食品・食材

砂糖の小さじ・大さじの重さとカロリー&種類ごとの用途とカロリー

料理やお菓子、飲み物など、私達が口にする様々なものには“砂糖”が使われています。

糖分の塊なのでカロリーの元にもなりダイエットの妨げにもなりますが、実際にどれくらいのカロリーなのか気になる人も多いと思います。

また、砂糖といっても様々な種類があるのですが、各種砂糖の違いや特徴、カロリーについてもまとめました。

一般的な砂糖(上白糖)のカロリー

砂糖には色んな種類があり、
コーヒーに入れるのはグラニュー糖、果実酒に使うのは白ザラ糖といったように、
用途によって使い分けます。

その中でも日本で最も一般的に使われており、
多くの人が「砂糖」と言われて連想するのが“上白糖”です。

まずは上白糖のカロリーについて見ていきましょう。

上白糖の小さじ・大さじのカロリー

上白糖の小さじ1・大さじ1あたりの重量とカロリーは以下の通り。

  • 上白糖小さじ1:3g(12Kcal)
  • 上白糖大さじ1:9g(35Kcal)

上白糖はビタミンやミネラルなどをほぼ含まず、
成分の99%以上が炭水化物(糖質)です。

そして炭水化物は1gあたり4Kcalに換算されるので、
上白糖は大体『重量×4』がカロリーになります。

上白糖とご飯のカロリー比較

続いて、上白糖をご飯のカロリーとくらべてみましょう。

ご飯1膳(160g)で270Kcalなので、
上白糖大さじ7.5(67.5g)がこれに相当します。

砂糖の種類ごとの用途・カロリー

続いて、代表的な砂糖の種類ごとの用途やカロリーについてです。

種類 重量/単位 カロリー 特徴 用途
上白糖 9g/大さじ1 35Kcal 最も一般的な砂糖 料理・お菓子・飲み物
グラニュー糖 12g/大さじ1 46Kcal さらさらしており、高純度でクセがない コーヒ・紅茶・お菓子
三温糖 9g/大さじ1 34Kcal 黄褐色で上白糖よりは純度が低く、独特のコクが特徴 佃煮・煮物・お菓子
白ザラ糖 15g/大さじ1 58Kcal 大きな結晶の砂糖、通称「ザラメ」 梅酒・果実酒・飴・ゼリー・綿菓子
中ザラ糖 15g/大さじ1 58Kcal 黄褐色で純度が高く、照りやコクを出す・白ザラ糖にカラメル成分を加えたもの 煮物・漬物・綿菓子・カステラ
氷砂糖 4g/1個 15Kcal グラニュー糖を溶かして結晶化したもの 梅酒・果実酒・非常食
角砂糖 5g/1個 19Kcal グラニュー糖を立方体に固めたもの。量の把握が容易 コーヒ・紅茶・料理
粉砂糖 7g/大さじ1 27Kcal グラニュー糖を粉末状にしたもの。固化防止剤を含むため固まりにくい お菓子・ケーキのデコレーション
黒砂糖 9g/大さじ1 32Kcal サトウキビを原料にした黒褐色の砂糖。ミネラルを含む 黒蜜・煮物・漬け物・果実酒

これらは原料や形状が異なりますが、
大体どれも糖質がほとんどでビタミンやミネラルはあまり含みません。

しかし、例外的に黒砂糖だけはビタミン・ミネラルを少しだけ含みます。

他の甘味料とのカロリー比較

最後に他の液体の甘味料と砂糖のカロリーについて見ていきましょう。

種類 大さじ1 カロリー/大さじ1 カロリー/100g
上白糖 9g 35Kcal 384Kcal
はちみつ 21g 62Kcal 294Kcal
メープルシロップ 21g 54Kcal 257Kcal
水飴 21g 69Kcal 328Kcal
ガムシロップ 21g 57Kcal 277Kcal

このように砂糖よりも液体の甘味料の方が低カロリーですが、
水分が0の砂糖に対して液体甘味料は水分を含むことを考えればこれは当然です。

ただ、液体甘味料の方が一般的に甘みが強く、
特に蜂蜜は果糖を含むため比較的血糖値が上がりにくい(低GI)というメリットもあります。

砂糖の代わりに蜂蜜を代用するのはダイエットに良いというだけでなく、
蜂蜜は色んな効能を持つのでおすすめです。

あわせて読みたい
蜂蜜の小さじ/大さじのカロリー・糖質|太るorダイエットに効果的? 蜂蜜のカロリーや効果・効能に関する記事です。 蜂蜜はダイエットに効果的とよく言われていますが、その真偽や、どれくらの効果が見込...
著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。
スポンサードリンク