食品・食材

飲み物のカロリー一覧表|ダイエット中にオススメの太りにくい飲み物とは

ダイエットと言えば『運動』と『食事制限』をまずイメージする人が多いと思いますが、人によっては『普段の飲み物』を工夫するだけで簡単に痩せることもあります。

飲み物のカロリーは軽く考えがちですが、実際にはバカになりませんからね。

甘い物や乳製品、お酒などを考えなしに飲んでいるととてつもないカロリーになるので、飲み物が原因で太ってしまう人も珍しくありません。

今回、飲み物のカロリーを一覧表にまとめました。

この記事を参考に、ダイエット中に控えるべき飲み物、安心して飲める飲み物などを見極めましょう。

乳製品・乳酸菌飲料・豆乳のカロリー一覧

飲み物 200mlのカロリー
牛乳 普通牛乳 138Kcal
成分調整 100Kcal
低脂肪 90Kcal
無脂肪 70Kcal
ヤクルト 155Kcal
カルピス 92Kcal
豆乳 成分無調整 115Kcal
成分調整 117Kcal
豆乳飲料 135Kcal

これらは栄養価が高く健康に良い飲み物です。

特に“カルシウム”は日本人が不足しがちな栄養素なので、
その貴重な栄養源となる牛乳はダイエット中でも毎日飲むのをオススメします。

しかしこれらはどれも高カロリーなので、
喉が渇く度に飲んでいると間違いなく太ります。

“喉を潤すため”に飲むのではなく“栄養摂取”の目的で飲むようにしましょう。

炭酸飲料のカロリー一覧

食品名 200mlのカロリー
コーラ 通常 90Kcal
ゼロカロリー 0Kcal
ファンタ グレープ 92Kcal
オレンジ 92Kcal
ジンジャエール 72Kcal
サイダー 82Kcal
炭酸水 0Kcal

炭酸水は0Kcalですが、
糖分が含まれる炭酸飲料は総じて高カロリーです。

乳製品などとは違って重要な栄養素も含まれていないため、
体にとってはデメリットしかありません。

毎日炭酸飲料を飲んでいる人がダイエットをする場合、
食事や運動よりもまず炭酸飲料のカロリーをどうにかするのを一番に考えるべきでしょう。

『飲む頻度を減らす』、『コカ・コーラゼロを飲む』、『糖分を含まない炭酸水を飲む』などなど。

果汁・野菜ジュースのカロリー一覧

食品名 200mlのカロリー
オレンジジュース 90Kcal
りんごジュース 88Kcal
グレープジュース 110Kcal
パイナップルジュース 82Kcal
野菜ジュース 野菜100% 39Kcal
野菜50%果汁50% 82Kcal
トマトジュース 40Kcal
にんじんジュース 63Kcal

ビタミンやミネラルの補給になりますが、
野菜100%を除いて糖分が多いため高カロリー。

果物自体は低カロリーというイメージがあるかも知れませんが、
飲み物で手軽に摂取できるようになると、思っている以上に摂取量が多くなってしまうのです。

これもダイエット中であれば喉を潤す目的で飲むのは控えましょう。

また野菜や果物をそのまま食べるのと比べて、
食物繊維やビタミンCなどが取り除かれているものも多いです。

栄養補給のために飲むのであれば、しっかり商品の栄養成分表示を確認しましょう。

コーヒー・ココアのカロリー一覧

食品名 200mlのカロリー
コーヒー 加糖 60Kcal
微糖 40Kcal
無糖 8Kcal
カフェオレ 100Kcal
ココア 160Kcal

コーヒーやココアはダイエットに良いというイメージがあるかも知れませんが、
そういうわけでもありません。

むしろミルクや糖分を加えると高カロリーになるため、
ダイエット中であればブラックコーヒーにしたり、量を控えめにするのが望ましいです。

スポーツ飲料・栄養ドリンクのカロリー一覧

食品名 200mlのカロリー
スポーツ飲料 ポカリスエット 50Kcal
DAKARA 34Kcal
アクエリアス 38Kcal
アクエリアスゼロ 0Kcal
栄養ドリンク 90Kcal

