーが増える』
というのはかなり不自然ではありませんか?

逆にもし太りにくい体質の人がいた場合、
太るために『1日2食』を推奨するでしょうか?

普通に考えると、太るためには『欠食しないこと』は基本だと考えるのが自然です。

では、もう少し理論的に考えてみましょう。

■体の防衛反応で摂取カロリーを余計に摂取してしまうのは1ヶ月~

例えば、ダイエットには“停滞期”というものがあり、
長期間摂取カロリーを制限していると体が飢餓状態と判断して、
消費カロリーを節約して食事から余計にカロリーを摂取しようとします。

これは、たかが数時間で起こるわけではなく、
1ヶ月程度に渡り厳しいダイエットを行っていた場合に限ります。

ちなみにこのことはリバウンドと関係があるので、
急激なダイエットがおすすめできない大きな理由です。

詳しくはこちら
ヨーヨー
リバウンドしない痩せ方【原因・対策】

もし朝食を抜いた場合、
夕食から次の食事の間隔は『12時間→16時間』くらいになるでしょう。

これだけで太るほど摂取カロリーが増えるのはありえないことなのです。

結論

「1日何食が一番痩せるのか?」
ということですが、

結論として、食事の回数はダイエットと“無関係”で、
結局は食品の摂取カロリーと消費カロリーの関係です。

1日2食で太る人がいたら、
ただ単に1食あたり食事を必要以上に多くしてしまい、
3食取っていた時よりも摂取カロリーが多くなってしまったことが考えられます。

だから、ダイエットを意識して無理に3食を取る必要はなく、
食事量を少なくできるのなら1日2回の食事も十分有効なダイエットなのです。

改めて考えると、
「食べたくないけど、太りたくないから食べないと!」
と考えるのはおかしいですよね(^_^;)

それでも私が1日3食を推奨する理由

以上、ダイエットと食事の回数は無関係という理由でしたが、
それでもやはり食事の回数は1日3回をおすすめします。

それはダイエットとは関係なく、“栄養面”を考慮してのことです。

1日2食の場合、
1日の1品当たりの量が増えて、食品の数が少なくなります。

そこで危惧されるのが“栄養の偏り”です。

少ない食品で1日に必要な栄養素を十分に摂取するのは難しくなります。

あとがき

1日に最も痩せる特定の食事の回数などはなく、
あなたの1日の食事の量が一番少なくなる食事の回数が一番痩せる食事の回数となります。

ダイエットにはこのような誤った情報や都市伝説などが多数あるので、
固定観念にとらわれず、きちんと吟味するのが必要なのです。

結論として、痩せるためには食欲を抑えるのが重要となります。

是非こちらの記事を参考にして下さい。

ダイエットの天敵は何といっても、『己の食欲』です。 どんなに食事をとっても食欲が止まらなかったり、間食がやめられなかったりするのは、“理性の弱さ”の他に、科学的な原因があります。 食欲の原因を理解して、食欲を抑える方法を知りましょう。

また、他にもダイエットにおいて常識と思われていても的はずれなことは多数あります。

そのような誤った情報に騙されないためにもこちらの記事もご覧下さい。

世の中には痩せない、ただインパクトがあるだけのダイエットが流行になったり、なんの根拠もない健康・美容法が常識となったりしています。 そんな誤った情報に騙されず認識を正してもらうために、一般的に効果があるとされているダイエット法や美容法・健
スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク