ダイエット食品やサプリを買っても痩せない!痩せるために何にお金を使うべきか?

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
4,252回目です。

ダイエット食品・サプリや器具など、「お金をかけるダイエット」と、「お金をかけずに無料で行うダイエット」について考えてみましょう。

“お金をかけた方が痩せられる”と思うかもしれませんが、ダイエットにお金をかけることがかえってダイエットの妨げとなることも十分にあります。

今回はこの他にもダイエットにおいてお金をかける価値があるものと無いものについても具体的に説明していきます。

スポンサードリンク

お金をかければ痩せられるというものでもない!

世の中には色んなダイエットサプリ、ダイエット食品、ダイエット器具などが存在します。

「お金をかける分、痩せるはず!」
と思うかもしれませんが、一概にそういうわけでもありません。

かえってダイエットに逆効果なものもあります。

『ダイエット食品』『ダイエットサプリ』は全般的に痩せるどころか、
逆にダイエットに悪い影響をもたらすことが多いですね。

ちなみに、ここでいうダイエット食品・サプリとは、
痩せることを目的とした食品やサプリのことです。

具体的には、

  • 酵素ドリンク
  • ダイエットシェイク
  • 脂肪燃焼効果を謳った錠剤

などが挙げられます。

何故ダイエット食品・サプリが逆効果なのか?

ダイエット食品がダイエットに悪影響を及ぼす理由は以下の2点です。

  • そもそも効果が無い
  • ダイエットで重要な『危機感』が薄れる

そもそも効果が無い

世の中には「食べれば痩せる」と謳ったダイエット食品やサプリメントが山ほどあります。

主に理論としては、
『脂肪燃焼効果』や『基礎代謝向上』といったものが代表的です。

しかし!

この世には「食べるだけで痩せる」という食品は存在せず、
多少そのような効果があっても酷く誇張表現されたもので、
効果が体感できる程のものはありません。

しかも、重要な栄養素が入っていないことを「低カロリー」と言い換える始末…。

酵素ドリンクなどタンパク質0の食品を、
“置き換えダイエット”として勧める時の常套句です。

健康を害したり肌がボロボロになったり、リバウンドしてしまうので絶対にやめましょう。

ダイエットで重要な『危機感』が薄れる

『危機感』が薄れる

ダイエットの原動力となる精神的な要因(感情)って何だと思いますか?

多少人によって違うかもしれませんが、
多くの場合、『危機感』が大きな部分を占めます。

「太ってしまった…。痩せないと!」
「来月海に行くことになったから、痩せないといけない!」

など、ダイエットにおいて、運動するにしても食事制限をするにしても、
『危機感』が一番のモチベーションになります。

一方で、ダイエット食品を買った時の、
「これさえあれば痩せられる!」
という慢心は『危機感』とは真逆のものなのです。

ダイエット食品を過大評価することで、
本当に効果がある食事制限や運動などのモチベーションが失われてしまいます。


以上をまとめると、
ダイエット食品にお金をかければ、ただ痩せられないだけではなく、
依存してしまい、結果ダイエットに悪い影響をあたえることがあるということでした。

では、ダイエットはお金をかけずに地道に運動と食事制限をするのがベストなのでしょうか?

これに関しても、決してそういうわけではなく、
ダイエットにおいてお金をかける価値が十分あるものもたくさんあります。

ダイエットにおいてお金をかける価値があるものとは?

ダイエットにおいてお金をかける価値があるものとは、
主に以下の4種類の項目が挙げられます。

  • 栄養摂取のためのサプリメント
  • 運動器具・用具
  • 施設の利用や教室
  • 測定用の器具

栄養摂取のためのサプリメント

サプリメント

痩せるためではなく、ダイエット中に不足しがちな栄養素を効率的に摂取し
健康や美容を保つ目的のものです。

主に、

  • プロテイン
  • ビタミンサプリメント
  • ミネラルサプリメント

など。

きちんと摂取カロリーを消費カロリー未満に抑えていれば痩せることが出来ますが、
そうするとバランスの良い栄養の摂取が困難になってしまいます。

例えば、ダイエット中は肉・魚・乳製品などを避けるあまり、
タンパク質の摂取を疎かになりますよね。

そんな時にサプリメントを使うのは非常に合理的です。

ポイントとしては、
「痩せるため」ではなく、「健康をや美容を保つため」という風に目的を明確にすることです。

特に、プロテインの場合、
勘違いして“ダイエット食品”と思っている人もいますが、そうではありません。

プロテインは成分がほとんど『タンパク質』で、れっきとしたサプリメントです。

もちろん、プロテインを飲むだけで痩せるなんてことはないので、
きちんと理解した上で摂取しましょう。

ちなみに、プロテインについては以前記事にしたのでこちらも是非御覧ください。
プロテインの飲み方とタイミング

運動器具・用具

運動器具・用具

運動を促進するための道具です。

主に、

  • ランニングマシン
  • バランスボール
  • エアロバイク
  • 自転車
  • ランニングウェア
  • ランニングシューズ

など。

ランニングマシンやエアロバイク、バランスボールなど、
運動器具を買うだけで運動の幅が広がります。

ウェアやシューズを購入するだけで、
モチベーションが上がり、走るきっかけになったりします。

このように、運動に関するものにお金をかけるのは、
ダイエットにおいて大抵はプラスに働き、マイナスになることはあまり考えられません。

ダイエット食品は実際に効果が期待できない上に精神的に悪影響をもたらしますが、
運動を促進する道具に関しては真逆のことが言えますね。

運動で健康的に痩せたい場合は、
器具や道具にお金をかけるには十分な価値があります。

施設の利用や教室

施設の利用や教室

運動ための施設の利用料や、運動に関する教室の料金です。

主に、

  • ジム
  • フィットネス
  • プール
  • ヨガ教室
  • エアロビクス

など。

上述した運動器具とほぼ同じです。

ジムやプールなどをで運動することでモチベーションが上がります。

また、周りに共通の意識を持った人達がいる環境なので、
それもまたプラスになりますね。

測定用器具

ダイエットにおいて重要な数値を測定する器具です。

主に、

  • 体重計
  • 体組成計
  • 活動量計

など。

ダイエットにおいて、どんな人でも必ず持っておくべきなのが『体重計』で、
あればかなり重宝するのが『体組成計』と『活動量計』です。

体重計や体組成計で体重や体脂肪率の変化を見ないことには、
ダイエットが上手くいっているのかを確認できません。

また、体組成計には基礎代謝を測定する機能がついており、
それと活動量計から、より正確な1日の消費カロリーが計測できます。

個人的に『活動量計』はリアルタイムで消費カロリーの数字が増えていくのが楽しく、
それだけでダイエットのモチベーションになるのでとてもおすすめです。

私は、タニタのこちらの活動量計を購入しました。
タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム エキスパート シルバー AM-140-SV
タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム エキスパート シルバー AM-140-SV

歩き・走り・安静・生活をセンサーで精密に判定してくれるので、
家事や散歩程度のちょっとした動きからランニングなどの運動もきちんと計測してくれます。

あとがき

この記事で言いたいかったことは以下のとおりです。

  • ダイエット食品・サプリなど、痩せる効果を謳ったものは購入しない
  • 下手にお金を使うくらいなら無料でダイエットを実践する方が良い
  • モチベーションを高めるものにこそお金を使うべきである

ダイエット食品などは「これで痩せる」と思い込んでいるから努力しようとしません。

しかし、栄養補給のサプリメントや運動の道具、設備、測定器具などは、
「購入しただけでは痩せない」と分かっているので努力につながるのです。

ダイエットはお金をかけなくても十分痩せることが出来ますが、
運動を習慣化して痩せる場合はモチベーションの維持のためにも何らかの投資は必要だと思います。

ちなみに、ランニングを初めて習慣化させるために必要なこと、
ウェアやシューズなど道具の選び方などを記事にしました。

是非こちらも御覧ください。
【初心者必見】ランニングを習慣化するまでに必要なことまとめ
【初心者必見】ランニングを習慣化するまでに必要なこと

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク