食品・食材

きゅうり1本のカロリー・栄養|具体的にどんな効果があるのか?

きゅうり gのカロリー・栄養

きゅうり(小)1本の可食部

きゅうり(中)1本の可食部

きゅうり(大)1本の可食部

カロリー: {{cal}}Kcal

↓他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...

今回は上記のデータを元にのカロリーや栄養について詳しく解説していきます。

きゅうりのカロリー

まずきゅうりのカロリーについて見ていきましょう。

きゅうり1本あたりのカロリー

きゅうり一本のカロリーについてです。

きゅうり一本のカロリー
  • きゅうり一本(100g):14Kcal

何となく低カロリーなのは分かってもらえると思いますが、
他の野菜と比べてどの程度なのか見てみましょう。

他の野菜とカロリー比較

他の野菜と100gあたりのカロリーを比較すると次のようになります。

きゅうりと他の野菜のカロリー比較
  • きゅうり100g:14Kcal
  • もやし100g:14Kcal
  • トマト100g:19Kcal
  • キャベツ100g:23Kcal
  • 玉ねぎ100g:37Kcal

水分率が高い野菜ほど重量あたりの栄養が少なくなるので、
野菜のカロリーは水分率と反比例します。

きゅうりはもやしと同様に水分率95%と野菜の中でもトップレベルなので、
カロリーも圧倒的に低いのです。

ご飯とカロリー比較

続いてご飯とカロリーを比較すると次のようになります。

きゅうりとご飯のカロリー比較

ごはんは1膳で270Kcalなので、
きゅうり19本(約1.9Kg)がこれに相当します。

これでいかにきゅうりのカロリーが低いのかが分かってもらえたかと思います。

きゅうりはどれだけ食べても十分量のカロリーを摂取する前に水分でお腹が張るため、
きゅうりで太るのは困難なほどです。

栄養を考慮しないのであればダイエットにはいいですね。

きゅうりの栄養

続いてきゅうりの栄養について見ていきましょう。

きゅうりは「世界一栄養がない野菜」としてギネスに認定されているほど栄養が少ない野菜です。

たしかに他の野菜と比べても水分の割合が高く、
ビタミン・ミネラルは少ないと言えます。

しかしそれでも体に良い栄養素は含まれていますし、
きゅうり特有の栄養素もあります。

具体的には以下の栄養素が代表的です。

  • ビタミンK:血液凝固や骨の代謝に関わるビタミン
  • ビタミンC:抗酸化作用やコラーゲンの合成に関わるビタミン
  • カリウム:塩分(ナトリウム)の排出に関わるミネラル
  • ホスホリパーゼ:脂肪の分解を助ける酵素

ではさらに具体的にきゅうりを食べるとどんな効果が得られるのかを見ていきましょう。

きゅうりの健康・美容効果

きゅうりの健康・美容効果のうち代表的なものは2つです。

【きゅうりの効果1】体を冷やす

きゅうりは野菜の中でも水分が多いため、
体を冷やすのには効果的です。

暑い夏にはぴったりの野菜ですね。

ただ、冷え性の人なんかは食べ過ぎには注意する必要があります。

【きゅうりの効果2】むくみ解消

きゅうりに豊富に含まれるカリウムは利尿作用、塩分の排出を促す効果があります。

むくみにはいくつか原因がありますが、
塩分のとりすぎにより水分を溜め込んでしまっているケースも多いので、
カリウムを摂取することでむくみ解消につながります。

詳細:むくみ(浮腫)の9個の原因&今すぐ簡単にむくみを取る方法

塩分は一般的な食生活で過剰摂取してしまう傾向にありますが、
カリウムは摂りすぎても害になりにくいので積極的に摂りたい栄養素です。

あとがき

以上、きゅうりのカロリーや栄養についてでした。

きゅうりは多くの効果は見込めませんし、苦手な人は無理して食べる必要もありません。

しかし、夏バテの際でも食べやすいですし、
夏バテ解消に役立つ嬉しい効果もあるので非常に重宝します。

栄養は少ないとはいえ、
ある程度ビタミン・ミネラルを含むので食べるに越したことありません。

ちなみに、きゅうりの保存方法についてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
きゅうりの賞味期限はいつまで?冷蔵保存・冷凍保存の違いと方法 きゅうりは安い上に食べやすい野菜なのでついついまとめ買いしてしまうことがあるかもしれません。 しかしその一方で痛みやすく、長期保存が...

他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら。

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...
著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。
スポンサードリンク