食品・食材

ゴーヤ1本/1食分のカロリー・栄養|実は他の野菜と比べて栄養は少なかった!

ゴーヤ gのカロリー・栄養

ゴーヤ炒め1食分の使用量

ゴーヤ1本分の可食部

カロリー: {{cal}}Kcal

↓他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...

今回は上記のデータを元にのカロリーや栄養について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

ゴーヤのカロリー

まずはゴーヤのカロリーについて見ていきましょう。

ゴーヤ1本のカロリー

  • ゴーヤ1本(250g):43Kcal

ゴーヤは水分率が93%で野菜の中でも高い方です。

そのため、カロリーとなる栄養成分も少なく、
低カロリーな食材であるといえます。

また、ゴーヤ料理1食分で使うゴーヤは多くても50~60g(10Kcal前後)なので、
ゴーヤがカロリーの元になることはほぼありません。

ゴーヤ料理のカロリー

続いて、ゴーヤ料理のカロリーについて見ていきます。

代表的なゴーヤ料理のカロリーとそれぞれの料理に使うゴーヤのカロリーについてまとめました。

  • ゴーヤの天ぷら1個(7.3g):8Kcal
    • ゴーヤ(6g):2Kcal
  • ゴーヤのおひたし1皿(75.6g):29Kcal
    • ゴーヤ(63g):11Kcal
  • ゴーヤサラダ1皿(74.4g):74Kcal
    • ゴーヤ(50g):9Kcal
  • ゴーヤチャンプルー1皿(162g):235Kcal
    • ゴーヤ(50g):9Kcal

ゴーヤの栄養

続いてゴーヤの栄養について見ていきます。

ゴーヤは苦くて癖がある分、
栄養が豊富であると思われている節があります。

しかし、ゴーヤ料理1食分に使う50g前後のゴーヤではそこまで栄養素は期待できません。

強いてあげるなら『ビタミンK』『ビタミンC』『葉酸』だけは豊富です。

参考:ゴーヤ – カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism

  • ビタミンK:血液凝固や骨の代謝に関わる
  • ビタミンC:抗酸化作用やコラーゲンの合成に関わるビタミン
  • 葉酸:血液内の赤血球の生成や細胞の再生に関わるビタミン

しかしこれらの栄養素も、
ゴーヤよりも食べやすいキャベツの方が多く摂取することができます。

あわせて読みたい
キャベツ1食分のカロリー・栄養|実は食物繊維が少ない!? キャベツの栄養から、どんな効能があるのかをまとめました。 キャベツは健康に良い栄養は豊富に含まれていますが、実は“食物繊維”はあまり...

同じ重量ならややゴーヤの方が豊富ですが、
キャベツの方が苦味やクセがなく多く食べれますからね。

ゴーヤが豊富な料理でもゴーヤは50g程度しか入っていないのに対し、
千切りキャベツなどはサラダは簡単に100g以上摂取できます。

ちなみにコンビニのカット野菜が150g程です。

image

また、ゴーヤにはビタミン以外にも特有の栄養成分を含んでいます。

  • モモルデシン:ゴーヤならではの苦味成分。胃液の分泌を促し食欲を増進数効果、肝機能を高める効果がある
  • チャランチン:血糖値を抑制する効果がある

しかしこれらの効能も動物実験において作用は確認できても人体における作用は確認できていません。

実際ゴーヤがよく食べられている沖縄に糖尿病患者が多いことから、
ゴーヤの血糖値抑制効果は疑問視されています。

あとがき

以上、ゴーヤのカロリーや栄養についてでした。

ゴーヤはよほど食べ過ぎない限り人体に害をなすことはないので、
食べること自体は特に問題はありません。

しかし、
「ゴーヤは苦手だけど、栄養豊富で健康や美容にいいから食べよう」と考えている人は、
別の野菜をおすすめします。

ゴーヤよりも栄養が豊富な野菜、
ゴーヤよりもクセがなく食べやすい野菜などはたくさんありますからね。

ちなみに、他にも野菜のカロリーや栄養についてまとめているのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...
スポンサードリンク