コンビニのサラダチキンの値段やカロリーを比較【セブン・ローソン・ファミマ】

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
4,075回目です。

サラダチキンはたんぱく質を効率的に補うことができるため、ダイエット中の人や筋トレをしている人にはとても重宝する食品です。

しかし、今では各コンビニで様々な種類のサラダチキンがあるため、どういう違いがあるのか分かりにくいと思います。

そこで今回、コンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)の各サラダチキンの値段やカロリー・栄養を比べてみました。

スポンサードリンク

1.サラダチキンの概要

サラダチキンの凄いところと言えば以下の2つが特に挙げられます。

  1. 低カロリー高タンパクの最たる食品である
  2. 手軽に食べることができる

ダイエット中でも余計なカロリーを摂らずにたんぱく質が補給できるため、
多くのダイエッターの人気を博しているのです。

通常、肉などの高タンパク食品は脂質も多いため、
たんぱく質は摂取できてもカロリーが高くなってしまいます。

なので、ダイエット中はたんぱく質が敬遠される傾向にあり、
それによって筋肉が落ちやすくなったり、健康や美容を損ないやすくなります。

そこでサラダチキンのような低カロリー高タンパクの食品が重宝するのです。

詳細:コンビニのサラダチキンが凄い!カロリーやダイエット効果について

しかし、現在サラダチキンには色々な種類があり、
大手コンビニのセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社だけでも
2016年現在で11商品も販売されています。

  • セブンイレブン
    • プレーン
    • ハーブ
    • スモーク
    • マイルドカレー
  • ローソン
    • プレーン
    • ハーブ
    • スモーク
    • レモン
  • ファミリーマート
    • プレーン
    • ハーブ&スパイス
    • タンドリーチキン

これらの商品はどこが違うのか、
どれくらいの差があるのか、気になる人も多いと思います。

そこでコンビニ3社のサラダチキン11種類を値段・栄養素について比較してみました。

2.各サラダチキンの比較

早速ですが、各サラダチキンの値段や栄養を表にまとめると以下の通りです。

 値段カロリーたんぱく質脂質炭水化物塩分
(セ)プレーン213円115g121Kcal27.4g1.0g0.3g1.4g
(セ)ハーブ213円115g124Kcal26.7g1.7g0.3g1.8g
(セ)スモーク213円115g125Kcal26.7g1.6g1.1g1.3g
(セ)カレー213円115g133Kcal28.6g1.6g1.0g2.5g
(ロ)プレーン210円125g131Kcal28.0g2.0g0.2g1.9g
(ロ)ハーブ210円125g131Kcal27.4g1.6g1.9g1.9g
(ロ)スモーク210円115g131Kcal28.5g1.6g1.0g1.5g
(ロ)レモン238円110g114Kcal19.9g1.4g5.5g1.3g
(フ)プレーン258円120g198Kcal27.4g9.5g0.8g2.2g
(フ)ハーブ258円110g133Kcal26.1g2.6g1.2g1.5g
(フ)タンドリー258円110g146Kcal25.1g3.6g3.2g2.1g

(セ)=セブンイレブン、(ロ)=ローソン、(フ)ファミリーマート

※セブンイレブンのパッケージの栄養成分表示だけ100gあたりのものが書かれていたので、それを115gに換算したものをまとめています

表だけだと少しごちゃごちゃしており分かりづらいと思うので解説していきます。

2.1.コスパ(値段・量)

コスパについては“ローソン”のサラダチキンが一番ですね。

セブンイレブンとローソンはともにファミリーマートよりも約50円ほど安く、
量に関してはローソンが他2社よりも10gほど多いです。

ただ、セブンイレブンと大差はないので、
『ローソン≒セブンイレブン>ファミリーマート』
といった感じだと思います。

image

2.2.たんぱく質

サラダチキンで一番重要なのはたんぱく質の摂取なので、
たんぱく質がどれくらい含まれているのかというのは非常に重要です。

ただ、ローソンのレモンを除けばどれも25g~30gで大きな差はないので、
特に気にしないでもいいかなと思います。

2.3.カロリー(脂質)

サラダチキンは「低カロリー高タンパク」が売りなので、
たんぱく質の他にカロリーも重要です。

ただ、鶏むね肉には元々糖質はほとんど含まれないですし、
さらにたんぱく質はどれも大差がなかったので、
あとは“脂質”によってカロリーに差が出ます。

そして表を見てみると、ファミリーマートはどれも脂質が多く、
特にプレーンは他の何倍も含まれているのが分かりますね。

その結果、カロリーはファミリーマートのプレーンが一つだけ突出しています。

他と比べると50Kcal以上で、これは結構な差なので、
注意が必要です。

ダイエット中にファミリーマートでサラダチキンを購入する場合は、
ハーブやタンドリーチキンを選ぶようにしましょう。

2.4.まとめ

コスパと栄養面からサラダチキンを比較しましたが、
栄養面ではファミリーマートのプレーンとローソンのレモンを除けばどれも大差がなく、
コスパは『ローソン≒セブンイレブン>ファミリーマート』といった感じでした。

これを合わせると、コスパ・栄養面から以下のように評価できます。
『ローソン(レモン以外)≒セブン>ファミマ(ハーブ・タンドリー)>ローソン(レモン)≒ファミマ(プレーン)』

ただし、あくまでコスパと栄養面のみの比較です。

ファミマの場合は値段が高い分、どれも味付けにこだわっており、
他と比べて相応の品質になっていると思います。

個人的にはファミマのサラダチキンが一番美味しいと思いますし、
一般的に好まれているような印象がありますね。

私としては特にファミマのタンドリーチキン味が一番のお気に入りです。

コスパや栄養面だけで判断するのではなく、
とりあえず色々と食べ比べをしてみるのをおすすめします。

あとがき

以上、コンビニ3社のサラダチキンの値段や栄養を比較しました。

サラダチキンはコンビニや種類によって差はあるのものの、
どれも低カロリー高タンパクであるのは変わりないので、
そこまで気にしなくても良いかもしれませんね。

さて、この他にもサラダチキンの美味しい食べ方や、
自宅でサラダチキンを作る方法などをまとめたのでぜひこちらもご覧ください。

サラダチキンは「低カロリー高タンパク」という栄養面で優れた特徴を持ち、さらに買ったその場で食べることができるという手軽さもあります。 しかし、それだけではありません。 色んな料理に合いますし、一手間加えるだけで幅広い食べ方ができると
スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク