食品・食材

納豆のカロリーを色んな朝食のおかずと比較|納豆がダイエットに効果的な理由

朝食のおかずのメニューとして定番の“納豆”ですが、もしかしたら高カロリーという印象がある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回、納豆のカロリーを色んな食品と比較してどの程度なのかを見ていきます。

また、ダイエットには納豆が重宝するのですが、その理由についても説明します。

納豆のカロリー

納豆1パックのカロリー

まずは納豆の1パックのカロリーについてです。

納豆1パックノカロリー
  • 納豆1パック(50g):100Kcal

多くの納豆は1パック50gで100Kcal程度です。

納豆は炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素をどれもある程度含んでいますが、
カロリーの半分くらいは脂質によるものです。

ではこのカロリーが高いの低いのかよくわからないと思うので、
他の食品と比べてみましょう。

他のおかずとのカロリー比較

納豆は朝食のおかずの定番なので、
他の朝食のおかずで代表的なものと比較してみましょう。

朝食のおかずのカロリー
  • 味付けのり1袋(3g):5Kcal
  • ふりかけ1食分(2.5g):11Kcal
  • 卵1個(60g):90Kcal
  • 納豆1パック(50g):100Kcal
  • 塩サバ1切れ(60g):175Kcal

納豆をおかずにご飯を食べる場合、
「卵かけご飯」にしたり「目玉焼き」をおかずにするよりもわずかにカロリーは高くなります。

こうしてみると特別高カロリーということはありませんが、
それなりのカロリーにはなるのが分かりますね。

ご飯とのカロリー比較

続いてご飯とカロリーを比較してみましょう。

納豆とご飯のカロリー比較

ご飯1膳は270Kcalなので、
納豆3パック弱(135g)程度に相当します。

ダイエット中でもおすすめ

納豆のカロリーについて見ていきましたが、
納豆は決して低カロリーとは言えません。

しかしそれでも、ダイエット中に積極的に食べるべき理由が大きくわけて3つあります。

  1. 食欲を抑える効果がある
  2. カロリー計算が楽
  3. ダイエット中に不足しがちな栄養素が補える

【納豆がおすすめの理由1】食欲を抑える効果がある

食欲

大豆食品全般にいえることですが、
大豆は消化吸収が緩やかなので腹持ちが良いという特性があります。

プロテインにおいても牛乳由来の“ホエイプロテイン”“カゼインプロテイン”より、
大豆由来の“ソイプロテイン”がダイエット向けなのはそのためです。

詳細:プロテインの種類(ホエイ・カゼイン・ソイ)効果の違い

大豆に含まれる水溶性食物繊維は、
腸内で水を含んで膨らむため食欲を抑える働きがあります。

また、大豆食品全般に含まれる“大豆サポニン”は、
腸内で栄養を吸収する働きをもつ“絨毛(じゅうもう)”を収縮させます。

これにより栄養の吸収を緩やかにし、腹持ちを良くする効果があるのです。

【納豆がおすすめの理由2】カロリー計算が楽

計算

ダイエットにおいて地味に面倒くさいのがカロリー計算です。

どの食品が何キロカロリーでどれくらいの量を食べたのか、
大まかでも調べて記録するのがダイエットにおいて理想的です。

納豆の場合1パック100Kcalというのがすぐに記録できるので、
何気にこの点は重宝します。

【納豆がおすすめの理由3】ダイエット中に不足しがちな栄養素が補える

そして、納豆をダイエット中に食べるべき1番の理由がこれです。

極論を言えばどんなものを食べたとしても、1つの食品しか食べなくても、
摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せることができます。

しかし、ダイエットで難しいのが栄養バランスです。

摂取カロリーを抑えれば重要な栄養素が摂取できず、
健康を害したり、肌や髪質が悪化したり、日常生活に支障が出たり、
様々な問題が生じます。

ダイエット中にはたんぱく質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなど、
色々不足しがちな栄養素があります。

納豆はこれらの栄養素を幅広くカバーできる食品なのです。

もちろん納豆1パックだけでこれらが必要量まで摂取できるというわけではありませんが、
たんぱく質、食物繊維、ビタミンB群、鉄分、カルシウムと、特に不足しやすい栄養素を補える優秀な食品なのです。

詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
納豆1パックのカロリー・栄養|健康や美容にどんな効果・効能があるのか? 納豆といえば、日本の朝食においては定番中の定番とも言えるおかずのひとつ。 何より栄養価が高く健康や美容面においてとても重宝する食品...

あとがき

以上、納豆のカロリーと納豆をダイエット中に重宝する理由についてでした。

ただ、納豆はダイエット中に食べるのをおすすめしましたが、
納豆を食べたからと言って痩せるわけではありません。

痩せるためには消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らすしか方法はありませんからね。

ちなみに納豆の効果的な食べ方についても解説しているので、
ぜひこちらもご覧ください。

あわせて読みたい
納豆
納豆の効果を倍増する食べ方&食べ過ぎ等の副作用や注意点! 納豆は大豆食品の中でも高い栄養価を誇り、健康や美容においてとても重宝する食品です。 しかしそんな納豆も、食べ方によっては栄養価を減...
著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。
スポンサードリンク