階段・踏み台昇降運動のやり方・効果・消費カロリー

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
572,858回目です。

■この記事の内容

  • 昇降運動のダイエット効果
  • 昇降運動のメリット・デメリット
  • 昇降運動の方法

階段・踏み台昇降運動のやり方・効果・消費カロリー家の中で手軽にできる有酸素運動、『階段昇降運動ダイエット』に関する記事です。

昇降運動の効果、特にダイエット効果、消費カロリー、メリット・デメリット、具体的な方法について説明します。

人を選ばず誰でも簡単にできる運動なので、是非お試し下さい。

スポンサードリンク

階段・踏み台昇降運動の効果

階段昇降運動、踏み台昇降運動の効果は、
ほとんどウォーキング、ジョギングと変わりません。

使う筋肉が少し違うくらいです。

?ちなみに、ウォーキング、ジョギングの効果はこちら。

ランニング
ランニングにはどれくらいのダイエット効果があるのか、また、ランニングをすることで健康面にどんな効果をもたらしてくれるのかご存知でしょうか? 今回、1Kg痩せるためのランニングの距離の目安や、ランニングのダイエット面以外のメリットについて詳

ダイエット効果(消費カロリー)

では、具体的に消費カロリーについて見ていきます。

絶え間なく動き続ける、ジョギングより、
カロリー消費が低いのは想像が出来るでしょう。

ちなみにジョギングは、
ゆっくりめなペース(時速8km)で60kgの人が行うと、
1時間で480kcalの消費カロリーになります。

一方、昇降運動の場合、
体重60kgの人が行うと
1時間で324kcalの消費カロリーになります。
(ペースや台の高さに左右されるので、あくまで目安)

昇降運動の消費カロリーの計算は、以下の通りです。

体重(㎏)×時間(分)×0.09×補正係数=消費エネルギー(kcal)

■補正係数
男性20代:1.00
男性30代:0.96
男性40代:0.94
女性20代:0.95
女性30代:0.87
女性40代:0.85

この式で計算できます。

参考サイト:摂取カロリー・消費カロリー大辞典

消費カロリーのイメージとしては、こんな感じです。

ウォーキング<昇降運動<ジョギング

もし体重60Kgの20歳男性が毎日1時間の昇降運動を行うと、
1日324Kcal消費し、1ヶ月で9720Kcal。

これは、1.35kgのダイエット効果に換算できます。

消費カロリー

~追記~

より分かりやすいように以下のような計算機を作ってみました。

昇降運動のメリット・デメリット

昇降運動には、他の有酸素運動と比べた時の、
メリット・デメリットがそれぞれあります。

メリット

  • ちょっとしたスキマ時間で実践できる
  • 室内でできて、人の目を気にしないでいい
  • お金がかからない
  • 負担が少なく怪我の心配が少ない

何といっても手軽さが魅力の運動で、
室内でできる数少ない有酸素運動であり、
それなりに消費カロリーも多いです。

デメリット

デメリットというデメリットはそんなにないのですが、しいてあげるなら、根気
「根気が必要」ということです。

片手間に実践できそうなダイエットですが、
実際にやってみると根気がいることに気づくともいます。

常に階段(台)を見て運動しないといけないので、
意外と「テレビを見ながら~」など、
他のことをしながら実践することが難しいのです。

さらに、場所も変わらず一点で行うため、
ジョギングと違って景色が変わらず飽きやすいというデメリットもあります。

一気に1時間程の時間実践するのは結構な苦痛なので、
手が空いた時に時間を見つけて行うといいでしょう。

昇降運動の方法

■用意するもの

  • 15~30cmほどの高さの台or階段

■手順

  1. 右足を上げて、左足を上げる
  2. 右足を降ろして、左足を降ろす
  3. 左足を上げて、右足を上げる
  4. 左足を降ろして、右足を降ろす

これを繰り返します。

■注意点

  • 腰に負担がかからないように、お腹に力を入れて、背筋を伸ばしましょう。

以下は分かりやすい説明動画です。

あとがき

以上、踏み台・階段昇降運動の方法と効果についてでした。

手軽に実践できて、負担も少ないので、
運動不足の人、高齢者などにおすすめです。

他に、最近では負担が少ない運動としてスロージョギングが話題になっています。

是非こちらもご覧下さい。

スロージョギングの効果に関する記事です。様々な効果が期待できるということで最近話題を読んでいます。今回、その効果について見ていき、「普通のジョギングとの違い」、「スロージョギングがどんな人におすすめか?」などを説明していきます。

おすすめの運動効果・消費カロリー等の記事一覧

スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。