食品・食材

ゆで卵ダイエットの効果的な方法|1日の内いつ何個食べるべきか?

ゆで卵を使ったダイエット法、「ゆで卵ダイエット」の方法やポイントについて解説していきます。

ゆで卵ダイエットは決して劇的に体重を減らせるダイエットではありませんが、栄養をしっかり摂れるため、健康や美容にいいダイエットです。

無理のないダイエットをしたいという人はぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

ゆで卵ダイエットの方法

ゆで卵ダイエットの方法はいくつか種類がありますが、
基本的にはゆで卵を食べることで食事量を減らすいわゆる『置き換えダイエット』です。

摂取カロリーを減らしつつ、栄養豊富なゆで卵で栄養補給ができるため、
健康や美容を害しにくいというメリットがあります。

ゆで卵は『1個あたり100Kcal弱』と重量あたりのカロリーは決して低くありませんが、
それを補って余りあるほど栄養が豊富です。

特に、重要だけどダイエット中に不足しがちなたんぱく質ビタミンがしっかりとれるのが嬉しいですね。

詳細:ゆで卵1個のサイズごとのカロリー・栄養|たんぱく質・ビタミン補給に最適!

ではゆで卵ダイエットの具体的な方法に移っていきますが、
方法としては以下の3つが挙げられます。

  1. 朝食をゆで卵だけで済ませる
  2. ゆで卵を食べることで食事の量を減らす
  3. 間食でお菓子を食べる代わりにゆで卵を食べる

【ゆで卵ダイエットの方法1】朝食をゆで卵だけで済ませる

朝食をゆで卵2~3個で済ませることで、食事の摂取カロリーを大きく減らすことができます。

ちなみに「ゆで卵3個でご飯1杯分のカロリー」
と覚えておくとカロリー計算が楽です。

ゆで卵とご飯のカロリー比較

毎朝ご飯+おかずを食べている人は、
ゆで卵3個で朝食を済ませると普段のおかずのカロリー分だけカロリーを減らすことができるというわけですね。

朝食のカロリーというと大体平均400Kcal~600Kcal程度なので、
卵3個で済ませると130Kcal~330Kcalのカロリー削減になります。

これだけで1ヶ月に1Kg程度のダイエット効果になるでしょう。

ただ、ゆで卵は糖質をほぼ含まず朝のエネルギー補給としては不適当なので、
午前中の活動に支障をきたすかもしれません。

しかし朝食を摂らなくても低血糖にはならないという研究もあり、
朝食にエネルギーを補給する必要はないという説もあります。

詳細:朝食抜きのダイエット効果と脳の活動の低下について~太る・頭が働かないは本当?~

これに関しては個人の習慣や体質によって、
ゆで卵だけで午前中の活動に支障がないか変わってきます。

なので、これがきついと感じたら朝食ではなく昼食をゆで卵だけで済ませたり、
方法2や方法3を行うといいでしょう。

【ゆで卵ダイエットの方法2】ゆで卵を食べることで食事の量を減らす

続いての方法は、1食を完全にゆで卵で置き換えるのではなく、
ゆで卵を食べる代わりに食事の量を減らすという方法です。

主食、副菜、主菜のうちどれを減らすかということですが、
できれば主食を減らすのをおすすめします。

ゆで卵は栄養的には副菜や主菜のビタミン、ミネラル、たんぱく質にあたる栄養素ですが、
ゆで卵では摂取できないビタミンやミネラルもありますし食物繊維摂取のためには副菜・主菜は欠かせません。

ゆで卵だけではたんぱく質も不足するので、
肉や魚も摂りたいですしね。

ご飯とおかずのバランスを考えるなら全体的に少しずつ減らすというのでも構いません。

ただ、この場合でもゆで卵で摂取した以上にカロリーを減らさないといけないので、
はじめはきちんとカロリー計算を行いましょう。

【ゆで卵ダイエットの方法3】間食でお菓子を食べる代わりにゆで卵を食べる

最後の方法としては3時のおやつなど小腹が空いた時にゆで卵を食べるという方法です。

ゆで卵はカロリーはそこそこ高いとは言え、
脂質がたくさんのスナックや糖分たっぷりの甘いお菓子などよりはマシです。

それにスナック菓子や甘いお菓子などは栄養素的には不要なものが多く不健康なのに対し、
ゆで卵は重要な栄養素がたくさん摂取できるので体にもいいのです。

ゆで卵ダイエットは何がすごいのか?

