食品・食材

通販で購入できる人気の「玄米」15種のオススメランキング

以前『玄米の栄養や効能』について白米との差などを詳細に解説しました。

これを見て白米から玄米に切り替えようと考えた人は多いと思いますが、次に問題になるのが「どこで、どの品種の玄米を購入すればよいのか」ということです。

スーパーなどの実店舗でも購入できますが、かさばるので大変ですし、種類ごとにどんな違いがあるのか、どれが評判が良いものなのかわからないかと思います。

そこでオススメなのがAmazonなどの通販で購入することです。

今では水や食料などかさばるものでも送料無料で購入することができ、実店舗で買うよりも安い場合も珍しくないので、多くの人が利用しています。

そのため通販サイトには多くのレビューが集まり、評判が良いもの、自分に合ったものを選びやすいという利点があるのです。

今回はAmazonで高評価の玄米を比較し、あなたにあったオススメの商品をご紹介します。

Amazonで高評価の玄米15種類を比較

Amazonで多数のレビューがあり平均評価“4.0”以上の玄米を表にまとめました。

表は左右にスライドします。

商品名 北海道産 玄米さらだ 玄米 秋田県産 あきたこまち 宮城県産 つや姫 金芽ロウカット玄米(無洗米) あきたこまち 玄米 鉄分 富山県産 コシヒカリ ドリームファームのこだわり米 Happy Belly 北海道産 ななつぼし 北海道産 玄米 農薬節減米ゆめぴりか 長野県東御産 残留農薬ND ミルキークイーン 1等 大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分 兵庫県産 こしひかり 六方銀米 JAS有機栽培米あきたこまち 玄米 信州産 農薬不使用米 ミルキークイーン 熊本産 発芽玄米 無農薬 信州産 農薬不使用米 こしひかり
商品画像
農薬に関する記載 なし なし なし なし なし なし 農薬節減米 農薬節減米 農薬残留検出なし 秋田県認証制度に合格(農薬・化学肥料が平均の半分以下) 化学肥料不使用、節減対象農薬の使用量を90%以上削減 無農薬 無農薬 無農薬 無農薬
評価 4.4(200レビュー) 4.1(210レビュー)
※あきたこまちとつや姫の合算の評価
4.2(104レビュー) 4.1(63レビュー) 4.5(57レビュー) 4.4(45レビュー) 4.2(74レビュー) 4.2(74レビュー) 4.0(82レビュー) 4.1(38レビュー) 4.4(59レビュー) 4.8(36レビュー) 4.2(28レビュー) 4.0(28レビュー)
3Kg 2Kg、5Kg 5Kg 2Kg、4Kg、8Kg 2Kg 1Kg、2Kg、3Kg、5Kg、10Kg、20Kg、30Kg 5Kg 5kg 1Kg、3Kg、5Kg、10Kg、25Kg 1Kg 5Kg、10Kg、20Kg、30Kg 5Kg 5Kg、10Kg、15Kg、20Kg 3Kg、5Kg、10Kg 5Kg、10Kg、15Kg、20Kg
価格(送料) ¥1,880 2Kg:¥1,380
5Kg:¥2,580
¥2,580 2Kg:¥1,700
4Kg:¥2,600
8Kg:¥4,580
¥1,480 1Kg:¥450+970
3Kg:¥1,190+970
5Kg:¥1,950+970
10Kg:¥3,900+1100
20Kg:¥7,800+1,400
※送料がかかる
¥2,480 ¥2,980 1Kg:¥1,380
3Kg:¥2,380
5Kg:¥3,198
10Kg:¥5,486
25Kg:¥12,980
¥1,080 5Kg:¥3,210
10Kg:¥5,530
20Kg:¥9,660
30Kg:¥14,500
¥3,648 5Kg:¥3,346
10Kg:¥5,778
15Kg:¥8,098
20Kg:¥10,304
3Kg:¥4,600
5Kg:¥7,780
10Kg:¥13,600
5Kg:¥3,346
10Kg:¥5,778
15Kg:¥8,098
20Kg:¥10,304
1Kgあたりの価格 ¥627/kg 2Kg:¥690/kg
5Kg:¥516/kg
¥516/kg 2Kg:¥850/kg
4Kg:¥650/kg
8Kg:¥572/kg
¥740/kg 3Kg: (¥720/kg)
5Kg: (¥584/kg)
10Kg: (¥500/kg)
20Kg (¥460/kg)
¥496/kg ¥599/kg 3Kg:¥793/kg
5Kg:¥640/kg
10Kg:¥549/kg
15Kg:¥540/kg
25Kg:¥519/kg
¥1,080/kg 5Kg:¥642/kg
10Kg:¥553/kg
20Kg:¥483/kg
30Kg:¥483/kg
¥730/kg 5Kg:¥669/kg
10Kg:¥578/kg
15Kg:¥540/kg
20Kg:¥515/kg
3Kg:¥1,530/kg
5Kg:¥1,556/kg
10Kg:¥1,360/kg
5Kg:¥669/kg
10Kg:¥578/kg
15Kg:¥540/kg
20Kg:¥515/kg
発芽の可否 不明 × 発芽済み 不明 発芽済み

※「価格」・「評価」は2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

※「発芽の可否」は商品説明やレビューで発芽する旨が確認できたものを◯、発芽できないと商品説明に記載されているものを×、発芽の可否について言及がないものを不明としてます。

この情報を元にオススメの玄米を紹介していきますが、
その前に補足として玄米の農薬不使用や発芽の可否の重要性などを説明します。

玄米の農薬について

作物は何でも無農薬の方が安全というイメージがあるかと思いますが、
玄米は特にその傾向が強いです。

玄米は白米を精米する前の状態で、
白米(胚乳)に“胚芽”がついており“ぬか層”に覆われています。

これら胚芽とぬか層が白米にはない玄米の栄養の秘訣ですが、
同時に残留農薬が溜まりやすいという面もあるのです。

そのため玄米を安全に食べたいという人には、
農薬節減米や無農薬のものが好まれます。

しかし実際には玄米の残留農薬の危険性ははっきりしておらず、
病気の実例も見あたりませんし、専門家も「ほぼ安全である」とする声が大半です。

農薬が使用されていてもきちんと検査されているものが大半ですしね。

また無農薬栽培はコストもかかるためどうしても商品の値段も高くなってしまいます。

これらを考慮した上で、
「多少高くても無農薬じゃないと安心できない」という人は無農薬の玄米を選びましょう。

玄米の発芽について

玄米には“胚芽”がついていますが、
これを発芽させたものが“発芽玄米”です。

通常は玄米を1~2日水に付けたら発芽します。

発芽玄米は通常の玄米よりも栄養価が高まったり、消化しやすくなったり、味が良くなったりする他、玄米の毒性成分“アブシジン酸(発芽抑制因子)”が無毒化されると言われています。

アブシジン酸が直接的に病気に関わるという程ではありませんが、
エネルギー代謝に関わるミトコンドリアを傷つけるため、
疲れやすくなったり、軽い倦怠感を感じたりするとのこと。

玄米を発芽させることでこれが防げると言われているのです。

しかし全ての玄米が発芽するというわけではありません。

玄米を発芽させたい場合、
きちんと発芽できるものを選ぶ必要があるのです。

ただし玄米のアブシジン酸が体に悪いというのは一部の意見で、
特に問題はないという声もよく耳にします。

アブシジン酸はナッツや豆類などどんな種子にも含まれている成分ですし、
米国環境保護庁(EPA)からは安全と発表されています。

玄米を常食している人でもアブシジン酸について知らない人は多いですし、
発芽させずに玄米を食べている人は多いにも関わらずこれが問題となったケースは見かけません。

個人的にはアブシジン酸を無毒化するためだけに発芽できる玄米を選ぶ必要もないのかなと思いますが、気になる人は発芽できる玄米を選びましょう。

それ以外にも発芽玄米にはメリットがあるので、
それを目当てに発芽玄米を選ぶのはオススメですが。

オススメの玄米をご紹介

それでは実際に、

  1. 安く購入したい場合
  2. 無農薬にこだわる場合
  3. 玄米を発芽させたい場合

それぞれの場合に合った玄米を紹介します。

【ケース1】安く購入したい人にオススメの玄米

まずは安く購入したい人にオススメの玄米をランキング形式で3つ紹介します。

3位:富山県産 コシヒカリ ドリームファームのこだわり米(10Kg、20Kg)

価格: 【1Kg】¥450+970、【3Kg】¥1,190+970、【5Kg】¥1,950+970、【10Kg】¥3,900+1100、【20Kg】¥7,800+1,400
評価: 4.5(57レビュー)

Amazonでチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

商品自体はとても安いのですが、
他とは違いAmazonプライム対象外で送料がだいぶかかってしまいます。

しかしそれでも10Kgや20Kgなら送料を考慮しても安いくらいです。

20Kgを購入すると1Kgあたり460円となり一番安くなるのですが、
少量で購入すると若干高いので3位にしています。

また、安いだけでではなく、
Amazonの評価の高さやレビューの文章から品質の高さも伺えます。

2位:玄米 秋田県産 あきたこまち(5Kg)

価格: 【2Kg】¥1,380、【5Kg】¥2,580
評価: 4.1(210レビュー)

Amazonでチェックする 楽天でチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

5Kg購入すると1Kgあたり516円となり、
少量でも安く買うことができます。

Amazonのレビューの中には「籾殻が多い」「梱包状態が悪い」といったものがありますが、それでも210レビューで平均評価は4.2なので品質に問題ないでしょう。

レビューには発芽している写真もアップされています。

安く購入したい人は候補の一つに挙げてもよいでしょう。

1位:Happy Belly 北海道産 ななつぼし(5Kg)

価格: 【5Kg】¥2,480
評価: 4.4(45レビュー)

Amazonでチェックする 楽天でチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

量は5Kgしか選べませんが、
少量の中でも最も安いのがこの『Happy Belly 北海道産 ななつぼし』です。

1Kgあたり496円なので、
2位のあきたこまちと比べるとわずかに安くなります。

“農薬節減米”というのも嬉しいポイント。

ちなみに私自身、ななつぼしを毎日食べています。

他の玄米は食べていないので比較はできませんが、
白米から切り替えたばかりの頃でも、特に抵抗なく美味しく頂けたのを覚えています。

籾殻は見当たりませんし、発芽もするので不満はありません。

【ケース2】無農薬にこだわる人にオススメの玄米

2位:信州産 農薬不使用米 こしひかり

価格:【5Kg】¥3,346、【10Kg】¥5,778、【15Kg】¥8,098、【20Kg】¥10,304
評価: 4(28レビュー)

Amazonでチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

無農薬の玄米は2つだけ突出して安いものがあったのですが、
こちらは評価が若干低かったので2位にしました。

ただ低評価をつけている人は、
何故か「除草剤を使っている」「栽培期間外で農薬を使っている」と勘違いしている人ばかりなので、実際の評価はもう少し高いかと思います。

発芽も確認されていますし、味も概ね好評のようです。

1位:信州産 農薬不使用米 ミルキークイーン

価格:【5Kg】¥3,346、【10Kg】¥5,778、【15Kg】¥8,098、【20Kg】¥10,304
評価: 4.8(36レビュー)

Amazonでチェックする 楽天でチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

こちらの商品は36レビューで星4.8と驚異の高評価です。

農薬使用の玄米よりは値段は高いですが、
それでも5Kgで669円/kg、10Kgで578円/kgというのは無農薬の中では安価と言っていいでしょう。

レビューでは低評価のものがないので、
味や品質に問題はないかと思います。

【ケース3】玄米を発芽させたい人にオススメの玄米

各商品のレビューには「発芽した」「発芽しなかった」などが記載されているので、
発芽したというレビューが多い玄米を紹介します。

3位:信州産 農薬不使用米 こしひかり

価格:【5Kg】¥3,346、【10Kg】¥5,778、【15Kg】¥8,098、【20Kg】¥10,304
評価: 4(28レビュー)

Amazonでチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

28件のレビューの内、発芽に言及しているものが7つあり、
そのうち5つが「発芽した」というもので他2つが「発芽しなかった」というものです。

先ほど紹介しましたが、
無農薬でなおかつ安いという特徴もあるので非常におすすめです。

2位:玄米 秋田県産 あきたこまち

価格: 【2Kg】¥1,380、【5Kg】¥2,580
評価: 4.1(210レビュー)

Amazonでチェックする 楽天でチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

210あるレビューの内「発芽した」というのが10あり、
「発芽しなかった」というのは1つだけです。

これだけの確率ならじゅうぶん期待できるでしょう。

これを抜きにしてもとても安いのでお試しに買うという場合にもオススメです。

1位:JAS有機栽培米あきたこまち 玄米

価格:【5Kg】¥3,648
評価: 4.4(59レビュー)

Amazonでチェックする 楽天でチェックする

※価格と評価は、2018年5月16日時点のAmazonの情報を参考にしています。

54あるレビューの内「発芽した」というのが12あり、
「発芽しなかった」というのは1つも見当たりませんでした。

レビューだけを考慮するとこの玄米が一番発芽が期待できるかと思います。

この玄米は無農薬で安心というメリットもありますが、
1Kgあたり730円と高めなのが若干ネックです。

まとめ

最後に今回紹介した玄米をまとめます。

玄米を購入する際にはぜひ参考にしてください。

ちなみに玄米のカロリーや栄養・効能についても詳しくまとめているので、
興味があればご覧ください。

あわせて読みたい
玄米のカロリー・ダイエット効果|白米から変えるだけで痩せるのか? 『玄米』といえば『白米』とくらべて栄養が豊富で健康や美容に効果的というイメージがあるかと思いますが、ダイエットに良いと言われることも...
あわせて読みたい
玄米の栄養と効果・効能|玄米ご飯のメリット・デメリットについて 玄米は白米と比べて栄養面で非常に優れています。 主要な栄養素が“ほぼ糖質”の白米に対し、玄米はあらゆるビタミン・ミネラルが豊富...
著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。
スポンサードリンク