食品・食材

枝豆1さや/1皿のカロリー・栄養|ダイエット中の居酒屋のメニューにおすすめ!

枝豆 gのカロリー・栄養

枝豆1さやの可食部

枝豆1皿分の可食部

カロリー: {{cal}}Kcal

↓他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...

今回は上記のデータを元に枝豆のカロリーや栄養について詳しく解説していきます。

枝豆のカロリー

まずは枝豆のカロリーについて見ていきましょう。

枝豆の1さや/1皿当たりのカロリー

枝豆の1さやのカロリー、居酒屋などで出てくる1皿分のカロリーは以下のとおりです。

枝豆1さや、1皿分のカロリー
  • 枝豆1さや(可食部2g):3Kcal
  • 枝豆1皿(可食部80g):108Kcal

当然お店によって1皿分の量が異なるのでカロリーは前後しますが、
大体80Kcal~150Kcalといったところですね。

ただこれだけだとピンとこないと思うので、
他のビールのおつまみとして定番の居酒屋メニューとカロリーを比較してみましょう。

他のおつまみとカロリー比較

ビールのおつまみとして定番のメニューのカロリーを比較すると次のようになります。

居酒屋のおつまみメニューのカロリー
  • たこわさ1皿(70g):40Kcal
  • 焼き鳥鶏もも肉1本(50g):99Kcal
  • 枝豆1皿(可食部80g):108Kcal
  • 軟骨の唐揚げ(140g):200Kcal
  • フライドポテト1皿(170g):400Kcal

枝豆はそれなりにカロリーはありますが、
揚げ物よりは当然低カロリーです。

また、食べるのに時間がかかり、そこまで量は食べれないことを考えると、
他のメニューを食べるよりもカロリーは低くなるでしょう。

枝豆の栄養

続いて枝豆の栄養について解説していきます。

枝豆は大豆を成熟させる前の状態を指すので、
栄養成分は大豆に非常に似ています。

詳細:枝豆と大豆は同じもの?それとも別物?栄養成分の違いについて解説

大豆食品と言えば納豆や豆乳など、
栄養豊富で体に良いというイメージが有るかと思いますが、
枝豆も同様です。

大豆と比べるとさらにビタミンC、ビタミンK、葉酸などが多く含まれています。

枝豆の特に豊富な栄養素としては以下のものが代表的です。

  • たんぱく質:三大栄養素の一つ。体の大部分を構成する成分で、全身の美容や健康、筋肉に関わる栄養素
  • ビタミンK:血液凝固や骨の代謝に関わるビタミン
  • ビタミンB1:エネルギー代謝や神経機能に関わるためビタミン
  • ビタミンC:抗酸化作用やコラーゲンの合成に関わるビタミン
  • 葉酸:血液内の赤血球の生成や細胞の再生に関わるビタミン
  • カリウム:塩分(ナトリウム)の排出に関わるミネラル
  • 鉄:赤血球をつくっているヘモグロビンの成分となる
  • 食物繊維:便秘改善やコレステロールの排出、血糖値の抑制などの働きがある

現代人の食生活に不足しがちなビタミン(ビタミンB群)・ミネラル(特に鉄分)・食物繊維、
これらを多く摂取できる優秀な食品です。

ダイエット中に居酒屋に行くなら枝豆がおすすめ

居酒屋と言えばお酒や油っこい料理など太るメニューが多いですが、
ダイエット中でも付き合いでどうしても居酒屋に行かないといけない場面もあると思います。

そんな時におつまみとして枝豆はおすすめです。

理由は2つあります。

【枝豆がおすすめの理由1】カロリーが抑えられる

枝豆のカロリーについては前述しましたが、
枝豆は他の居酒屋メニューと比べるとカロリーは低くなります。

1皿あたりの料理で考えると枝豆よりも低カロリーのメニューはありますが、
枝豆の場合は食べるのに時間がかかるためそこまでカロリーが高くなることはありません。

冷めて美味しくなくなる料理でもないのでゆっくり食べることができますし、
間を持たせるためのメニューとしても最適です。

手持ち無沙汰で無意識に料理をつついてしまうというのが一番カロリーの原因となりますからね。

また、枝豆に含まれるサポニンや食物繊維は食欲を抑える働きがあるので、
これもカロリーを抑えることができる要因のひとつです。

【枝豆がおすすめの理由2】ダイエット中に摂りたい栄養素が補える

そして枝豆をおすすめするもう一つの理由は、枝豆の栄養にあります。

ダイエットはカロリー管理さえできれば痩せるのでそれ自体は難しくなくても、
栄養をバランス良く摂るのはとても大変です。

食事を制限すれば摂取する栄養素が減るので、
何も考えずにカロリーを減らすだけだと健康や美容を害してしまいますからね。

特にダイエット中はたんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維が不足しがちです。

なので、これらを幅広く補える枝豆のような食品はダイエット中はとても重宝するのです。

枝豆自体は食べたからと言ってそれが直接ダイエットに繋がるわけではありませんが、
ダイエット中の健康や美容の維持に役立つ食品であるのは間違いありません。

あとがき

以上、枝豆のカロリーや栄養について詳しく説明していきました。

ビールのお供というイメージがある枝豆ですが、
栄養成分は非常に優秀な食品です。

ダイエット中でなくても健康や美容に気を使っているのなら、
積極的に枝豆を食べると良いでしょう。

ちなみに、大豆食品のカロリーや栄養についても詳しくまとめているので、
ぜひこちらもご覧ください。

あわせて読みたい
納豆1パックのカロリー・栄養|健康や美容にどんな効果・効能があるのか? 納豆といえば、日本の朝食においては定番中の定番とも言えるおかずのひとつ。 何より栄養価が高く健康や美容面においてとても重宝する食品...
あわせて読みたい
「豆乳」の健康・美容効果&副作用|生理前の飲みすぎに要注意! 豆乳は良質なたんぱく質や豊富なビタミン・ミネラルのため、健康や美容に効果的とよく言われます。 しかし具体的にどういう成分がどういう...
あわせて読みたい
豆腐の栄養・効果|具体的にどんな健康・美容効果があるのか? 豆腐に関する記事です。 豆腐の栄養、カロリー、豆腐を食べることによって得られる効果をダイエット効果・健康効果・美容効果についてそ...
著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。
スポンサードリンク