ではこのゆで卵ダイエットは他と比べて何が凄いのかを説明していきます。

まず誤解している人もいるかもしれないので言っておきますが、
ゆで卵自体に食べたら痩せるというようなダイエット効果はありません。

そして前述した通り、ゆで卵は決して低カロリーでもなく、
むしろ重量あたりのカロリーは若干高いくらいです。

ゆで卵で摂取したカロリー以上に食事を制限しないと痩せることができません。

ではなぜこのダイエットが推奨されるのかというと、
栄養がきちんと摂取でき、健康や美容にいいダイエット法だからです。

ダイエットというと短期間で大きく痩せるのが凄いと思われがちですが、
それなら断食に近いことをすればいいだけです。
誰でも1週間で5Kgは体重を落とせるでしょう。

しかし、そんなダイエットでは健康や美容、日常生活に支障をきたしますし、
ほぼ確実にリバウンドしてしまいます。

カロリーを抑えつつも、栄養をしっかり摂る必要があるのです。

その点ゆで卵ダイエットは劇的に痩せるダイエット法というわけではありませんが、
バランス良く栄養を摂取できるため、健康や美容にいい数少ないダイエット法なのです。

ゆで卵ダイエットのポイント

続いてゆで卵ダイエットのポイントについて説明します。

【ゆで卵ダイエットのポイント1】1日に食べるゆで卵の個数

ゆで卵を食べる個数についてですが、
1日2個~6個くらいをおすすめします。

他の料理で卵を食べる場合は、
その分とゆで卵の個数をあわせて2個~6個です。

ゆで卵は栄養が豊富とは言え、
1個だけではビタミンやミネラルは十分とは言えないので、
複数の卵を食べるのが望ましいです。

ただ、食べすぎるのもカロリーのもとになるので、
気をつける必要があります。

しかし、
「卵はコレステロールが多いため、食べ過ぎると健康に悪いのではないか?」
と思っている人もいるかもしれません。

これについては最近の研究により、
卵を毎日5~6個食べたところでコレステロール値に異常は見られないことが分かっています。

詳細:卵を食べ過ぎても悪玉コレステロール値(LDL)は高くならないのか? – 痩せTECH(ヤセテク)

卵にはコレステロール値を抑えるレシチンとう物質が含まれていますし、
食べ物から摂りすぎた分のコレステロールは体内で調整する機能が備わっていますからね。

ただし、高脂血症患者の人やコレステロールが通常より高い人は
コレステロールをうまく調整できないため卵は1日1個に留めておきましょう。

【ゆで卵ダイエットのポイント2】他の食事で摂りたい食品

ゆで卵は幅広い栄養を補給できますが、
ゆで卵に含まれていない栄養素もいくつかあるので他の食事で補う必要があります。

具体的には『ビタミンC』『食物繊維』です。(卵は糖質も含まないが、普通の食事で糖質が不足することは考えにくい)

これらを補給するためにも、

  • 野菜
  • 果物
  • 海藻類

などはきちんと摂るようにしましょう。

あとがき

以上、ゆで卵ダイエットの方法やポイントについてでした。

ゆで卵ダイエットは別に劇的に痩せるダイエットでもないですし、
何か画期的なものがあるというわけでもありません。

痩せるためにはカロリー管理をしないといけないわけですからね。

しかし、卵はあらゆる栄養がバランス良く含まれているので、
カロリー管理以上に厄介な栄養バランスの管理が楽なんです。

健康や美容にいい健全なダイエットであるというのもポイントですね。

ちなみに卵の栄養に関する健康・美容効果についても詳しくまとめているので、
ぜひこちらもご覧ください。

あわせて読みたい
卵1個のカロリー・栄養【サイズ別】|毎日卵を食べると太るのか? 卵は『完全栄養食』と言われるほど栄養価が高く、健康や美容に良いとされる食品です。 しかしその一方で、“高カロリー”というイメージが...
スポンサードリンク