ウォーキングの服装の選び方【春・夏・秋・冬&男性・女性】

Facebook alt 11 Facebook alt 11 0 0
この記事が読まれるのは
350,118回目です。

ウォーキングの服装の選び方&必要な道具【春夏秋冬・男性/女性対応】ウォーキングをする時の服装や必要な道具に関する記事です。

ウォーキングの服装の重要性や、男性・女性さらに春夏秋冬どの季節にも対応した服装や道具のポイントを解説します。

服や道具の購入は運動のモチベーションにつながるため、非常に大事です。

今回は機能性からファッション性まで言及しているので、快適でなおかつ、おしゃれな服装でウォーキングをしたい場合は是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

ウォーキング時は普段の服装ではいけないのか?

わざわざウォーキングのためにウェアやシューズを買ったり、
道具を揃えたりするのは正直面倒です。

そんなに安いものでもないですしね。

「普段、街に出かけたりするような普通の服装でいいのでは…?」

疑う女性

と思われる人も多いです。

これについては、人によりますね。

もちろん、きちんとしたウェアやシューズで歩くのに越したことはありませんが、
散歩程度の運動であったり、数十分程度のウォーキングの場合、
それほど気にすることはありません。

その程度でしたらそんなに汗をかくこともないでしょうし、
服やシューズによって著しくパフォーマンスが低下することはないですからね。

しかし、早歩きくらいの負荷のかかる運動や、
1時間以上のウォーキングの場合は話が変わってきます。

運動量が増えれば汗をかくので、

  • 吸水性
  • 速乾性
  • 通気性

が求められます。

汗

ただ「気持ちが悪い」という理由ではなく、
問題なのは「汗で体が冷える」ということです。

体が冷えると、
“低体温症のリスク”や“筋肉が硬直することによる怪我のリスク”が高くなるのです。

汗をかくなら、それに対応した服装で行うことが重要になります。

また、足の負荷(特にかかと)も大きくなるので、
きちんとしたウォーキングシューズで行なうことが大事です。

まとめると、以下のような感じ。

■散歩程度、空いた時間に少しだけ歩く、などの場合
⇒ウェア、シューズ、道具は特に気にすることはない!

■汗をかく程度、1時間以上歩く、などの場合
⇒ウェア、シューズ、道具を準備しましょう!

では、具体的にどんなウェアや道具を選べばいいのかを説明します。

ウォーキングの服装の選び方

服装は、基本ランニングウェアの選び方と同様です。

ランニングウェアの選び方&コーディネート例【メンズ/レディース】

以前記事にしましたが、
もう一度軽く説明します。

トップスの選び方

上述したように、汗をかいて体が冷えないようにするために、

  • 汗をしっかり吸う吸水性
  • 吸った汗の気化熱で服が冷たくなるのを防ぐ速乾性
  • 熱がこもらないための通気性

これらが重要になってきます。

そして、これらはウェアの生地によって決まります。

綿(コットン)の場合、
吸水性、通気性は良いのですが、速乾性が悪いです。

ポリエステルの場合、
全てにおいて優れています。
ちょっと前までは、速乾性以外は悪かったのですが、
技術の進化によって、吸水性、通気性が改善されました。

なので、汗の対策として、
ウォーキング時の上半身のウェアは、
“ポリエステル100%”または“ポリエステル比率が高い綿との混紡”を選びましょう。

ただ最近は、
スポーツ用のウェアとして売られているものは、ポリエステル製が主流なので、
ウェアを買うときに一応確認する程度でいいかもしれません。

また、秋や冬など寒くなってきたら、
これらのウェアの上から“ウインドブレーカー”“ジャージ”などを着用しましょう。

ボトムスの選び方

ボトムスは以下のものが3つがあります。

  • パンツ
  • タイツ
  • スカート(女性)

パンツ

パンツ

パンツは男女問わず最も一般的なボトムスです。

素材や丈が様々なものがあるため、
春夏秋冬、季節を選ばず着られます。

タイツ<

本格的に走っている人がタイツを来ている印象があると思いますが、
初心者にこそタイツはオススメです。

筋肉がぶれないため足の負荷が軽減され、
特に太ももやふくらはぎが筋肉痛になる人はタイツを履くことで抑えられます。

また、血流がよくなることでパフォーマンスも向上します。

タイツの上からパンツやスカートを履くスタイルが多いです。

スカート(女性)

スカート(女性)

スポーツ用でありながら、
ファッション性が高いおしゃれなスカートが多く、
スカートは女性に人気のスタイルです。

さらに、スカートは体のシルエットが隠せることも人気の理由に挙げられます。

コーディネートの参考になるサイト

では次にウォーキングのコーディネートの参考になるサイトをご紹介します。

ランニング・ウォーキング特集


ランニング・ウォーキング特集

このサイトは、メンズ・レディースそれぞれ、
トップス、ボトムス、靴を合わせた時の状態をシュミレートすることができます。

実際に試着するのが一番ですが、通販で買う時は参考にすることができますね。 

GOLDWIN WEB STORE

GOLDWIN WEB STORE
GOLDWIN WEB STORE

レディースのみですが、
春夏秋冬の各季節のコーディネートやポイントが載っています。

さらに、実際に購入することもでき、非常に便利なサイトなので、
女性には是非おすすめです。

ウォーキングシューズの選び方

ウォーキングシューズ

続いて、『ウォーキングシューズ』ですが、
これに関しては前回記事にしました。

「人気」や「おすすめ」といった文言に釣られて買うのではなく、
きちんと自分の足にあったシューズを選ぶのが大事です。

詳しくは前回の記事をご覧ください。

『人気』『おすすめ』はNG!ウォーキングシューズの正しい選び方

その他、あると便利な道具

以上が、負荷の高いウォーキングや長時間歩く場合に、
最低限準備すべきものです。

ここからはプラスアルファとして、
さらにあると便利な道具を紹介します。

アームバンド


LED セーフティバンド アームバンド

夜、灯りが少ない所を歩く場合は、
安全のためアームバンドを着用することをおすすめします。

ワンコインで購入できますし、
手軽に付け外しできます。

紫外線対策グッズ

キャップ

日差しが強い日などには必須のアイテムです。
夏の熱中症対策にも最適です。

サングラス

目への紫外線は意外と恐ろしいもので、
紫外線に晒し続けると白内障の原因にもなります。

また、最近ではファション感覚で、
“かっこいい”という理由でサングラスをかけている人も多いようです。

寒さ対策

次に寒さ対策として、

手袋

ネックウォーマー

耳あて

などが挙げられます。

スポーツバッグ

長時間ウォーキングを行う場合や汗をかく場合、
水分補給をしないと危険な場合もあります。

水筒やペットボトル、財布などを持ち歩けて、
なおかつ邪魔にならないようなバッグがあると便利です。

個人的には、
最近ウエストポーチをおしゃれにつけている人を多く見かけます。

あとがき

以上、ウォーキングの服装及び道具に関する記事でした。

道具を揃えると運動のモチベーションも上がるので、
まずは服やシューズを購入するところから始めましょう。

効果が定かではないようなダイエット食品を買うくらいなら、
こういう道具を買ったほうがよっぽどダイエットに役立ちます。

また、このブログにはウォーキングに関して様々な記事を書いているので、
ご覧いただけると幸いです。

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク