食品・食材

コロッケのカロリー一覧&ダイエットにオススメのレシピをご紹介

揚げ物料理の中でも「コロッケ」は人気の料理ですが、炭水化物のジャガイモや油を使うため高カロリーになりがちです。

今回は具体的にどれくらいのカロリーなのか、コンビニで売られているコロッケのカロリーや冷凍食品のコロッケのカロリーについてまとめました。

また、ダイエット中に食べれる低カロリーなコロッケについても紹介しているので、是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

コロッケのカロリー

まずは各種コロッケのカロリーについて見ていきましょう。

コロッケの種類ごとのカロリー

代表的なコロッケのカロリーは以下の通りです。

  • ポテトコロッケ1個(100g):185Kcal
  • クリームコロッケ1個(100g):203Kcal
  • メンチカツ1個(135g):268Kcal

コロッケの種類やサイズによって変わりますが、
一般的なサイズで家で作るコロッケは大体150Kcal~300Kcalといったところです。

これらのコロッケの具材の中でカロリーのもとになるものをまとめると以下の通り。

  • サラダ油(7g):64Kcal
  • 生クリーム(10g):43Kcal
  • 牛乳(41g):29Kcal
  • じゃがいも(50g):37Kcal
  • 牛ひき肉(15g~50g):34Kcal~112Kcal
  • パン粉(4g~8g):15Kcal~30Kcal
  • ソース(15g):20Kcal
  • 卵(13g):20Kcal

どのコロッケにも共通して言えることが、
油によるカロリーが大きいということですね。

あとはメインの具材である肉やジャガイモ、クリームなどは
どれも炭水化物や脂質が多いためカロリーのもとになります。

コンビニのコロッケのカロリー

続いて大手三社のコンビニのコロッケのカロリーについて見ていきましょう。

  • セブンイレブン
    • サクッとメンチ:251Kcal
    • ミンチカツ:237Kcal
  • ローソン
    • ポテトコロッケ(牛肉入り):226Kcal
    • 枝豆とコーンのポテトサラダコロッケ:225Kcal
    • 北海道産特濃チーズのゲンコツメンチ:315Kcal
    • 牛肉たっぷりのげんこつコロッケ:311Kcal
    • すき焼きげんこつコロッケ:318Kcal
    • ゲンコツメンチ:295Kcal
  • ファミリーマート
    • ファミコロ(牛肉コロッケ):245Kcal
    • キャベツメンチカツ:314Kcal
    • チーズ入りコロッケ:338Kcal
    • 北海道産じゃがバタコロッケ:224Kcal
    • 北海道産ポテトコロッケ:256Kcal
    • 北海道産ジャガイモのおかずコロッケ:255Kcal

カロリーが低いもので200Kcal強
カロリーが高いものだと350Kcal程になります。

冷凍食品のコロッケのカロリー

続いて冷凍食品のコロッケのカロリーについて見ていきましょう。

どれもお弁当用のため1個あたりのサイズが小さいためその分カロリーは低くなります。

  • ニチレイ 衣がサクサク牛肉コロッケ1個(30g):100Kcal
  • マルハニチロ つぶつぶコーンクリームコロッケ1個(22g):54Kcal
  • マルハニチロ 呉海軍肉じゃがカレーコロッケ1個(22g):77Kcal
  • テーブルマーク 北海道栗かぼちゃコロッケ1個(28g):82Kcal
  • ニッスイ コーンクリームコロッケ1個(23g):62Kcal
  • ニッスイ かにクリームコロッケ1個(23g):62Kcal

大体お弁当サイズの冷凍食品のコロッケは1個当たり20g~30gで、
50Kcal~100Kcalとなります。

自宅で作るコロッケのカロリーを抑える方法

続いて市販のコロッケではなく家でコロッケを作る際、
そのカロリーを抑える方法をご紹介します。

【コロッケのカロリーを抑える方法1】衣の量を少なくする

コロッケのカロリーの一番の原因は油ですが、
コロッケの油は衣の量に伴って吸収される量も増えます。

衣が多いとサクサクとした食感をより味わうことができますが、
カロリーを気にするなら衣は付けすぎないようにしましょう。

【コロッケのカロリーを抑える方法2】油を使わない

油がカロリーの原因になるので、
油を使わないだけでカロリーを大幅に減らすことができます。

オーブンを使えば油で揚げずにコロッケができ、
カロリーダウンだけではなく手間もかからず簡単という利点もあるのでおすすめです。

また、コロッケの具材を丸めずグラタンのようにお皿に敷き詰めてオーブンで焼く、
「スコップコロッケ」という料理も油を使わないのでおすすめです。

ダイエットにオススメのコロッケのレシピ

最後に、ダイエットにオススメの低カロリーなコロッケのレシピをご紹介します。

1.✤かぼちゃコロッケ✤具なしで簡単♪

■材料

  • かぼちゃ
  • コンソメ(顆粒)
  • ケチャップ
  • ウスターソース
  • 塩・胡椒
  • 小麦粉
  • パン粉

詳しいレシピはこちら[クックパッド]

かぼちゃは炭水化物が豊富ですが、
重要な栄養素が豊富なのでダイエット中でも積極的に食べたい食材です。

あわせて読みたい
かぼちゃ1食分のカロリー・栄養|ダイエット中の効果的な食べ方について かぼちゃ ...

2.ヘルシー!豆腐でかにかまクリームコロッケ

■材料

  • 絹こし豆腐
  • かにかま
  • 小麦粉
  • マヨネーズ
  • コンソメ(粒状)
  • こしょう
  • パン粉
  • オリーブオイル

詳しいレシピはこちら[クックパッド]

豆腐は大豆食品のため、
低カロリーでありながらタンパク質をはじめとする健康や美容に関する栄養素が豊富な食材です。

こちらもダイエット中には積極的に食べたい食材です。

あわせて読みたい
豆腐の栄養・効果|具体的にどんな健康・美容効果があるのか? 豆腐に関する記事です。 豆腐の栄養、カロリー、豆腐を食べることによって得られる効果をダイエット効果・健康効果・美容効果についてそ...

3.レンジで簡単☆基本のスコップコロッケ。

■材料

  • じゃがいも
  • 挽肉
  • 玉ねぎ
  • 醤油
  • 砂糖
  • 中濃ソース
  • パン粉
  • 牛乳

詳しいレシピはこちら[クックパッド]

4.おからで簡単絶品☆カニクリームコロッケ風

■材料

  • おから
  • 片栗粉
  • 玉ねぎ
  • 牛乳
  • ピザ用チーズ
  • カニカマ
  • コンソメ
  • バター(マーガリン)
  • パン粉
  • オリーブ油
  • 塩コショウ

詳しいレシピはこちら[クックパッド]

あとがき

以上、各種コロッケのカロリーや自宅でコロッケを作る際にカロリーを抑える方法についてでした。

コロッケに限らず揚げ物は例外なく油で高カロリーになってしまうので、
ダイエット中には極力控えるか、もしくは油を抑えて調理をする必要があります。

ちなみに同じ揚げ物である唐揚げについても
カロリーの詳細やカロリーを抑える方法をまとめたので、ぜひこちらもご覧ください。

あわせて読みたい
唐揚げの部位ごとのカロリー【胸・もも・手羽先・手羽元】&カロリーを抑える作り方 鶏肉と言えば牛や豚と比べて脂質が少なくヘルシーなのに、たんぱく質においては他の肉に遜色はないので、ダイエットによく利用されます。 し...
スポンサードリンク