ダイエットの基礎知識

子供(小中学生)の肥満度「ローレル指数」の計算式・計算機をご紹介

肥満度と言えば一般的に「BMI」を用いるのが普通ですが、乳幼児には「カウプ指数」という指標、5歳~15歳くらいの小中学生は「ローレル指数」を用います。

BMIは成長期を終えた人にとっては精度が高い指標になりますが、十分に成長しきっていない子供の場合は精度が低くなってしまうのです。

そこで、BMIとは全く異なる「ローレル指数」を使います。

今回はこのローレル指数の計算式や計算機についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ローレル指数の計算機

以下の計算機の身長と体重を入力すればローレル指数を求めることができます。

ローレル指数の計算機

身長 cm

体重 Kg


ローレル指数:

肥満度の指標の目安は以下のとおりです。

  • 100未満:やせ
  • 100~115:やせぎみ
  • 115~145:正常
  • 145~160:肥満ぎみ
  • 160以上:肥満

ローレル指数の計算式

ローレル指数の計算式は以下のとおりです。

ローレル指数=体重(kg)÷身長(cm)3×107

例:体重35Kg、身長140cm⇒35÷1403×107=127.6

BMIの場合は体重を身長で2回割りますが、
ローレル指数の場合は3回割ります。

 

児童にとってはローレル指数は信憑性の高い指標になりますが、
成人にはBMIの方が一般的なのでこちらを参考にして下さい。

あわせて読みたい
肥満度の指標「BMI」とは?計算方法や基準値・体脂肪率との違いについて解説 肥満度の指標として有名なものとして「BMI」がありますが、今回はこのBMIの計算方法や基準値についてご紹介します。 また、BMIの他...

ちなみに、日本人の年齢ごとの平均身長、平均体重についてもまとめているので、
こちらも合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
日本人の平均身長・体重・BMI一覧【年齢・男女別】 「自分の身長は平均よりも高いのか、低いのか」「自分の体重は平均よりも重いのか、軽いのか」気になる人は多いのではないでしょうか。 しか...
スポンサードリンク