食べ順爆発ダイエットの方法 ドカ食いしても太らない!?

Facebook alt 13 Facebook alt 10 6 0
この記事が読まれるのは
216,922回目です。

食事

『食べ順爆発ダイエット』またの名を『食べる順番ダイエット』の記事です。

食事の量を制限せずに無理なく痩せられるこのダイエット方法の、詳しい方法についてお教えしていきます。

スポンサードリンク

食べ順爆発ダイエットの方法

食べ順爆発ダイエットは、
食事の食べる順番を制限する『食べ順』と、
定期的に炭水化物をたくさん摂取する『爆発』

この二つの手順からなるダイエットです。

というより、2つの効果的なダイエットを組み合わせた手法といった感じですね。

それでは、順番に見ていきましょう。

食べる順番

食べる順番は、

  1. 食物繊維、発酵食品
  2. タンパク質
  3. 炭水化物

1品を完食してから、次の食品に移ります。

食物繊維、発酵食品

■まず、食物繊維の食品を完食します

サラダ

サラダ等、食物繊維を最初に摂取することで、
後から食べる炭水化物を食べた時の血糖値上昇を抑えることができます。

血糖値が上がると、
それを抑えようとインスリンが分泌され、
このインスリンが原因で体脂肪が燃焼されにくく、
摂取した糖が体に蓄えられやすくなってしまいます。

また、インスリンの分泌により、
高血糖の反動で逆に低血糖になり、
脳がご飯を食べないといけないと錯覚します。

つまり、血糖値の上昇を抑える理由として、以下の2つがあるのです。

・摂取した炭水化物を脂肪に変えにくくする
・食欲の適正化

さらに、血糖値の増加は他にも体に悪影響を引き起こすのです。

『難消化性デキストリン』の記事で、
このメカニズムについては少し詳しく書いています。

商品の詳細
⇒難消化性デキストリンの記事を見る

もし食物繊維を摂取できない時は、
野菜ジュースを飲用することをおすすめします。

■続いて発酵食品を完食します

味噌汁

キムチ、納豆、味噌汁、ヨーグルト、ぬか漬け。

こういった発酵食品には、
脂肪の合成を抑えてくれます。

また、食べる順番にはそこまで関係ないかもしれませんが、
発酵食品には、整腸作用・代謝改善という純粋にダイエット効果も期待できます。

特に味噌汁などの汁物は、
水分でお腹が落ち着くので効果的です。

タンパク質

タンパク質の中でも、

  1. 植物性タンパク質(豆腐等の豆類など)
  2. 動物性タンパク質(肉・魚など)

この順番で完食します。

肉

お肉、魚などのたんぱく質のおかずと一緒にごはんを食べるのが、
一般的でしょう。

しかし、この食べ方は、
米の炭水化物が、おかずのたんぱく質を取り込んで、
脂肪になりやすいのです。

炭水化物

炭水化物

最後にごはん・麺などの炭水化物を食べます。

炭水化物だけの食事という味気なさに加え、
これまでの食事で大分お腹も落ち着いてきているので、
食欲は抑えられます。

しかし、炭水化物は太る原因といえど、
一日のエネルギー源であるだけではなく、
代謝を上げてくれる効果もあります。

炭水化物ダイエットなどという、
炭水化物をカットするダイエットなどが一時期話題になりましたが、
非合理的なので、炭水化物の摂取は欠かすことのないようにしましょう!

爆発の日

爆弾

以上の食べる順番を制約するだけで、
体重は減少してきますが、急に停滞期が訪れます。

その時期が、炭水化物をドカ食いする『爆発の日』の目安です。

ドカ食いをすると、その日はそれだけ体重が増えますが、
直ぐにそれ以上の体重の減少、停滞期を乗り越えることができます。

爆発の日のルール

『爆発の日』にはルールがいくつかあります。

■体脂肪の条件

・男性:体脂肪25%以下
・女性:体脂肪28%以下

ある程度痩せていないと、
実行しても意味がありません。

■摂取カロリー

摂取カロリーの目安として、
体重[kg]×45kcal

例)
体重50kg→2250kcal
体重60kg→2700kcal
体重70kg→3150kcal
体重80kg→3600kcal

■翌日の食事

『爆発の日』の翌日の食事は、炭水化物を“完全に”抜きます。

ポイントは、爆発の日の前後のメリハリです。

■『爆発の日』の間隔

3週間程度の間隔

停滞期は大体3週間程度の間隔でおとずれますが、
日々体重計をチェックして、体重が落ちにくくなると行いましょう。

爆発の日の目的

一見、炭水化物をドカ食いすることで太りそうですが、
ただのストレス発散のために『爆発の日』を設けているわけではありません。

ちゃんと理に適った理由があるのです。

■レプチンの分泌

食べる順番ダイエットによって、
糖や脂質の吸収率低下に伴い、エネルギーの摂取が抑えられると、
代謝を促進してくれる“レプチン”という物質の分泌が減少します。

これが急に痩せにくくなる停滞期が訪れる原因です。

この時、炭水化物を一気に摂取することで、
レプチンが急増して、代謝が増えます。

■モチベーションの維持にも

もちろん、ストレス発散、
ドカ食い後の面白い程の体重減少によるやる気の向上など、
精神的な目的も見込めます。

注意事項

食べる順番ダイエットで、
「これって食べていいの?」
「これはいつ食べたらいいの?」
という食品がいくつかあると思います。

なので、そういった疑問が上がりそうな食品のうち、
食べるのを控えたほうがいいもの、
食べても大丈夫なものを挙げます。

食べても大丈夫

・果物(食物繊維-1番目)
・ラーメン(野菜→肉→炭水化物という順番)
・おやつ・スイーツ(食後ではなく、おやつの時間に)
・お寿司・丼(具→ごはん)
・アルコール・お酒

食べたらダメ

・カレー
・チャーハン
・ピラフ
・ふりかけ
・ドレッシング(控えめに)

基本、栄養素を単体で摂取するのが目的なので、
それが難しい食品は食べれません。

あとがき

以上、食べ順爆発ダイエットの方法に関する手順でした。

また、『食べ順爆発ダイエット』を実践した人の口コミや効果をまとめました。

食事
食べ順爆発ダイエットの効果・口コミ・体験談まとめ

今回の記事でこのダイエットに興味がわいたなら、
是非ご覧下さい!

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク