正しい断食の方法!長期間(一週間程)の断食は逆効果どころか危険!?

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
32,165回目です。

正しい断食の方法最近断食は、ダイエットや、健康、美容など、様々な目的で取り組まれることが多いです。

しかし、間違った断食を行うと、結果的にかえって太ってしまったり、健康を損ねてしまうことも少なからずあります。

今回は、間違った断食行うとどんな危険があるのか、また、正しい断食の方法について説明します。

断食に限らず、ダイエットにおいて重要な知識も含まれているので、是非ダイエットに取り組まれる方は御覧ください。

スポンサードリンク

間違った断食の危険性

最近は様々な目的で断食をする人がいますが、
間違った方法で行うのはとても危険です!

断食が原因で命を落としたり、
重病を患ったりということは考えにくいですが、
健康面での危険性の他にも、かえって太ってしまうリスクもあります。

具体的な危険性については以下のものが挙げられます。

  • 栄養不足による病気
  • 筋肉の低下
  • リバウンド
  • 日常生活における支障

栄養不足による病気

病気

私達の健康は、日々食事で摂取する栄養素によって保たれています。

そのため断食をすると栄養が不足するため、
体調を崩して病気になりやすいのです。

筋肉の減少

筋肉の減少

摂取カロリーが不足すると、
脂肪を燃焼してエネルギーに変えるため、断食で脂肪を落とすことが出来ますが、
その他の筋肉や毛髪、骨などの組織をも破壊してしまいます。

そのため過度に摂取カロリーを抑えると健康によくないですし、
筋肉が落ちると脂肪が目立ち、逆に見栄えが悪くなってしまうこともあります。

リバウンド

リバウンド

断食をすると代謝が良くなるため痩せやすいという情報もたまに見かけますが、
実際には逆で、一般的に断食をすると代謝は悪くなります。

人間は摂取カロリーが極端に減ることで、
体が“飢餓状態”と判断して存命のためにカロリーを溜め込みます。

これは“ホメオスタシス”という人間に備わった生きるために必要な機能なのですが、
このため断食などの極端にカロリーを減らすようなダイエットは、
リバウンドにつながるのです。

そして、ただ元の体重に戻るだけではなく、
元の体重以上になってしまう可能性が高いです…。

辛いダイエットを経験したのに、
長期的に見ればかえって逆効果というのは悲しいですね。

ちなみに、リバウンドについて詳しい原理や対策についてはこちらをご覧ください。
リバウンドの原因

日常生活における支障

日常生活における支障

私達の日々の活動の多くは、食事をエネルギー源としているため、
食事からエネルギーを摂取しなければ当然活動に支障が出ます。

特に私がボクシングの試合前で減量をしていた頃は、
練習に身が入らないだけではなく、

  • 少しの階段でも息が切れる
  • 集中力が無くなる
  • 何事にも意欲を感じられなくなる
  • 複雑な論理的思考ができなくなる

などの症状がありました。

特に仕事や学業などで普段頭を使う活動をしている場合は、
過度なカロリーの制限は注意が必要です。

正しい断食の方法

誤った断食の危険性について説明しました。

断食は確かに健康に良いという側面もあるのですが、
現代の栄養学の観点では健康上のデメリットの方が大きいという識者の方が多いです。

なので、健康被害やあらゆるリスクが少ない、
正しい断食を行う必要があります。

前述した断食の危険性は、
主に過度な断食をした場合なので、
基本的には体に負荷がかからない程度に行うのが正しい断食です。

方法としては主に2つ。

  • 短期間だけ行う
  • 『断食』ではなく『置き換え』にとどめる

短期間だけ行う

短期間

断食を短期間だけ行うことで、
健康被害を最小限に抑え、リバウンドも防ぐことが出来ます。

また、一般的に週末は休みのため、
エネルギー不足による活動の支障は起こりにくいので断食に適しています。

そのため、週末だけ断食するいわゆる『プチ断食』がおすすめです。

金曜日から徐々に食事を減らし、
土曜日に完全に食事を絶ち、
日曜日から消化に良い食事から徐々に食事を増やしていきます。

この断食は、
・急に食事を断つと消化液で胃腸を傷つける
・断食後、急に食事を普段の食事をすると消化しきれない
などの断食における問題も解決できます。

ちなみに、詳しいプチ断食の方法はこちら。
プチ断食の正しいやり方

『断食』ではなく『置き換え』にとどめる

もはや断食ではないのですが、
完全に食事を減らすのではなく“低カロリーの食品で置き換える”という方法です。

その方がリバウンドのリスクや栄養不足による健康被害が防げるだけではなく、
精神的にも楽に行うことが出来ます。

ただし、何で置き換えるかというのが重要です!

置き換えといえば、
主に以下のものが代表的です。

  • 酵素ドリンク
  • グリーンスムージー
  • ヨーグルト
  • プロテイン

これらを一つずつ解説していきます。

酵素ドリンク

酵素ドリンク

ドリンクで酵素を摂取することで、
体内の酵素を代謝に回せるので基礎代謝がアップ!

必要な栄養素が十分入っているため、
腹持ちもよく、健康や美容にも支障をきたしにくい!

…という謳い文句で販売されているのが酵素ドリンクで、
“酵素ダイエット”として多くの芸能人をモニターとして起用しており、
常に話題性のあるダイエットで、それに用いられるドリンクです。

このドリンクで置き換えダイエットをすることを推奨するサイトが多くあります。

しかし!!

酵素ドリンクを推奨するサイトの多くはステマで、
酵素ドリンクの実態は、ダイエットに効果的とする科学的根拠も乏しく
必要な栄養素もほとんど含まれていないドリンクです。

酵素ドリンクだけはやめましょう。

ちなみに酵素ダイエットの詳細はこちら
酵素ダイエットの効果

グリーンスムージー

グリーンスムージー

グリーンスムージーは、
野菜や果物と水をミキサーで混ぜて作るドリンクです。

ダイエット中に限らず、
普段の食生活でも不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維を摂取でき、
健康や美容に良いとされるのがグリーンスムージーです。

酵素ドリンクと比べたら、
遥かに健康にも美容にもいいですし、
腹持ちも良いので置き換えダイエットとして適しています。

ただ、たんぱく質を摂取できないのが難点。

もしも他の食事でたんぱく質を補えるなら、
グリーンスムージーは十分オススメですが、
長期間グリーンスムージーだけで過ごすのは危険です。

ちなみに、グリーンスムージーの詳細はこちら
グリーンスムージーの効果

ヨーグルト

ヨーグルト

続いて、ヨーグルト。

何やら、ヨーグルトで置き換えるダイエットを、
『ヨーグルトプチ断食』と言われているみたいです。

ヨーグルトは“低カロリー”“食欲を減退させる効果”もありますし、
何よりたんぱく質、ビタミン、ミネラルも一定量含まれています。

栄養素は十分量とはいえませんが、
置き換えダイエットの中でも栄養不足になりにくく、
オススメできます。

ただ、これもグリーンスムージー同様、
長期間ヨーグルトのみで過ごすのは栄養不足の観点からおすすめできません。

ちなみに、ヨーグルトに含まれる栄養素や、得られる効果についてはこちら。
ヨーグルトの効果

プロテイン

プロテイン

最後に、その栄養素はほぼ“たんぱく質”である『プロテイン』。

大豆由来の“ソイプロテイン”は、
“食欲を抑える効果”“脂肪の吸収を抑制する効果”もあるため、
ダイエットにおいてよく使われます。

ダイエット中に肉や魚、乳製品などを控えがちになることから、
たんぱく質は不足しがちなので、プロテインで摂取するのは非常に合理的です。

プロテインは低カロリー高タンパクですからね。

特に運動をする人にとってたんぱく質は絶対に欠かせないので、
プロテインはおすすめです。

ただ、ビタミンミネラルなどを十分摂取できないので、
他の食事で意識的に野菜などを摂取する必要があります。

また、これもグリーンスムージー、ヨーグルト同様に、
長期間プロテインだけで過ごすのはやめましょう。

ちなみに、プロテインダイエットの詳細はこちら。
プロテインダイエットの方法

あとがき

以上、断食の正しい方法や、間違った方法によるリスクについてでした。

断食に限らずダイエットのポイントは、

  • 急激に痩せるのではなく徐々に痩せる
  • 栄養素(特にたんぱく質、ビタミン、ミネラル)をきちんと補う

という2つが大きなウェイトを占めます。

そう考えると、
単品で栄養素を十分補える食品なんて存在しないので、
食品1つだけを摂取するダイエットは総じて健康に悪いです。

また、断食は短期間で痩せるのに効果的ですが、
一週間などの長期間食事を断つなどというようなことがあれば、
かなりの確率でリバウンドをしてしまいます。

まぁそれ以前にまともな生活を送れないでしょうね。

ダイエットは、
普段の食事から少しだけ量を減らしたり
いつもの生活習慣に運動を加えたりするのが一番“健康的”なんです。

だから、ダイエット目的で断食をしたり、
断食に似たようなダイエットをするのはおすすめできません。

もし本気で痩せたいなら、
私が推奨する地味でだけど確実なダイエット法をお試し下さい。
挫折しない!絶対痩せるダイエットの方法(食事・運動)
1ヶ月で1Kg痩せる確実なダイエットの方法

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。