ダイエット法

足の脂肪に悩む女性必見!太もも痩せに効果があるダイエット法

image

「体重が減ったのに太ももが細くならない」

「お腹の脂肪は気にならないのに、足の脂肪が気になる」

このように感じる女性は多いと思います。

実はホルモンの関係上、男性に比べて女性は太ももやお尻など下半身に脂肪がつきやすく落ちにくいため、これを気にしている人は少なくありません。

また、「太ももを細くする方法」などはネット上に無数にありますが、その大半は的はずれなものなので、なかなか悩みが解決しない人も多いのではないでしょうか?

「1日5分のストレッチで~」「マッサージだけで~」「軽い筋トレをするだけで~」といったもので実際に細くなる人はまずいないでしょう。

今回は、女性の太ももが太くなる原因に加えて、この悩みを解決するための方法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

太ももが太くなる原因とは?

なぜ他の部位に比べて太ももや下半身などが太くなりやすいのか。

これについては2つ原因が考えられます。

原因1.女性は皮下脂肪がつきやすい

脂肪には『内臓脂肪』『皮下脂肪』の2種類に分類することができます。

お腹の内臓周りに付く脂肪である内臓脂肪に対し、
全身の皮膚のすぐ下に付く脂肪皮下脂肪です。

image
皮下脂肪の特性
  • 見た目に現れやすい
  • 病気のリスクはあまりないどころか役に立つこともある
  • 男性よりも女性のほうが増えやすい
  • 蓄積しにくいが落ちにくい

詳細:皮下脂肪・内臓脂肪とは?正しく落とす5つの方法【食事制限&運動】

内臓脂肪は見た目にあらわれにくく隠れ肥満の原因となりますが、
皮下脂肪は特に太ももやお尻などに見た目に現れやすい箇所に付きやすいという特徴があります。

そして、男性には内臓脂肪が、女性には皮下脂肪がつきやすいというのも特徴もあるのです。

以前、女性と男性の体脂肪率ごとの体型の違いについて画像とともに解説しましたが、
こちらを見比べるとこれは一目瞭然だと思います。

あわせて読みたい
体脂肪率の平均・理想【年齢・男女別】&数値ごとの体型の目安を図解 ダイエットにおいて肥満度の基準となる指標はいくつかありますが、その中でも最も信憑性が高いものが『体脂肪率』です。 ただし体脂肪率は男...

女性が体に丸みを帯びるのは、このためです。

この特性は女性が外部の衝撃から身を守るためであり、
女性ホルモンの分泌が影響します。

そのため閉経後は女性ホルモンの分泌量が減り脂肪の付き方が変わってくるのです。

そして、内臓の近くにある内臓脂肪とは違い、
皮下脂肪はエネルギーとして取り出されにくいため、落ちにくいという性質もあります。

これが、女性は太ももの脂肪がつきやすく落ちにくいという理由です。

理由2.下半身はむくみやすい

太ももは脂肪だけでなく『むくみ(浮腫)』のため太くなるケースもあります。

むくみは簡単に言うと水分です。

顔や二の腕など、全身で起こるものなのですが、
重力の影響のため下半身のほうが水分が溜まりやすくむくみが起こりやすいのです。

また、筋肉の衰えや冷え、自律神経の乱れなどもむくみの原因となります。

太ももの脂肪を落とすのに効果的な方法とは?

では、太ももの脂肪を落とす方法について説明していきます。

「太ももの運動」や「短期間」という方法は要注意!

まず、ネット上には間違った情報が多く、勘違いしやすいので、
これについて触れておきます。

多くの人は、下半身を動かす運動をしたり、
下半身のストレッチをすれば太ももの脂肪が落ちて細くなると思いがちです。

しかし、これは大きな間違いです。

脂肪が落ちる際は全身をめぐる血液が関係するため、
狙った部位の脂肪を落とすのは不可能なのです。

例えば、下半身だけしか動かさなくてもお腹や二の腕の脂肪は落ちますし、
腕や体幹の運動だけでも下半身の脂肪は落ちます。

また、落ちる脂肪の量はカロリー収支のマイナス分に相当するため、
マッサージやストレッチ、筋トレなどではカロリーをあまり消費しないので非効率です。

「太ももの脂肪をピンポイントで落とす方法」
こんなものは絶対にありえないので、ネットやメディアの情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

また、内臓脂肪に比べて皮下脂肪は落ちにくいという特徴もあります。

つまり、太ももの脂肪を落とすには、
根気よくダイエットを続けていくしかないのです。

ダイエットを続けていれば、
「お腹の脂肪が減ってきたけど太ももやお尻の脂肪が中々落ちない・・・」
なんて感じると思います。

ですがこれは正常で、順調に脂肪が落ちていっている証拠です。

少なくとも、
「短期間で太ももの脂肪を落とす」というのもまずありえません。

何となく経験で分かる人も多いのではないでしょうか。

体脂肪率を落としていけば自然と太ももの脂肪は落ちていく

では、どうやって太ももの脂肪を落とせば良いのかというと、
単純にダイエットをして体脂肪を落としていけばいいのです。

というより、それしか方法はありません。

太ももの脂肪が気になるという女性は、
体脂肪率30%以上で、単純に体脂肪率が高いという場合が大半です。

体脂肪率25%を下回ったあたりで太ももは細くなっていくのが実感できると思います。

「太ももを細くする」と考えるのではなく、
「体脂肪率を落とす」と考えてダイエットに取り組むようにしましょう。

体脂肪率を落とさない限り、太ももの脂肪が落ちることは絶対にありえませんからね。

体脂肪が落ちると自然と太ももの脂肪が落ちていくはずです。

体脂肪率を落とす方法

すぐに結果を出そうと頑張ればその分挫折するのも早くなり、
リバウンドする可能性も高くなる傾向にあります。

そもそも体脂肪は1Kgあたり7200Kcalなので、
これを短期間で落とすことなど到底無理な話です。

体重が落ちたとしてもそれは大部分が水分や筋肉です。
体脂肪が落ちないから太ももの脂肪も当然落ちません。

重要なのは、いかにダイエットにじっくり取り組めるか

結局、痩せた後も続けないと脂肪はもとに戻ってしまうので、
生活習慣自体を見直さないといけません。

長時間の運動や過度な食事制限では失敗に終わってしまうでしょう。

おすすめの生活習慣についてはこちらにまとめているので、
ぜひ参考にして下さい。

あわせて読みたい
成功するダイエットは小さな習慣の改善が鍵!簡単に痩せる20の生活習慣をご紹介ダイエットの基本は摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことです。 ダイエットには様々な方法がありますが、効果があるものは必ずカロ...

太もものむくみを取る方法

むくみが原因で太ももが太くなっている場合は、これを解消すれば細くすることができます。

即効性のある方法としては以下のものが挙げられます。

  • お風呂で血流を改善する
  • リンパマッサージでリンパの流れを良くする
  • ウォーキングやジョギングなど下半身の運動をする

ただし、これらは一時的な効果しかありません。

むくんだらその都度マッサージをしたり、運動をしたりするというのでも構いませんが、
むくみにくい体質にすることが根本的な解決法です。

  • 食生活の改善(塩分を控えてカリウムを多く摂る)
  • 下半身の筋トレ
  • 運動の習慣付け

などをするといいでしょう。

むくみ全般の知識や下半身の筋トレの方法については以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
むくみ(浮腫)の9個の原因&今すぐむくみを改善する方法 むくみ(浮腫)の原因・メカニズム・改善する方法など、むくみに関するあらゆることを図解します。 むくみのメカニズム自体は簡単ですが、...
あわせて読みたい
下半身(ふくらはぎ・太もも・お尻)を鍛える筋トレ一覧【11種目】 下半身を鍛える筋トレは色々ありますし、ネットで調べたら簡単に見つけられます。 しかし、多種多様な筋トレはそれぞれ何が違うのか、ま...
スポンサードリンク