血糖値がダイエット・健康に及ぼす影響

Facebook alt 10 Facebook alt 10 1 0
この記事が読まれるのは
52,750回目です。

糖分ダイエットと切っても切り離せない関係にあるのが、『血糖値』。

今回、この『血糖値』とダイエットの関係、また、血糖値が原因で起こる健康の影響などについてのお話します。

健康的に痩せるためには是非とも知っておきたい知識です。

スポンサードリンク

高血糖によるダイエットの障害

ダイエッターにとって、
血糖値のコントロールというのは大きなポイントとなります。

世の中には数え切れない程のダイエット法・ダイエット食品などがありますが、
この“血糖値のコントロール”を軸としたものがかなりを占めるのです。

では、何故血糖値のコントロールがダイエットに重要なのかを説明します。

主な理由として、血糖値がコントロールできないと、
以下の2つの状況が陥るからです。

・食欲の増大
・脂肪がつきやすい

食欲の増大

食欲を抑える人は、あらゆる原因で“食欲”を感じます。

血糖値はその原因の一つです。

エネルギー源である糖の不足(低血糖)を感じると、
脳は“食欲”という信号を発信するのです。

そして、炭水化物など糖質を摂取すると、
血糖値が上がり、満腹感を感じます。

しかし、いきなり多量の炭水化物を摂るなどして、急に血糖値が上がった場合、
反動で、逆に下げすぎてしまうことがあります。

こうなった場合、
また食欲が湧き、食べ過ぎてしまう原因となってしまいます。

これらのことから、
食べ過ぎないために、血糖値のコントロールが大事だと言えます。

脂肪がつきやすい

脂肪人間が活動をするとき、
エネルギーを消費します。

ジョギングにしても、
普通に立ったり座ったりするのにしても、
“ぼー”っとしていても基礎代謝として、エネルギーが消費されます。

そのエネルギー源は、以下の2種類です。
・脂肪を分解して取り出す
・食べた食事から取り出す


後者は、正確には“血液の糖分(血糖)”です。

そして、高血糖の状態になると血管に負担がかかり、動脈硬化などの危険性があるため、
“インスリン”という物質が優先して血糖を分解します。

つまり、後者が優先してエネルギー源として使われるので、
高血糖の場合、脂肪が燃焼されにくいのです。

また、分解しきれなかった糖は脂肪として蓄積されるのです。

そして逆に、低血糖の時には脂肪が分解されやすいということが言えます。

健康被害

ダイエットだけに収まらず、
高血糖は健康面でも悪い影響が出てしまいます。

■糖尿病
具体的に糖尿病の怖さを想像できないかもしれませんが、
怖いのは、糖尿病の合併症(糖尿病が原因で起こる別の病気)。
糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、・・・etc

詳しい説明はここでは省きますが、
神経、網膜、腎臓など、様々な部位で合併症の危険性があります。

■血管の負担
血管を通る血液の不純物濃度が高いと、
その分血管が傷みやすくなるのは想像がつきやすいと思います。

代表的な具体的症状として、動脈硬化が挙げられます。

そして、動脈硬化になるとさらに高血糖になりやすいので、
動脈硬化と高血糖の悪循環になってしまうことも考えられます。

上手く血糖値と付き合う方法

では、具体的にどうすればいのか?

いくつかおすすめの方法をお教えしていきます。

食事に気を遣う

食事血糖値は、ほとんど食事によって左右されます。

なので、食事に気を使うのが、
血糖値コントロールで一番重要となるのです。

■食べ順爆発ダイエット
食事法としては、
一番最初に食物繊維を摂取することで、
血糖値の上昇が緩やかになります。

『食べ順爆発ダイエット』などは、これを目的としています。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。
食事
食べ順爆発ダイエットの方法

■難消化性デキストリン
また、“トクホのコーラ”などのダイエット食品に
『難消化性デキストリン』という成分が入っていることがあります。

これは、血糖値のコントロールの他、
様々なダイエット、健康に関する効果が見込めるのです。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
難消化性デキストリン
難消化性デキストリンとは?

有酸素運動

運動糖尿病予防など、健康目的で血糖値を下げる場合、
食後に有酸素運動をすることが推奨されています。

食後のエネルギー源は血糖からなので、
運動によって血糖値が下げられます。

タイミングとしては、
血糖値がピークに達する食後1時間後です。

普段運動していない人は負担が大きい運動ではなく、
ウォーキングなどの軽い運動をしましょう。

また前述しましたが、
逆に、食前の低血糖時に運動することで脂肪の燃焼効果が望めます。

そして、脂肪を分解してエネルギーを取り出すのですが、
一時的に血糖値が上がるので、空腹が抑えられます。

あとがき

以上、血糖値に関する記事でした。

日々生み出されるダイエットは、
この血糖値と関係するものがたくさんあるので、
この『血糖値』はそのダイエット法の一つの判断基準となります。

メディアの誇張表現に惑わされずに、
自分でしっかりダイエットを見極めていきましょう。

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク