【動画】自宅で簡単に作れて増やせる!カスピ海ヨーグルトの作り方

Facebook alt 10 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
54,120回目です。

自宅でヨーグルトが作れて、しかも大量に増やすことが出来ることをご存知でしょうか?

フジッコで販売されているカスピ海ヨーグルトの粉末種菌を使うことで牛乳から簡単にヨーグルトを作れるのです。

今回、カスピ海ヨーグルトを自宅で作る方法や注意点などを動画とともにまとめたので、是非この機会に自宅でヨーグルト作りをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

自宅でヨーグルトが作れて、大量に増やすことが出来る!?

フジッコから販売されているカスピ海ヨーグルトの種菌を使うことで、
牛乳からヨーグルトを作ることが出来ます。

さらに、完成したヨーグルトを使うことで、
再び牛乳をヨーグルトにすることも可能です。

つまり、牛乳さえ買ってくればいくらでもヨーグルトを増やし続けることが出来るのです!

まぁ、実際には乳酸菌が次第に弱くなっていくので、
何十回も繰り返し使えるというわけではないんですけどね。

それでも一ヶ月以上は増やし続けることが出来ます。

それが可能なのが、フジッコのカスピ海ヨーグルトです。

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌

とても経済的ですし、
簡単かつ楽しく作ることができるので、非常にお勧めです。

是非お試し下さい。

カスピ海ヨーグルトの作り方

ではカスピ海ヨーグルトを作る際の必要な道具、手順、注意点についてです。

説明とともに、実際に私が作った際に動画も撮影したので載せておきます。
拙い動画ですが参考になれば嬉しいです。

必要な材料・道具

必要な道具や材料は以下の通り。

  • カスピ海ヨーグルトの粉末種菌
  • 未開封の牛乳(500ml)
  • 清潔なスプーン※使い捨ての新しいスプーンや熱湯消毒したスプーン

カスピ海ヨーグルトを作る手順

動画解説

粉末種菌から作る

  1. 牛乳パックの口を開ける

  2. 牛乳に粉末種菌を入れる
  3. ダマがなくなるまでスプーンでかき混ぜる
  4. パックの口をしっかり密閉する
  5. 常温(20~30℃)で固まるまで放置する
    ※24時間~72時間かかり、室温が低いと乳酸菌が繁殖しにくいため固まりにくい

  6. 固まったのが確認できたらすぐに冷蔵庫で保存する
  7. まだヨーグルトを増やす場合は、早めに下の手順を行う

ちなみに私の場合、冬の寒い時期に作ったので、
暖房をつけていましたが固まるのに1日半(36時間)程度かかりました。

完成したカスピ海ヨーグルトから作る

  1. 未開封の牛乳パックの口を開け、中の牛乳の量を少し減らす
    ※密閉した時に溢れるのを防ぐため

  2. 完成したヨーグルトの真ん中あたりをスプーンで3~4杯すくい、牛乳の量の1割~2割程度を牛乳に加える※完成したヨーグルトの表面は菌があまり無いので、表面は避けてすくう
  3. よくかき混ぜる
  4. パックの口をしっかり密閉する※洗濯バサミやクリップを使うのがおすすめ
  5. 常温(20~30℃)で固まるまで放置する
    ※ヨーグルトから作る場合は粉末の時と比べ半分程度の時間で完成する

  6. ヨーグルトが固まったら冷蔵庫で保存する
  7. まだヨーグルトを増やす場合は1からこの手順を繰り返す

私の場合、「冬+暖房」で、
ヨーグルトが固まるのに12時間くらいかかりました。

カスピ海ヨーグルトを作る上での注意点・Q&A

牛乳の種類について

ヨーグルト作りに適している牛乳の種類についてです。

  • 成分無調整牛乳:◎適している
  • ジャージー牛乳・濃厚牛乳:◎適している
  • 低脂肪・無脂肪牛乳:○ホエー(透明な乳清)が多くなることがあるが、作ることは出来る
  • 低温殺菌牛乳:△種類にもよるが、作れないことがある
  • 栄養強化牛乳:△固まらなかったりホエーが多くなることがある
  • フルーツ牛乳・コーヒー牛乳:×作れない

ヨーグルトを作る容器について

牛乳パックではなく“ビン”で作ることもできますが、
その場合はしっかり熱湯消毒し、放置するときは蓋でしっかり密閉しましょう。

パックのまま作る方が雑菌の心配もなく手間がかからないのでおすすめです。

容器を放置する際の注意

室温放置する際は雑菌が入らないように密閉する必要があります。

口が空いたままにしたり、密閉にティッシュを使ったりすると
中に雑菌が入って乳酸菌が弱まることがあるので注意しましょう。

牛乳パックの場合は開け口だけの開封だけだったら道具を使わずに密閉できますが、
上を全開にしたなら洗濯バサミやクリップで密閉するのが望ましいです。

市販のカスピ海ヨーグルトを使うことは出来ないのか?

市販のヨーグルトでは、
外部の温度変化や衝撃により菌が弱っています。

フジッコは公式サイトでは、
必ず市販のヨーグルトではなく粉末種菌を使うことを注意書きしています。

いつまで増やすことが出来るのか?

繰り返しヨーグルトを作っていっているうちに、
菌が弱くなり粘りも無くなってきます。

少なくとも3ヶ月経ったら新しい種菌から作り直すことが推奨されています。

あとがき

以上、カスピ海ヨーグルトの作り方についてでした。

ちなみに、カスピ海ヨーグルトの種菌の購入はこちらです。
カスピ海ヨーグルト手作り用種菌

今回カスピ海ヨーグルトを実際に作ってみましたが、
市販されているものとは全く遜色なく味も食感も良かったです。

特にカスピ海ヨーグルトならではの粘りがとても癖になりますね。

しばらくはカスピ海ヨーグルト作りにはまりそうです^^

また、カスピ海ヨーグルトに限らずヨーグルトは、
健康や美容によくダイエットにも効果的とよく言われています。

果たしてこれは事実なのでしょうか?

このことについて、以前、
ヨーグルトのカロリーや栄養成分から検証してまとめました。

是非こちらもご覧ください。

低カロリーで栄養豊富!?ヨーグルトダイエットについて

ヨーグルトの記事一覧

1.ヨーグルトのカロリー&ダイエット法
2.ヨーグルトの健康・美容効果
3.ヨーグルトの種類による違い(乳酸菌)
4.カスピ海ヨーグルトの作り方←今ここ

スポンサードリンク