玉ねぎ1個のカロリー・栄養|具体的にどんな効果があるのか?


玉ねぎ gのカロリー・栄養

サラダ1人前の使用量

カレー1人前の使用量

玉ねぎ1個分の可食部

カロリー: {{cal}}Kcal

↓他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら

今回は上記のデータを元にのカロリーや栄養について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

玉ねぎのカロリー

まずは玉ねぎのカロリーについて見ていきましょう。

玉ねぎ1個のカロリー

玉ねぎ1個あたりのカロリーは以下のとおりです。

玉ねぎ1個のカロリー

  • 玉ねぎ1個(177g):65Kcal

いまいちピンとこないと思いますが、
チャーハンやカレー1人前の玉ねぎの量は20g~50g程度です。

なので玉ねぎを使う料理1人前における玉ねぎのカロリーは大体10Kcal~20Kcalになります。

他の野菜とカロリー比較

続いて他の野菜と100gあたりのカロリーを比較してみましょう。

  • きゅうり100g:14Kcal
  • キャベツ100g:23Kcal
  • 玉ねぎ100g:37Kcal
  • にんじん100g:37Kcal
  • ごぼう100g:65Kcal

このようになりますが、
水分が少ない野菜ほど栄養が豊富なので、その分カロリーも高くなります。

玉ねぎは水分率が89%と水分の割合が高い野菜ですが、
きゅうりやキャベツなどと比べると水分率は若干低くなるため、その分重量あたりの栄養・カロリーが豊富なのです。

ご飯とカロリー比較

続いてご飯とカロリーを比較してみましょう。

玉ねぎとご飯のカロリー比較

ご飯は1膳で270Kcal程度なので、
これは玉ねぎ4個に相当します。

玉ねぎを何個もいっぺんに食べることはまずないと思うので、
ご飯と比べたらカロリーは極々わずかということが分かると思います。

玉ねぎを食べすぎてもそれが原因で太るということはまずありえないので、
ダイエット中でも積極的に食べるのが望ましいですね。

玉ねぎの栄養

続いて玉ねぎの栄養について見ていきましょう。

玉ねぎの特筆すべき栄養素は以下の4つが挙げられます。

  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ケルセチン
  • イソアリイン

玉ねぎは他の野菜と比べて
そこまでビタミン・ミネラルが秀でているというわけではありませんが、
“ビタミンC”“ビタミンB6”は豊富に含まれています。

そしてそれ以外はポリフェノールの一種である“ケルセチン”や、
目に染みる原因である硫黄化合物“イソアリイン”です。

これらはアンチエイジング効果や血糖値の抑制など、
美容や健康に良い効果をもたらします。

玉ねぎの健康・美容効果

では具体的に玉ねぎを食べるとどんな効果があるのかを見ていきましょう。

玉ねぎにはあらゆる健康・美容効果がありますが、
代表的なものとして3つ挙げられます。

【玉ねぎの効果1】アンチエイジング・美肌

美肌

玉ねぎに豊富に含まれるビタミンやケルセチンには強い抗酸化作用があります。

老化や肌質を悪化させる原因ともなる“活性酸素”を除去してくれるので、
これがアンチエイジングや美肌に繋がるのです。

【玉ねぎの効果2】血液サラサラ

ケルセチンにはLDLコレステロールが増えるのを抑制する働きがあり、
イソアリインは血栓を溶かす作用があります。

これらの効果によりドロドロの血液を溶かしサラサラに近づけてくれます。

そもそも血液がドロドロになると何が悪いのかというと、
症状が進むと血管がつまり血液が正常に流れない状態、動脈硬化に陥り、
脳疾患や心疾患など命にかかわる病気のリスクが上がるのです。

これらを防ぐために血液をサラサラの状態に保つのは非常に重要です。

詳細:善玉(LDL)・悪玉(HDL)コレステロールとは?高い時の症状・病気

【玉ねぎの効果3】血糖値の低下

血糖値の低下と言えば食物繊維の作用が代表的ですが、
そこまで食物繊維が多くない玉ねぎでもケルセチンによってこの効果が期待できます。

ケルセチンはインスリンの分泌を抑えて血糖を低下させる効果もあるのです。

血糖値は糖尿病のもととなったり脂肪の蓄積に繋がるので、
この効果は健康のためにも美容のためにもとても重宝しますね。

あとがき

以上、玉ねぎのカロリーと健康・美容効果についてでした。

玉ねぎは健康や美容に効果的な上に低カロリーなので、
ダイエット中でも積極的に摂取したい食品です。

常識的な範囲でなら食べすぎても害になることはありません。

ちなみに、玉ねぎの保存方法についてはこちらをご覧ください。

他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら。

スポンサードリンク