食品・食材

スイカのカロリー・栄養|果物の中でもダイエット中におすすめ!

スイカ gのカロリー・栄養

スイカ扇形カット1個の可食部

スイカ1/8の可食部

スイカ1/4個の可食部

スイカ1個の可食部

カロリー: {{cal}}Kcal

↓他の果物についてはこちら

あわせて読みたい
果物40種のカロリー・栄養一覧表(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 果物はお菓子や食後のデザートに食べられる食品ですが、甘い生クリームやアイスクリームなどと比べるとヘルシーで健康的なイメージがあるかと思...

スポンサードリンク

スイカのカロリー

まずはスイカのカロリーについて見ていきましょう。

スイカのサイズごとのカロリー

スイカの各サイズごとの大まかなカロリーは次のとおりです。

  • スイカ1玉(可食部1800g):666Kcal
  • スイカ1/4カット(可食部450g):167Kcal
  • スイカ1/8カット(可食部225g):83Kcal
  • スイカ扇形カット(可食部120g~200g):45~75Kcal

それぞれのカロリーは元のスイカの大きさによって異なりますが、
これは約3Kg、廃棄率40%のスイカが基準です。

ちなみにスイカ1玉のカロリーは牛丼並盛りに相当します。

そう考えるとスイカはとてもカロリーが低い果物だというのが分かると思います。

他の果物とのカロリー比較

他の果物と100gあたりのカロリーを比較すると次のようになります。

  • スイカ100g:37Kcal
  • みかん100g:45Kcal
  • りんご100g:54Kcal
  • バナナ100g:86Kcal

果物の中でもスイカは水分率が89%と高いため、
重量あたりのカロリーは低いのです。

スイカの栄養

続いてスイカの栄養について見ていきましょう。

スイカは他の果物と同様ビタミンやミネラルが豊富ですが、
特に豊富な栄養素やスイカ特有の栄養成分を挙げると以下の通りです。

  • ビタミンA:発育の促進、肌の健康維持、視覚の暗順応、喉や鼻の粘膜保護などの作用がある
  • ビタミンB6:エネルギー生産や筋肉・血液の生成時に働いており、皮膚や粘膜の健康維持の作用がある。たんぱく質摂取量が多いほど必要量が増える
  • ビタミンC:抗酸化作用やコラーゲンの合成に関わるビタミン
  • カリウム:塩分(ナトリウム)の排出に関わるミネラル
  • シトルリン:スイカから最初に発見されたアミノ酸の一種。精力アップや疲労回復、むくみ改善など健康や美容に幅広い効果がある

このように、ビタミンやミネラルが幅広く補給できるため、
健康や美容にいい食べ物といえるでしょう。

果物は全般的にビタミンやミネラル補給に適していますが、
特にスイカは低カロリーなのでダイエット中におすすめです。

また、特にスイカは疲労回復効果があり夏バテ防止に期待できるので、
旬である夏にはもってこいの果物です。

あとがき

以上、スイカのカロリーと栄養についてでした。

サイズごとのカロリーや他の果物とのカロリー比較について見ていきましたが、
カロリーの低さは想像以上だったのではないでしょうか。

健康や美容にもいいので、
夏はお菓子やデザートの代わりにスイカを食べるだけでもだいぶ健康的にダイエットができます。

ちなみに他の果物についても詳しくまとめているのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい
果物40種のカロリー・栄養一覧表(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 果物はお菓子や食後のデザートに食べられる食品ですが、甘い生クリームやアイスクリームなどと比べるとヘルシーで健康的なイメージがあるかと思...
スポンサードリンク