自宅で炭酸水を作る機械・メーカー人気ランキング!商品の違いを比較

Facebook alt 12 Facebook alt 10 0 1
この記事が読まれるのは
698,215回目です。

炭酸水メーカーおすすめの炭酸水メーカーに関する記事です。

炭酸水メーカーは色々種類がありますが、一見どこが違うのか?何を判断して選べばいいのか?よく分からないものです。

今回、メーカーによる違い、注意するべき点を挙げた上で、おすすめのものを紹介します。

おいしい炭酸水を安く飲みたい場合、この記事が役に立つでしょう。

スポンサードリンク

炭酸水メーカで炭酸水を作るメリット

最近、NHK番組『ためしてガッテン』などのテレビや雑誌など、
メディアで炭酸水の効果がメディアなどで取り上げられて話題になっています。

飲むだけではなく、洗顔や入浴に用いられるようにもなりました。

ちなみに、炭酸水の効果についてはこちらをご覧ください。
炭酸水の飲用・洗顔による効果、効能※飲み方によってデメリットも・・・

では、炭酸水を用意するにあたって、
主に3つの方法が挙げられます。

炭酸水を用意する3つの方法

1、炭酸水を購入する

ペットボトルで売られている炭酸水を購入するというのが最も一般的な方法ですが、
この方法のデメリットは大きなデメリットが2つあります。

  • 値段が高い
  • かさばる

500mlで売られているペットボトルは、安くても70円ほどで、
後述する2つの方法に比べて高くつきます。

また、スーパーなどで買うにしても
液体を持ち運ぶのは重いしかさばるので不便です。

2、重曹とクエン酸から作る

水に重曹とクエン酸を溶かすして炭酸水を作る方法です。

重曹とクエン酸は掃除の際に使う人もいるかと思いますが、
どちらもともにドラッグストアで手軽に購入できます。

500mlの炭酸水が5円程で作れるので、
圧倒的に安く炭酸水を用意できるのです。

しかし、デメリットもあり、
重曹とクエン酸の化学反応で、
炭酸(二酸化炭素)以外にも“クエン酸三ナトリウム”という物質が発生します。

この物質は体に害はありませんが、
しょっぱく、人によっては著しく味を損ねることがあります。

3、炭酸水メーカーを用いる

水を純粋な炭酸にしてくれる家電製品がこの“炭酸水メーカー”です。
500ml当たり20円~30円程で作れます。

重曹とクエン酸で炭酸を作るよりは高いですが、
市販の炭酸を買うよりはだいぶ安いですね。

炭酸水メーカーはこんな人にオススメ

以上、3つの方法を比較して、
“どんな人が炭酸水メーカーを買ったほうがいいのか”を説明します。

炭酸水メーカーの他よりも優れている点は、
「“市販の炭酸水”よりも安く、“重曹+クエン酸”よりもクオリティの高い炭酸水が作れる」
ということ。

しかし、洗顔や入浴に関して、
“炭酸水に不純物(クエン酸三ナトリウム)が含まれている”
ということはあまり不都合ではないので、

洗顔、入浴が目的の人は、
重曹+クエン酸で炭酸水を作ることをおすすめします。

ということで、炭酸水メーカーをおすすめするのは、
「飲むことを目的として、さらに味にこだわる人」
です。

おすすめ炭酸水メーカー

では、次に通販サイトのランキングなどで見かける、
人気の炭酸水メーカーを比較して、私がおすすめするものを紹介します。

代表的な炭酸水メーカーは以下の4つが挙げられます。

  1. ソーダサイフォン
  2. ソーダストリーム
  3. ソーダスパークル
  4. ツイスパソーダ

炭酸水メーカーの違い・注目する点

炭酸水メーカーは、一見何が違うのか分からないため、
どこに注目して比較すればいいのかがわかりません。

なので、端的に挙げると以下の3点です。

  • 値段
  • 水以外に使用可能かどうか(カクテルやジュースなど)
  • カードリッジ、ガスボンベ交換の利便性

 

■カードリッジ、ガスボンベ交換の利便性とは?

大抵の炭酸水メーカーは、
本体・専用ペットボトル・ガスの元(カートリッジ、ボンベなど)
の組み合わせとなっています。

ガス(CO2)は無限に発生するわけではなく消耗するので、
使い切ったら交換しないといけないのです。

これを交換する際、あまり売られていなかったり、
メーカーに直接問い合わせないといけないものなどがあります。

 

実際に比較してみる

では、以上3点に注目して、炭酸水メーカーを比較してみます。

▼1.ソーダサイフォン

ソーダサイフォン

  • 本体価格(1L用カートリッジ2本付属):8,980円(※2013年現在通販最安値)
  • カートリッジ(10本入り):858円
  • 水以外の使用:不可

~1L当たりの値段について~

  • 0~2L:1L当たり4,000円
  • 2L~:86円

~コメント~

コストパフォーマンスがあまり良くないので、
これを買うくらいなら市販の炭酸水を買ったほうがいいですね(^_^;)

▼2.ソーダストリーム

ソーダストリーム
ソーダストリーム炭酸水メーカー Jet (ジェット) スターターキット ホワイト SSM1001

  • 本体価格(60L用ガスシリンダー付属):9,800円
  • ガスシリンダー交換:2,915円
  • 水以外の使用:非推奨

~1L当たりの値段について~

  • 0~60L:163円
  • 60L~:49円

~ガスシリンダー交換について~

ガスを使い切ったら取扱店に足を運ぶか、
メーカーに問い合わせて交換に来てもらわなければいけないので、
少し面倒くさいです。

~水以外の使用について~

水以外の使用は非推奨ですが、
専用のシロップが販売されています。

ただし、6L分で1,050円です・・・。

~コメント~

やはり、ガスシリンダーの交換が面倒くさいですね。

それと、たまたま見つけたのですが、
何やらソーダストリームは問題を抱えているようで、
違法に製造されているとのこと・・・。
ストップ!ソーダストリーム

このサイトを見たらちょっと買う気がなくなりますよね。。。

▼3.ソーダスパークル

ソーダスパークル
IDEA Soda Sparkle Twin Bottle Starter kit(ホワイト) SSP001-WH

  • 本体価格(1L用カートリッジ5本付属):6,800円
  • カートリッジ(24本入り):1200円
  • 水以外の使用:不可

~1L当たりの値段について(1Lボトル利用)~

  • 0~5L:1,360円
  • 5L~:50円

~コメント~

1L用と1.3L用のボトルが用意されているのが、なにげに便利です。

▼4.ツイスパソーダ

ツイスパソーダ
ソーダメーカー ツイスパソーダ スターターキット

  • 本体価格(1L用カートリッジ6本付属):6,300円
  • カートリッジ(10本入り):1,300円
  • カートリッジ(20本入り):1,780円
  • カートリッジ(50本入り):2,500円
  • 水以外の使用:

~1L当たりの値段について~

  • 0~6L:1,050円

▼6L~

  • 10本カートリッジ:130円
  • 20本カートリッジ:89円
  • 50本カートリッジ:50円

~コメント~

炭酸水メーカーの中で数少ない、水以外のもに使える製品です。

本体価格は安めですが、
カートリッジは50本以上買わないと市販のものと比較しても割高。

私のおすすめ

以上、製品を客観的に比較してみましたが、
私個人の主観として、オススメのものを選びます。

1番は“ツイスパソーダ”
次が“ソーダスパークル”です。

値段も安いし、水以外のものに使えるというのも魅力的です。

もし、「水以外に使わない」と言い切れる場合は、
ソーダスパークルの方がおすすめです。

ソーダストリームも値段、機能は悪くないのですが、
件のサイトを発見してしまったので、
どうしても「お勧めです!」とは言いにくいですよね。。。

あとがき

以上、人気の炭酸水メーカーの違いを比較した記事でした。

“ツイスパソーダ”が一番のおすすめといいましたが、
ただ「この商品がおすすめ!」というだけでは無責任なので、
実際に通販で注文しました。

届き次第“ツイスパソーダ”のレビューをする予定なので、お楽しみを!!

また、冒頭でも述べましたが、
炭酸を飲む以外の目的の場合、又は味にそこまでこだわらない場合は、
“クエン酸+重曹”で炭酸を作るほうが圧倒的に安く済みます

その時はこちらの記事をご参考ください。

自宅で飲用の炭酸水を作る方法についてです。 1杯(250ml)当たり3円で、普通に購入するよりも1/14の値段という驚愕のコストパフォーマンスで作ることが出来ます。 是非お試し下さい。

追記~ツイスパソーダの使用動画~

注文した翌日に届いたので、動画を撮りました。

“炭酸水”の記事一覧

  1. 炭酸水の効果
  2. 炭酸水の作り方
  3. 炭酸水で洗顔・パック
  4. 炭酸水を作る機械・メーカー比較←今ここ
スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク