生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養・効果の違い

Facebook alt 10 Facebook alt 16 14 0
この記事が読まれるのは
369,030回目です。

生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養・効果の違い・危険性最近アーモンドの『アンチエイジング』、『ダイエット』、『生活習慣病予防』などの効果が取り上げられるのを多く見かけるようになりました。

それに伴い、「普通に売られているアーモンドよりも生のアーモンドを食べるほうがより効果を得られる」と言われています。

そこで今回、“生アーモンド”と、一般的な“素焼きアーモンド”を比較しました。

スポンサードリンク

生アーモンド?素焼きアーモンド?

一般的に誰もが知っている“アーモンド”に対し、
『生アーモンド』『素焼きアーモンド』といった名称にはあまり馴染みはないと思います。

これについて、簡単に説明します。

■素焼きアーモンドとは・・・

一般的に私たちが「アーモンド」と言われて連想する状態のもの。
生のアーモンドを燻製(ロースト)することで甘さ、香ばしさ、食感などを際立たせています。

■生アーモンドとは・・・

言葉の通り、一般的に思い浮かべるアーモンドの加工前で火を通していない状態のもの。
水分が多く、しっとりしており、歯ごたえがあまりありません。

以上の説明でわかると思いますが、
ローストした素焼きアーモンドの方が美味しくいただけます。

しかし最近は、
ローストすることでアーモンドの栄養が失われてしまうため、
“生アーモンド”の方が健康や美容面で多くの効果が得られると言われています。

また一方では、
熱処理されていない生アーモンドは“有害”であり体には良くないとも…。

つまり一般的に言われている
生アーモンドと素焼きアーモンドの特徴を簡単にまとめると以下のとおり。

  • 生アーモンド⇒栄養を最大限得られる、有害である
  • 素焼きアーモンド⇒美味しい、安全

ネット上には“栄養素”“危険性”の面で生アーモンドが賛否両論されていますが、
いまいち曖昧ではっきりしないものが多いんですよね。

大事なのは、

  • ローストされることで“どんな栄養素”“どれだけ”失われるのか?
  • 生アーモンドは“どれくらい”危険なのか?

ポイント

この2点です。

栄養素が少ししか失われないのであれば、
わざわざ生アーモンドを食べずに美味しい素焼きアーモンドを食べれば済みます。

逆にもし生アーモンドで栄養素が十分得られ、なおかつ危険性が薄いのであれば、
生アーモンドを食べる方がメリットが大きいです。

そこで今回、上述した2点、“栄養素”と“危険性”について、
『生アーモンド』と『素焼きアーモンド』を比較していきます。

『生アーモンド』と『素焼きアーモンド』の比較

栄養素

生アーモンドの主な栄養素は以下のとおり。

■生アーモンド100g当たりの栄養成分

  • エネルギー:598Kal
  • タンパク質:18.6g
  • 脂質:54.2g
    • オレイン酸:35g
    • リノール酸:13g
    • リノレン酸:10mg
  • 炭水化物:19.7g
  • 食物繊維:10.4g
  • ビタミンE:31mg
  • ビタミンB1:0.24mg
  • ビタミンB2:0.92mg
  • ナイアシン:3.5mg
  • ビタミンB6:0.1mg
  • カリウム:770mg
  • カルシウム:230mg
  • マグネシウム:310mg
  • リン:500mg
  • 鉄:4.7mg
  • 亜鉛:4mg
  • 銅:1.35mg
  • マンガン:2.63mg

参考サイト:カロリーSlism

特筆すべき栄養素は以下の通り。

■不溶性食物繊維

  • 油分の吸収を抑制
  • 便の量が増加
  • 食欲抑制
  • 高血圧改善

■ビタミンB2

  • 脂肪の代謝を促す

■ビタミンE

  • アンチエイジング
  • 美肌

■オレイン酸

  • 動脈硬化、生活習慣病の予防
  • リバウンド防止

■各種ミネラル

  • 体調を整える

ちなみにアーモンドの効果について詳しくはこちらをご覧下さい。
ダイエットに効果的!?アーモンドのカロリーや効能・食べ過ぎの影響について

「生アーモンドをローストされることで“ビタミン”をはじめとする色んな栄養素が失われる。」
と言われているんですが、実は上述した中で熱に弱い栄養素はありません。

アーモンドに豊富なビタミンを言えばビタミンB2とビタミンEです。

  • ビタミンB2=水溶性ビタミン
  • ビタミンE=脂溶性ビタミン

本来は水溶性ビタミンは水に溶けやすく熱に弱いという性質があり、
脂溶性ビタミンは“水に溶けにくく熱に強い”という性質があります。

例えばビタミンC(水溶性ビタミン)は加熱するとすぐに崩壊するため、
野菜ジュースなどは製造の際に加熱するものが多くビタミンCはあまり摂取できないとされています。

しかし、“ビタミンB2”は水溶性ビタミンの中でも、
脂溶性ビタミンほどではないですが熱に強い特性があります。

とうわけでビタミンにしろいずれの栄養素も熱によって失われる量は微量なんです。

以上、主要な栄養素はそれほど失われないということで、
この時点でわざわざ生アーモンドを食べるメリットは少ないとは思いますが、
一応“危険性”についても調べてみます。

危険性

危険性

ネット上で言われている生アーモンドの危険性は以下の3つです。

  • アミグダリン
  • サルモネラ菌
  • 酵素抑制物質

アミグダリン

『アミグダリン』は分解されると猛毒の“青酸”が発生します。
(よく聞く“青酸カリ”とかの青酸です。)

アミグダリンは梅、びわ、杏、そしてアーモンドなどに含まれており、
加熱処理で毒素を無くすことができるため、加熱されていない生アーモンドが危険とされているのです。

しかし、食用のアーモンドはアミグダリンを含まない種類のもの(甘仁種)であるため、
このアミグダリンの心配はなさそうです。

サルモネラ菌

オーストラリアで生アーモンドがサルモネラ菌に汚染されており、
それを食べた人が食中毒になるという事件がありました。

参考:健康食生アーモンドで病気に

この件はアーモンドの保存状態が悪かったことが原因なのですが、
生のナッツ類はカビ毒が繁殖しやすいのです。

アーモンドは基本海外からの輸入品で、
輸入の際厳しい審査を通っているので大丈夫だと思いますが、
特に“生”の場合自分で長期間保存する際注意する必要があります。

酵素抑制物質

そして、生アーモンドの危険性を議論するうえで、
一番重要なのがこの『酵素抑制物質』です。

アーモンドは『酵素抑制物質』が含まれており、
名前のとおり、酵素の働きを抑制するため、通常消化の役割を持つ酵素が働きません。

なので、うまく消化することができず、
さらにその酵素を分泌する臓器の負担を大きくしてしまいます。

この酵素浴性物質は体に有害なため、以下のどちらかの方法で処理しないといけません。

  • 火を通す
  • 水に12時間つけて皮を取り除く

■『火を通す』について。

ローストするということですが、
これなら生のアーモンドを買わずに素焼きアーモンドを買えばいいのです。

■『水に12時間つけて皮を取り除く』について

水につけて酵素抑制物質の働きを無効化し、
消化しにくい皮を取り除きます。

皮にも『アンチエイジング』効果がある“ポリフェノール”が含まれているため、
もったいないですし、何よりこの処理自体がかなり面倒くさいです。

まとめ

結論としては、

  • 生とローストの栄養面違い:ローストしても重要な栄養素はあまり失われない
  • 生アーモンドの危険性:生を食べる危険性はそんなにないが、保存により注意を払う必要があり、食べる前の処理が面倒くさい
  • 結論:生のアーモンドを食べるメリットよりデメリットの方が大きい

一般的に売られているのは素焼きアーモンドで、
生のアーモンドはあまり店頭に置いていないので通販じゃないと購入できない場合が多いです。

しかし、生のアーモンドはわざわざ手間をかけて買うメリットもあまりないので、
必要ないですね。

ちなみに、アーモンドの詳細な効果について、
是非こちらもご覧下さい。

アーモンドに関する記事です。 アーモンドのダイエット・健康・美容効果10個、カロリーや副作用についてなどをまとめました。 非常に栄養価が高く、優秀な食べ物なので是非ご参考下さい。
スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク