食品・食材

おからのカロリー・栄養|健康・美容効果について解説

“おから”の栄養や効果に関する記事です。

大豆食品でありながら豆乳の副産物と見られがちなおからですが、実は豆乳よりも優れている面がいくつかあります。

低カロリーでありながら栄養価が高いため、ダイエットや健康、美容に効果的なのです。

今回はおからのカロリーや栄養、などについて詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

おからの概要

“おから”とはどういう食品なのか、
一言で説明するなら「豆乳を作る際の搾りかす」です。

以下に代表的な大豆食品ができるまでのプロセスを表しました。

大豆を煮る・砕く・絞るという工程を経て液体と個体に分離されますが、
この時の液体が豆乳、個体がおからです。

おからは豆乳の副産物、おまけというイメージもあるかも知れません。

しかしれっきとした大豆食品なので、
豆乳や豆腐、納豆などと同様、健康や美容に良い成分が多く含まれています。

むしろ豆乳や豆腐とよりも優れている点は多いです。

さて、今回はおからのカロリー・栄養について見ていき、
具体的にどのような健康・美容効果が期待できるのかなどを解説していきます。

おからのカロリー・栄養

おから gのカロリー・栄養

おから1カップ

カロリー: {{cal}}Kcal

おからの秀でた栄養とは

おからと豆乳は大豆を分離してできる食品ですが、
栄養成分が等しく分割されているというわけではありません。
栄養成分に偏りがあります。

豆乳に多めに移行している栄養素もあれば、
ほとんどおからにしか移行していない栄養素もあります。

特筆すべきなのがこの2つ。

  • 食物繊維
  • カルシウム

おからは炭水化物が多いですが、そのほとんどが食物繊維
実は糖質はあまり含まれていません。
(炭水化物=糖質+食物繊維)

一方、豆乳の食物繊維は極僅かです。

大豆は食物繊維が豊富ですが、
そのほとんどが水に溶けない不溶性のものなので、
分離する際に個体のおからの方に移行するのです。

1日の食物繊維の推奨量は20g程度なのに対し、
おから100gで食物繊維は10g前後。

大抵の野菜よりも豊富なくらいです。

そして意外と多いのがカルシウム。

豆乳100gあたり15mgしか含まれないのに対し、
おから100gあたり81mgも含まれます。

カルシウムは日本人が不足している代表的なミネラルなので、
それが豊富に摂取できるのはとても重要です。

おからの健康・美容効果

おからは豆乳や豆腐、納豆などと同じ大豆由来の食品なので、
これらと同様の効果が得られます。

大豆食品の具体的な効果を挙げると以下の通り。

代表的な大豆食品の効果

  • 脂肪の吸収抑制
  • 食欲の低減
  • コレステロールの低減
  • 高血圧の予防
  • 脳の活性化(記憶力向上、ボケ防止)
  • 女性ホルモンの促進(乳がんなど諸症状の予防、アンチエイジング)
  • 便秘改善
  • 精神の安定
  • 美肌効果
  • 美髪効果

これらは大豆たんぱくや、ビタミン、ミネラル、大豆イソフラボン、サポニンなどによる効果です。

これらは豆乳の効果を説明する際に詳しく解説しました。

あわせて読みたい
「豆乳」の健康・美容効果&副作用|生理前の飲みすぎに要注意! 豆乳は良質なたんぱく質や豊富なビタミン・ミネラルのため、健康や美容に効果的とよく言われます。 しかし具体的にどういう成分がどういう...

あとがき

以上、おからのカロリーや栄養に関してでした。

おからは低カロリーな上、健康や美容に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

ダイエット中に不足しがちで重要な栄養素も多いので、
ダイエットの際には非常に重宝する食品です。

ぜひ積極的に食べることをオススメします。

他にもダイエット中におすすめの栄養素・具体的な食品についてまとめているので、
是非こちらご覧ください。

あわせて読みたい
ダイエットにおすすめの食品・食事メニュー|低カロリーで栄養豊富な料理10選 ダイエット中にどのような食事のとり方をすればいいのか分からない人も多いと思います。 どういう栄養素を、どういう食品、料理で摂れば良い...
スポンサードリンク