食品・食材

セロリのカロリー・栄養|低カロリーだが実は栄養も少ない野菜だった!

セロリ gのカロリー・栄養

野菜スティックのセロリ1本分

セロリ1茎の可食部

セロリ1株の可食部

カロリー: {{cal}}Kcal

↓他の野菜のカロリー・栄養についてはこちら

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...

今回は上記のデータを元にのカロリーや栄養について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

セロリのカロリー

まずはじめにセロリのカロリーについて見ていきましょう。

1食分のセロリのカロリー

  • セロリ1株(可食部910g):137Kcal
  • セロリ1茎(可食部93g):14Kcal
  • 野菜スティックのセロリ1本(8g):1Kcal

参考:セロリのカロリー グラムのわかる写真館 | 簡単!栄養andカロリー計算

セロリは野菜スティックとして食べる場合、
1本で1Kcal程度。

1食で5本~10本程食べたとしても5Kcal~10Kcal程にしかなりません。

料理に使われる場合もセロリがメインとなることはあまりなく、
1食分で大抵20g、多くても50g程なので数Kcalくらいです。

セロリ1食分のカロリーは無視できるほど低いのです。

他の野菜との比較

では他の野菜と100gあたりのカロリーを比べてみましょう。

  • きゅうり100g:14Kcal
  • セロリ100g:15Kcal
  • キャベツ100g:23Kcal
  • にんじん100g:37Kcal
  • ごぼう100g:65Kcal

セロリは水分率が94%とほとんどが水分ができており、
これは“きゅうり”や“もやし”などと同等です。

なので、野菜の中でも低カロリーと言えます。

また、セロリは“もやし”や“キャベツ”などとは違い、
1食で多くの量を食べるということはあまりないので、
食事でセロリから摂るカロリーはこれらよりも遥かに少ないでしょう。

セロリ自体よりもドレッシングやマヨネーズなどを付けて食べる場合、
大抵は味付けの方がカロリーは高くなります。

セロリは野菜の中でも栄養が極めて少ない

セロリはカロリーが極めて低いというのがわかったかと思いますが、
当然その分栄養素は少ないと言えます。

もしかしたら、
セロリは栄養豊富で健康や美容に良い食材だというイメージがあるかもしれません。
もしくはネット上に「セロリは栄養豊富」と書かれているのをよく見かけるでしょう。

しかし、これらは全くの誤りで、
他の野菜と比べたらセロリの栄養は極めて少ないということが分かります。

では実際にどの程度の栄養なのかを見ていきましょう。

セロリで栄養素の中で多く含まれていると言われているものは以下のものが挙げられます。

  • ビタミンA:発育の促進、肌の健康維持、視覚の暗順応、喉や鼻の粘膜保護など
  • ビタミンK:血液凝固や骨の代謝に関わる
  • ビタミンC:抗酸化作用やコラーゲンの合成に関わるビタミン
  • カリウム:塩分(ナトリウム)の排出に関わるミネラル
  • 食物繊維:便秘改善やコレステロールの排出、血糖値の抑制などの働きがある

本当にこれらは豊富なのか見てみましょう。

1食の量は多くても50g程度なので、
以下は50gあたりのセロリの栄養素です。

  • ビタミンA:2μg(人参や小松菜1g未満の量)
  • ビタミンK:5μg(キャベツ6g分の量)
  • ビタミンC:3.5mg(キャベツ8g分の量)
  • カリウム:205mg(きゅうり1本分(98g)の量)
  • 食物繊維:0.75g(きゅうり3/4程度の量)

ビタミンに関しては人参やキャベツなどのもっとポピュラーな野菜の方が、
遥かに多く含まれていることが分かりますね。

この中でもまだ豊富といえる栄養素は“カリウム”くらいですが、
カリウムは特に珍しい栄養素でもなくきゅうり以外にもキャベツやレタスなどの
食べやすい葉物野菜で簡単に摂取できます。

特に突出した栄養素もないですし、
1食で多くの量を食べることがないことも欠点として挙げられますね。

セロリは食べて害になるものでもないのですが、
そこまで健康や美容に貢献できる野菜でもないということです。

あとがき

以上、セロリのカロリーや栄養についてでした。

セロリは栄養豊富というイメージがある人が多いので、
思った以上に栄養が少なくて驚いたのではないでしょうか。

ただ栄養が少ないと言っても少しは健康や美容に貢献できるわけですし、
食べるのを控える必要は全くありません。

「嫌いだけど栄養豊富だから頑張って食べよう」と思っている人は、
セロリよりも良い野菜があるので無理に食べる必要がないということです。

たとえば小松菜やかぼちゃなどですね。

他の野菜のカロリー・栄養についてはこちらにまとめているのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい
野菜67種のカロリー・栄養一覧(食物繊維・糖質・ビタミン・ミネラル) 野菜は一般的に「食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富」、そして「水分が多く糖質や脂質が少ないので低カロリー」というイメージがあると思...
スポンサードリンク