1週間ダイエットの方法|短期間で確実に3~4Kgは痩せるがデメリットは多い!


image

健康的にリバウンドせずに痩せるには、長期間を視野に入れて徐々に痩せる他ありません。

しかし、多少無理してでもすぐに痩せたいと思う人も多いでしょう。

そこで今回、楽ではありませんが1週間で確実に数Kgほど体重を落とす方法を紹介します。

ただし、決してまっとうなダイエットではありませんので、どうしてもすぐに痩せる必要があるという人以外は非推奨です。

スポンサードリンク

1週間ダイエットの概要

世の中には無数のダイエットの方法がありますが、
大きく分けると2種類に分けられます。

  1. 長期的なダイエット(1週間で-0.5Kg以下のペース)
    • 健康や美容、日常生活の支障はほぼない
    • 筋肉の減少が比較的緩やか
    • 精神的な苦痛が少ない
    • リバウンドのリスクが少ない
  2. 短期間ダイエット(1週間で-数Kg)
    • 健康や美容、日常生活に支障を顧みない
    • 落ちる体重は比較的筋肉の割合が多く、脂肪の割合が少ない
    • 精神的な苦痛は大きい
    • 高確率でリバウンドをする

恐らくこれを見ている人の多くは1週間で大きく痩せたいという人だと思いますが、
特に短期間で痩せないといけない理由が無い限り、おすすめできません。

「1週間で数Kgは痩せたい。けど楽な方がいいしリバウンドはしたくない。体調も崩したくないし、肌質や髪質が悪くなるのも嫌だ。」

こう思っているかもしれませんが、そんな方法はどこにもありませんからね。
今回紹介する方法が該当しないということではなく、この世にそんな方法はないと断言できます。

私はボクシングをしており、
試合の度に1~2週間で5Kg、6Kgといった体重を落としてきました。

常に最大効率の減量法を模索していた私だからこそ、
そんな都合の良いダイエットはないと断定できるのです。

私じゃなくても体重制限のある武道や格闘技で減量を経験した人なら、誰でも同じことを言うでしょうね。

脂肪は1Kgあたり7200Kcal
これを仮に3Kg体に蓄えるだけでも21600Kcal
少なくとも数ヶ月程の期間はかかると思います。

数ヶ月間体に溜め込んだ何万Kcalというエネルギーの塊を、
まっとうな方法で1週間で取り出すのは不可能であるということはダイエットにあまり詳しくない人でも分かります。

今回紹介する方法はまっとうな方法ではありません。

「絶対に1週間で痩せないといけない」という人以外は、
以下の記事でしっかりダイエットの知識をつけて地道に体重を減らしていきましょう。

ダイエットを成功させるのに情報量・知識量は必要ありません。中途半端な知識がダイエットの妨げになることは珍しくないですからね。 しかし、最低限知っておくべきダイエットの知識があるのも確かです。 そこで今回、ダイエットを始める人が本当

どうしても1週間で大きく痩せたいという人だけここから先を読み進めて下さい。

さて、ここまで読んだだけでも1週間ダイエットがどんなものか分かってきたと思いますが、
概要をまとめると以下の通り。

■1週間ダイエットの概要

  • 短期間で確実に体重は落とせる
  • 細かいカロリー計算は不要
  • 体脂肪はどんなに頑張ってもせいぜい1Kg減
  • 筋肉もたくさん落ちる
  • 健康や美容、日常生活に支障がでる可能性がある
  • 落とす体重は水分がメイン
  • 高確率でリバウンドをする

1週間ダイエットの方法

前置きが長くなりましたが、実際に1週間ダイエットの方法を紹介していきます。

方法に関してはいたってシンプル。
以下の方針で生活するだけです。

  1. 軽いものを食べ、水分をできるだけ控える
  2. 摂取カロリーは1日1000Kcal未満
  3. 運動は余裕があれば行う程度

具体的に説明していきます。

1.軽いものを食べ、水分をできるだけ控える

食事の物理的な重さ

脂肪を落とすとなると食事のカロリーが鍵になるのですが、
短期間で体重を落とすとなると、脂肪以外のものを体から排出しないといけません。

脂肪を1Kg落とすには7200Kcalも消費しないといけないので、
短期間で何キロも減らすのは不可能なのです。

1日の消費カロリーが2000Kcalだとして、
仮に1週間飲まず食わずの生活をしたところで2Kg程しか脂肪は減らない計算になります。

2000(Kcal/日)×7(日)÷7200(Kcal/Kg)=1.94(Kg)

実際は運動量が落ちたり、栄養欠乏による代謝の低下があるので、
もっと少なくなるでしょう。

そこで鍵になるのが“水分”です。

ダイエットにおいて「短期間で痩せた」というような人はよく見かけると思いますが、
そういう場合、一人残らず脂肪よりも水分が落ちているというパターンです。

脂肪は数Kg落とすのに1ヶ月、2ヶ月とかかるものですが、
水分はカロリーと関係ないので数Kgくらいなら簡単に落ちてくれますからね。

具体的にどうすれば良いのかというと、
水分をあまり摂らないようにします。

飲み物だけではなく、
食べ物も水分が少ない軽いものを選びましょう。

長期的のダイエットの場合、
水分は摂った分だけ排出量が増えるだけなので水分を減らす意味はありませんが、
短期間であれば食べ物、飲み物の“物理的な重さ”が関係してくるのです。

※水分は本来脂肪を燃やすのに必要不可欠な栄養素であり、健康にとって欠かせないので真っ当なダイエットではしっかり摂るようにしましょう。

2.摂取カロリーは1日1000Kcal未満

1週間程度のダイエットの場合はカロリーの重要性は低いのですが、
それでも脂肪の減少量に関係するので大まかに把握しましょう。

1日1000Kcal未満というのを目安にしましょう。

おすすめはカロリーメイトです。

カロリーメイト自体は脂質が多く重量あたりのカロリーは高いのですが、
ボクサーの減量や短期間ダイエットであればこれほど重宝するものはありません。

このようなメリットがあります。

  • 水分が少なく軽い(1本20g)
  • カロリー計算が楽(1本100Kcal)
  • ビタミン・ミネラルなどの栄養が豊富
『カロリーメイト』といえば、手軽に食べられる栄養調整食品です。 カロリーメイトはダイエットに使えるでしょうか?それとも食べると太りやすいのでしょうか? これらのことに加え、栄養素とカロリーについて詳しく説明していこうと思います。 是非参考

カロリーメイは1箱4本入りなので、
カロリーメイトだけを食べる場合は1日2~3箱を目安に食べるようにしましょう。

これだけで驚くように体重が減っていくのがすぐに確認できるかと思います。

3.運動は余裕があれば行う程度

運動について

運動については短期間ダイエットであればあまり重要ではありません。

運動の消費カロリーは食事のカロリーと比べて少ないので、
1週間程度の運動で何かが変わるものでもないのです。

最も効率の良いランニングでも、
1時間休まず走って400Kcal~600Kcalといったところ。
ウォーキングの場合はその半分程度。

1週間続けてもせいぜい数百gの脂肪しか減りませんし、
運動をすることで食事量が増えれば逆効果にもなってしまいます。

運動は本来健康的にダイエットに繋がりますし美容面の効果も大きいのですが、
長期間継続しなければ実感できるものではないのです。

短期間であればやらないよりはマシといった程度なので、
行う必要はありません。

食事制限さえ行えばすぐに体重は落ちていくでしょう。

あとがき

以上、1週間ダイエットの方法についてでした。

これだけの食事制限はきついと思いますが、
実践すれば誰でも数Kgは余裕で痩せることができます。

ただし、あらかじめ話したように、
デメリットがいくつもあり、ダイエットというよりも一時的な減量に近い方法です。

落ちた体重の割に体脂肪率はほとんど変わっていないでしょう。

やむを得ない事情でもない限りおすすめしません。
この方法に限らず、そもそも短期間で痩せる方法なんてろくな方法はないですからね。

本来のダイエットとは、
理想の体型を手に入れ、なおかつそれが維持できることが重要です。

そう考えると、一時的に食事制限や運動を頑張るのではなく、
“生活習慣の改善を行い結果として徐々に痩せていく”というのが理想のダイエットの形と言えます。

真っ当なダイエットを行うには最低限の知識が必要なので、
そのためにもこちらには是非目を通してもらえればなと思います。

ダイエットを成功させるのに情報量・知識量は必要ありません。中途半端な知識がダイエットの妨げになることは珍しくないですからね。 しかし、最低限知っておくべきダイエットの知識があるのも確かです。 そこで今回、ダイエットを始める人が本当
スポンサードリンク