なぜ痩せる?ロングブレスダイエット3つの原理

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
32,095回目です。

なぜ痩せる?ロングブレスダイエット方法ちょっと前から現在に至るまで、ロングヒットを続けているダイエット法、『ロングブレスダイエット』に関する記事です。

なぜ呼吸法だけで痩せることができるのか?

その痩せるメカニズムについて見ていきます。

スポンサードリンク

このサイトは、ロングブレスダイエットの記事を多数書いています。
ロングブレスダイエットの4つの方法
・ロングブレスダイエットが痩せる3つの原理←今ここ
ロングブレスダイエットの口コミ・効果を検証

ロングブレスダイエットの痩せる原理

「何故、あんな簡単なダイエットが痩せるのか?」

その仕組み、理由について見ていきます。

その理由について、主に以下の3つが挙げられます。

・インナーマッスルを鍛えて、基礎代謝がアップ
・心肺機能が鍛えられ、基礎代謝がアップ
・体温上昇によって代謝がアップ

インナーマッスル・・・

この文言は、よく『ロングブレスダイエット』の紹介時に使われ、
よく目にすることが多いと思います。

「インナーマッスルを鍛えて基礎代謝をアップさせることで、太りにくくリバウンドのしにくい体質にする。」

まぁ・・・

これについてもアレですよね・・・。

誇張表現です(笑)

筋肉をつけても代謝はそんなに上がらないし、
筋肉じゃなくても脂肪をつけても、代謝は少し上がりますし。

これについては、こちらに詳しくまとめました。
筋トレ
ダイエットに筋トレ・筋肉は不必要?

インナーマッスルについても、
特別代謝が高いわけでもないですしね。

ただ、“代謝云々”よりも、
腹筋が鍛えられるのが魅力なのだと思います。

見栄えのいい体にするには筋肉をつけないといけないですし、
インナーマッスルなら、そんなにムキムキにならずにウエストを引き締められるでしょう。

心肺機能・・・

心臓「心肺機能を鍛えることで、基礎代謝をアップさせる」
ロングブレスダイエットは、こういう紹介もされます。

ロングブレスダイエットは、深呼吸を繰り返すので、
肺活量が鍛えられ、心肺機能が向上します。

では・・・
「心肺機能と基礎代謝がどう関係するの?」
と思う人が大半だと思うので、少し説明します

心肺機能を鍛えると、心肺ーつまり心臓や肺ーが活発に活動するようになるので、
血液、酸素の運搬が活性化され、体の各器官もよく働くようになります。

その結果、基礎代謝が向上します。

まぁ、深呼吸ダイエットというのもあるみたいですからね。

また、心肺機能を鍛えるには、
当然ですが“運動”、さらに“姿勢を正す”なども効果があります。

体温上昇・・・

ロングブレスによって横隔膜が収縮し、横隔膜内にある血管や臓器に流れる血液が増大、Cybart,シンボル,マンガ,体温,体温計,医療,熱,疾病,病気
それによって体温が上昇するそうです。

『心肺機能・・・』で述べたことと少し重複していますが、
体温が上昇することで基礎代謝が上がることは、
色んなダイエットで用いられています。

1°C体温が上昇すると、代謝が10%アップするそうです。

あとがき

以上、ロングブレスダイエットの痩せる3つの原理でした。

これだけ見たら、本当にあんな劇的に痩せるのか疑問ですよね?

ただ、実際に痩せている人もいるので、
「効果がない」とは言い切れません。

次回、さらにこのロングブレスダイエットについてもっと見ていきます。

追記

ロングブレスダイエットが本当に痩せるのかどうかを、
いろいろな角度から検証してみました。

ぜひご覧下さい。
ロングブレスダイエットは痩せない!?
本当は痩せない!?ロングブレスダイエットの口コミ・効果まとめ

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク