ダイエットの基礎知識

赤ちゃんの肥満度は「BMI」ではなく「カウプ指数」|計算式・計算機をご紹介

肥満度の指標として「BMI」が一般的に使われることが多いですが、生後3ヶ月~5歳までの乳幼児は「カウプ指数」という指標を用います。

今回はカウプ指数の求め方や目安について説明したり、簡単に計算できる計算機をご紹介します。

お子さんの肥満度を把握するのに参考にして下さい。

スポンサードリンク

カウプ指数の計算機

以下の計算機の身長と体重を入力すればカウプ指数を求めることができます。

カウプ指数の計算機

身長 cm

体重 Kg


カウプ指数:

カウプ指数に対応する肥満度は月齢ごとに異なるので、
以下の表を参照して下さい。

月齢 カウプ指数 肥満度
3ヶ月~ ~14.5 痩せすぎ
14.5~16 痩せぎみ
16~18 普通
18~20 太りぎみ
20~ 太りすぎ
満1歳 ~14.5 痩せすぎ
14.5~15.5 痩せぎみ
15.5~17.5 普通
17.5~19.5 太りぎみ
19.5~ 太りすぎ
満1歳6ヶ月 ~14 痩せすぎ
14~15 痩せぎみ
15~17 普通
17~19 太りぎみ
19~ 太りすぎ
満2歳 ~13.5 痩せすぎ
13.5~15 痩せぎみ
15~17 普通
17~18.5 太りぎみ
18.5~ 太りすぎ
満3歳 ~13.5 痩せすぎ
13.5~14.5 痩せぎみ
14.5~16.5 普通
16.5~18 太りぎみ
18~ 太りすぎ
満4歳 ~13 痩せすぎ
13~14.5 痩せぎみ
14.5~16.5 普通
16.5~18 太りぎみ
18~ 太りすぎ
満5歳 ~13 痩せすぎ
13~14.5 痩せぎみ
14.5~16.5 普通
16.5~18.5 太りぎみ
18.5~ 太りすぎ

例えば

  • 生後5ヶ月、カウプ指数17.7⇒普通
  • 1歳2ヶ月、カウプ指数15.2⇒痩せぎみ
  • 1歳8ヶ月、カウプ指数18.6⇒太りぎみ

といった感じです。

カウプ指数の計算式

カウプ指数の計算式は以下のとおりです。

カウプ指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例:体重11Kg、身長85cm(0.85m)⇒11÷0.85÷0.85=15.2

実は計算式自体はBMIと全く同じなので覚えやすいかと思います。

ただ、BMIの指標は、

  • 18.5未満:痩せ型
  • 18.5~25:普通体重
  • 25以上:肥満

となるため、肥満度の指標が大きく異なるということです。

あわせて読みたい
肥満度の指標「BMI」とは?計算方法や基準値・体脂肪率との違いについて解説 肥満度の指標として有名なものとして「BMI」がありますが、今回はこのBMIの計算方法や基準値についてご紹介します。 また、BMIの他...

 

ちなみに、日本人の年齢ごとの平均身長、平均体重についてもまとめているので、
お子さんの身長や体重が平均と比べてどの程度なのか参考にしていただけるかと思います。

あわせて読みたい
日本人の平均身長・体重・BMI一覧【年齢・男女別】 「自分の身長は平均よりも高いのか、低いのか」「自分の体重は平均よりも重いのか、軽いのか」気になる人は多いのではないでしょうか。 しか...
スポンサードリンク