スポーツ飲料は低カロリーな印象があると思いますが、
メーカー・商品によってカロリーは大きく異なります。

ただカロリー控えめのものでも200mlあたり34Kcalほどあるので、
喉を潤す目的で飲んだ場合1日で数百Kcal程。

※人の1日の飲み物による水分摂取量は平均1.2L前後

これだけでもそれなりのカロリーになるので、
ダイエット中はあまりオススメしません。

スポーツ飲料で喉を潤すのであれば“ゼロカロリー”のものをオススメします。

ちなみに私自身、毎日のどが渇いた時『アクエリアスゼロ』を飲んでおり、その量は1日1L以上です。

“人工甘味料”が体に悪いと言う人もいますが、世界的に安全性は認められていますし通常の砂糖“天然甘味料”と比べたら健康的なのは明らか。

もちろん、ここ数年毎日大量に飲んでいる私自身に何も問題はありません。

詳細:「ゼロカロリー」飲料がダイエットに効果的!人工甘味料に危険性はないのか?

また、夏場の外出やスポーツなどで大量に汗をかいた時、
普通の水やお茶などでは失ったミネラルが補給できず、むしろ体内の塩分濃度を下げてしまうため熱中症の原因となります。

汗をかいた際の水分補給にはスポーツドリンクは最適です。

お茶・ミネラルウォーターのカロリー一覧

食品名 200mlのカロリー
紅茶 ストレート 2Kcal
レモンティー 57Kcal
ミルクティー 118Kcal
抹茶 20Kcal
烏龍茶 0Kcal
緑茶 0Kcal
ほうじ茶 0Kcal
麦茶 2Kcal
ミネラルウォーター 0Kcal
いろはす 天然水 0Kcal
みかん 34Kcal
りんご 34Kcal
サントリー天然水 通常 0Kcal
朝摘みオレンジ 38Kcal
ヨーグリーナ 48Kcal
はちみつレモン 44Kcal

水やお茶は基本的にほぼ0カロリーなので、
ダイエット中に喉を潤すのに飲むのであればこれらを飲むようにするのがオススメです。

ただ紅茶に砂糖やミルクを入れるとカロリーが大幅に増えるので、
ダイエット中は控えましょう。

ミネラルウォーターも普通は0Kcalですが、
果汁入りのものは一般的なスポーツドリンクと同程度のカロリーにもなるので要注意。

飲み物のカロリーまとめ

最後に0Kcal以外の飲み物のカロリーをグラフにまとめると以下のようになります。

飲み物のカロリー一覧

こうしてみると飲み物によってカロリーは大きな差があるのがわかりますね。

食べ物と比べて飲み物のカロリーは無頓着な人が多く、
無意識に高カロリーな飲み物をゴクゴク飲んでしまいがちです。

すると飲み物だけで1日に何百Kcalものカロリーに達してしまいます。

そういう習慣がある人は飲み物のカロリーを削減するだけで簡単に痩せるはずです。

心当たりがある人は運動や食事制限よりも先に家に常備している飲み物を見直しましょう。

ちなみに他にもお酒のカロリーについてはこちらにまとめています。

あわせて読みたい
お酒の種類ごとのカロリー一覧|お酒が太る理由&ダイエット中の飲み方について お酒はビールや焼酎、ワイン、ウイスキー、日本酒、カクテルなど色んな種類のものがありますが、これらのカロリーは大きく異なります。...

またダイエット中の水分の摂り方についてはこちら。

あわせて読みたい
ダイエット中の水分のとり方|「飲む」「飲まない」ダイエットに効果的なのはどっち? ダイエットにおいて、「水を飲みすぎると太る」という意見がある一方、「水を飲まないと痩せない」ということを聞いたりすることがあるかと思い...
著者プロフィール
テク

テク

元ボクサー/ダイエットアドバイザー
試合の度に2週間で6Kgの減量をしていた元ボクサー。 元来の『食べることは好きだけど面倒な運動は嫌い』という性格がたたり、引退後は10Kg以上増量。 正しいダイエットの知識を身に着けた今では、毎日好きなものを食べて体脂肪率10%台前半を維持。 Twitter(@yasetech)ではダイエットに役立つ情報を配信中。
スポンサードリンク