牛丼店4社のメニューのカロリー・値段一覧表【吉野家・すき家・松屋・なか卯】

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
337回目です。

牛丼チェーン店といえば、吉野家、すき家、松屋、なか卯などありますが、それぞれのメニューの値段やカロリーにどれだけの違いがあるのか、気になる人も多いかと思います。

そこで、各社の牛丼をサイズごとにカロリーと値段を一覧表にしてまとめました。

牛丼チェーン店の違いを知りたい人はぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

1.牛丼チェーン店4社の牛丼のカロリー・値段比較

各社の牛丼をサイズごとにカロリー・値段を表にまとめました。

 ミニ盛並盛中盛大盛特盛
すき家466Kcal/290円656Kcal/350円695Kcal/470円845Kcal/470円980Kcal/580円
吉野家×669Kcal/380円752Kcal/480円※929Kcal/550円1063Kcal/680円
松屋510Kcal/330円711Kcal/380円×948Kcal/520円1302Kcal/630円
なか卯500Kcal/300円715Kcal/350円×909Kcal/500円×

※吉野家の中盛の項目は『アタマの大盛り』、ご飯少なめで肉多めのメニュー

ちなみに、すき家のみ牛丼「メガ盛」があり、これは1163Kcal/730円

2.カロリーやコスパに大きな差はない

どの牛丼店もご飯と肉の割合や、使っている具材に大きな違いはないので、
牛丼の量とカロリーはほぼ比例するものです。

つまり、低カロリーの牛丼がヘルシーなのではなく、
ただ単に量が少ないといえます。

カロリー=ボリューム”と考えていいでしょう。

ミニや並盛はすき家が一番低カロリーですが、
これは他よりも量が少ないのでしょう。

値段もわずかに安いですしね。

他のサイズも見てみると、
全体的にすき家は量が少なく値段もわずかに安く設定されています。

少しでもカロリーを抑えたいのなら、
すき家が一番いいのかもしれませんね。

コスパに関しては値段あたりのボリューム(カロリー)を比較したら分かりますが、
各社ともほとんど変わりません。

3.ダイエット中の牛丼の食べ方

続いて、ダイエット中の方への牛丼の食べ方のアドバイスです。

3.1.サラダやお新香をつける

牛丼単品で食べるのではなく、
サラダやお新香も食べましょう。

これだけでお腹が紛らわせるので、
普段より一サイズ下の牛丼で満足できるようになったりしますし、
牛丼では摂取できない栄養も補えます。

ダイエット中は栄養が偏りやすいので、
野菜は積極的に摂るようにしましょう。

3.2.つゆだくは厳禁

牛丼はつゆだくが好きな人も多いと思います。

しかし、牛丼のつゆも十分カロリーの元になるので、
ダイエット中は控えるのが賢明ですね。

3.3.高カロリーなトッピングは控える

牛丼はミニや並は一般的な女性の1食分のカロリー程度になるので、
そんなに高カロリーということはありません。

何が問題かというと、トッピングです。

  • 牛ねぎ玉丼 並(吉野家):782Kcal
  • ねぎ玉牛丼 ミニ(すき家):578Kcal
  • チーズ牛丼 ミニ(すき家):646Kcal
  • 高菜明太マヨ牛丼 ミニ(すき家):585Kcal

これらのように高カロリーなトッピングをつけるだけで、
簡単に100Kcal~200Kcal程増えるのです。

なので、もしもトッピングを頼むなら、
おろしポン酢やキムチなど、数十Kcalくらいの低カロリーなトッピングにしましょう。

あとがき

以上、牛丼チェーン店4社のメニューのカロリーや値段を比較しました。

牛丼は高カロリーでダイエット中は避けるべきと思っている人も多いですが、
サイズに気をつければそこまで高カロリーになることはありません。

無理に我慢することもないのです。

ただ、どうしても牛丼は栄養が偏りがちなので、
他の食事できちんと栄養を意識した食品を摂るようにしましょう。

ダイエット中にどのような食事のとり方をすればいいのか分からない人も多いと思います。 どういう栄養素を、どういう食品、料理で摂れば良いのか。どういう考えで食事メニューを組めば良いのか。 栄養学について色々知識も必要になってくるので難しいで
スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク