食パンのカロリーや栄養・腹持ちをご飯と比較した結果!

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
54,865回目です。

朝食の定番である“食パン”について、そのカロリーや栄養、腹持ちなどをまとめました。

食パンを食べる際のトッピングを考慮した上で、それぞれの項目をご飯と比べてどの程度であるのかを説明します。

「明日の朝食はご飯とパンどちらにしよう?」こういう悩みは今後数えきれないくらいすると思いますが、その度にこの記事のことを思い出して参考にしてもらえたらなと思います。

スポンサードリンク

食パンのカロリー

まずは、食パンのカロリーについてみていきましょう。

食パンの厚さによるカロリーの違い

食パン一斤(約400g)で大体1000Kcal程度です。

これを元に計算すると一枚あたりのカロリーは以下のようになります。

  • 4枚切り(100g):250Kcal
  • 5枚切り(80g):200Kcal
  • 6枚切り(67g):167Kcal
  • 8枚切り(50g):125Kcal

どうでしょう、意外と低カロリーだと思いませんか?

ちなみにご飯(白米)のカロリーと比較すると…

  • ご飯一杯(150g):240Kcal

なので食パン一枚はご飯よりも低カロリーであることが多いんです。

確かに低カロリーなんですが、
食パンをそのまま食べる人はあんまりいませんよね。

食パンを食べる際にはトッピングのカロリーにも気をつけないといけません。

トッピング・具材のカロリー

次は、食パンに塗ったりトッピングする具材のカロリーを見ていきましょう。

パン自体はそこまでカロリーは高くなくても、
マーガリンやジャムなど、パンには脂質や糖質が多いものを塗って食べるのが一般的です。

そのため、食パンを食べるときは
これらトッピングのカロリーは注意しないといけません。

では、定番の具材について一食分のカロリーを紹介します。

  • バター、マーガリン(10g):76Kcal
  • いちごジャム(20g):52Kcal
  • 蜂蜜(20g):59Kcal
  • ピーナッツバター(10g):64Kcal
  • チーズ(20g):72Kcal
  • マヨネーズ(10g):71Kcal
  • 目玉焼き(66.5g):130Kcal
  • ベーコン(17g?2枚):138Kcal

トッピングだけで50Kcal~100Kcal強のカロリーになるんですよね。

これらを2つ組み合わせると、
パン自体のカロリーと同じくらいにってしまいます。

食パンのトッピング例

では、実際に食パン+トッピングのカロリーの例を見てみましょう。

  • バターorマーガリンだけ塗ったトースト:201Kcal(8枚切り)~326Kcal(4枚切り)
  • マーガリン+いちごジャムを塗ったトースト:253Kcal~378Kcal
  • 目玉焼き+ベーコンをトッピングしたトースト:393Kcal~518Kcal
  • チーズ+マヨネーズをトッピングしたトースト:268Kcal~393Kcal

大体こんな感じです。

まあ、『パン+トッピング』は『ご飯+おかず』と比べると、
そんなにカロリーは変わらない事が多いです。

もちろん、トッピングやおかずにもよるんですが、
どちらかが絶対的に高カロリーということはありえません。

食パンの腹持ちについて

では、次にパンの腹持ちについて見ていきましょう。

ダイエット中の人は特にこの項目は欠かせませんよね。

一般的には、「ご飯と比べてパンは腹持ちが悪い」とよく言われることなんですが、
そう感じた経験がある人も少なく無いと思います。

実際にパンがご飯よりも腹持ちが悪いという理由もあるのです。

その理由としては以下のものが挙げられます。

  1. ご飯よりもパンの方が消化が早く血糖値が上がりやすく下がりやすい
    私達の食欲は血糖値と密接な関係があります。パンは消化が早く、すぐに血糖値が上がりエネルギーを得られますが、血糖値はすぐに下がりやすいのです。
  2. ご飯よりもパンの方が咀嚼回数が少なくなる
    パンはご飯と比べ、飲み込みやすく咀嚼回数が少なくなることも腹持ちが良くない理由の一因です。

これらの理由のため、
たとえ同等のカロリーであってもご飯のほうが腹持ちがいいのです。

食パンの栄養について

続いて、パンの栄養について見ていきましょう。

ご飯とパンはどちらも炭水化物が豊富な食材ですが、
それ以外の栄養素についてはどうでしょうか。

「ご飯の方がパンよりもビタミン・ミネラルが豊富」
…と思われていますが、実際にはほとんど差はありません。

どちらも単品では5大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)のうち、
炭水化物しかまともに摂取できないのです。

問題はトッピングやおかずですね。

一概には言えませんが、それぞれの栄養素は大体以下のような感じです。

  • パンのトッピング:糖質・脂質
  • ご飯のおかず:たんぱく質・ビタミン・ミネラル

基本的に、ご飯はおかずによって不足しがちな栄養素が補えるものが多いですが、
パン食は栄養素が偏ってしまいがちです。

和食が体にいいイメージもあると思います。

また、パンには“塩分”も多少含まれるので、
それも見逃せませんね。

健康を気にする人には、迷わずパンよりもご飯をおすすめします。

あとがき

以上、ご飯と比較した時の食パンのカロリーや栄養、腹持ちについての記事でした。

まとめとしては、以下のことが言えます。

  • ご飯とパンはカロリーに大きな違いはない
  • ご飯と比べるとパンは腹持ちが悪い
  • 食パンのトッピングは栄養素が偏りやすい

やっぱり結論として特にこだわりがなければ、
朝食はパンではなくご飯を食べるのをお勧めします。

また、以前ご飯に着目して記事を書きました。

是非こちらもご覧ください。
ご飯(白米)はほんとに太るのか?カロリー・栄養素を徹底検証!
ご飯(白米)は太るのか?カロリー・栄養素を徹底検証!

スポンサードリンク