「人気」「おすすめ」はNG!ランニングシューズの正しい選び方

Facebook alt 19 Facebook alt 11 2 6
この記事が読まれるのは
827,058回目です。

ランニングシューズの購入の際に必要な知識、生じる疑問などを全てまとめました。

主に、
・ランニングシューズを適切に選ぶ必要性
・メーカーによるシューズの違い
・実店舗でのシューズの選び方
・通販でのシューズの選び方

などこの記事で大半のことは解決できるように心がけましたので、是非最後までご覧下さい。

スポンサードリンク

ランニングシューズを適切に選ぶ必要性

本題に入る前に、
ランニングシューズを適切に選ぶ必要性について説明していきます。

「ランニングシューズはわざわざ購入する必要があるのでしょうか?」

「ランニングシューズはどれも同じなんじゃないでしょうか?」

疑問

こういう疑問を目にすることが度々あります。

まず前者の疑問、ランニングシューズを購入する意義についてですが、
一般的なシューズとランニングシューズでは目的が異なり特性が異なるため、
ランニングを“安全”かつ“高いパフォーマンスで行う”ためにはランニングシューズは必須です。

では、ランニングシューズは他のシューズとどのように異なるのか?
ウォーキングシューズと比較してその特性を見てみましょう。

ランニングシューズとウォーキングシューズの違い

当たり前ですが、
ランニングシューズはランニングを目的とし、
ウォーキングシューズはウォーキングを目的としています。

この目的のため、それぞれには以下のような特性があるのです。

■ウォーキングシューズ

  • 重い
  • 耐久性が高い
  • 安定性が高い

■ランニングシューズ

  • 軽い
  • 衝撃に強い
  • 柔らかい
  • 通気性が良い

歩くのと走るのでは足の動きや負荷のかかり方に違いがあるため、
ランニングに適した靴の設計とウォーキングに適した靴の設計では大きく異なります。

◆具体的に言うと・・・

歩くとき、走る時と比べて勢いがないため足がぶれやすいのです。

そのため、着地時の安定性を持たせ、足が地面から離れている時に振り子の効果を利用するため、ウォーキングシューズはある程度重い設計になっています。

これに対しランニング時はシューズは重いと疲れやすくなります。

その他にも具体的な違いはいろいろありますが、本題とはズレるので割愛します。

こういった違いのため、
ウォーキングシューズでランニングをしたり、
ランニングシューズでウォーキングをしたりすると、
必要以上に疲れたり、負荷のため怪我のリスクが高まるのです。

怪我

ランニングシューズの種類による違い

さて、
ランニングを行う際にランニングシューズで行う事が重要だとわかってもらえたと思いますが、
ランニングシューズにも様々な種類があります。

これらの中からシューズを選ぶ際、
「人気」、「おすすめ」といった文言の商品に惹かれてしまうかもしれませんが、
これには注意が必要です。

シューズは“人気なもの”“人が推奨しているもの”が必ずしも自分にとっても良いというわけではなく、ランニングシューズは人によって合う、合わないがあるのです。

具体的にどこが違うのかを説明していきましょう。

“クッション性”と“軽量性”

ランニングシューズは、
“クッション性”“軽量性”はトレードオフの関係にあります。

クッションがしっかりしていて衝撃に強いシューズはその分重く、
一方、軽いシューズはソールのクッションが薄く衝撃をあまり緩和できません。

ランニング初心者は怪我をしやすいため多少重くても衝撃が吸収できるシューズを、
ランニング上級者はスピードアップのため軽いシューズを選ぶのがおすすめです。

一般的にシューズはどのメーカーも、
ランニング初心者、中級者、上級者を区分してシューズを製造しています。

  • 初心者⇒クッション性:高,軽量性:低(300g~350g)
  • 中級者⇒クッション性:中,軽量性:中(200g~300g)
  • 上級者⇒クッション性:低,軽量性:高(150g~200g)

あくまで目安ですが、上記のようにシューズが推奨されます。

このように、ランニングシューズでも特性が大きく異なるので、
自分のレベルに合った靴選びが重要なのです。

ランニングシューズのメーカによる違い

ランニングシューズには色んなメーカーのものがありますが、
どのメーカーのシューズにするのか、候補を絞るためにも、
それぞれのメーカーにどんな特徴の違いがあるのかを説明していきます。

今回、以下のメーカーを取り上げます。

  • ナイキ
  • アシックス
  • アディダス
  • ニューバランス

ナイキ

ナイキ

ナイキのシューズは主に欧米人向けに作られているため、
ほかの日本メーカーのシューズと比べ、“靴の横幅が狭い”という特徴があります。

そのため、足の横幅が狭い人にはおすすめですが、
日本人には合わない場合が多いです。

また“通気性”“軽量化”に注力しているということも特徴としてあげられます。

アシックス

アシックス

アシックスのシューズは日本人向けに作られているため、
平均的な日本人の足の幅にあった作りになっています。

また、本格的なランナーからファンランナーまで色んな用途に対応するため、
幅広いバリエーションのシューズが揃っているということもアシックスの特徴の一つです。

アディダス

アディダス

アディダスのシューズは“軽量化”を追求した作りのものが有名なのですが、
初心者用のシューズも多く取り扱っています。

また、アディダスのシューズは何と言っても“デザイン性”に優れており、
色鮮やかでユニークなシューズのためファッションとしても楽しまれています。

またナイキ同様、シューズの“横幅は狭い”傾向にあります。

ニューバランス

ニューバランス

ニューバランスは足の“フィット感”“クッション”にこだわりを持っており、
様々なサイズバリエーションがあり、また独自のソール素材により軽量化とクッション性を実現しています。

そしてアディダス同様、
“デザイン性”に優れていて様々なカラーリングに定評があります。

ランニングシューズの選び方

では、次に具体的なシューズの選び方をご紹介します。

  • 実店舗で購入する場合
  • 通販で購入する場合(非推奨)

それぞれの選び方についてまとめました。

実店舗で購入する場合

実店舗で購入する場合

実店舗で購入する場合、意識ずべきことは以下の2点です。

  • 自分のレベルに合うシューズを選ぶ(初心者用~上級者用)
  • 自分の足にフィットしたシューズを選ぶ

自分のレベルに合うシューズを選ぶ

前述しましたが、
一般的にメーカーごとに軽さ・クッション性によって
初心者・中級者・上級者に靴が分かれています。

軽ければ軽いほどいいと思いがちな人が多いので、
“レベルに合わせた靴選びが大事”だということを頭に入れておきましょう。

初心者の場合、
重くてもソールが厚く衝撃をしっかり吸収してくれるクッション性のものを選ぶのは絶対条件です。

自分の足にフィットしたシューズを選ぶ

足の形はひとぞれぞれで、そのためシューズの形状も種類によって違ってきますし、
さらにサイズによっても足のフィット感に差が出ます。

そこで実店舗で購入する際、
自分の足にフィットするシューズの種類・サイズのものを選ぶ方法をご説明します。

 

■ランニング時に着用するソックスで試着する

いろんなシューズを試着していくのですが、
まず準備として、ソックスは実際にランニングで使用するものを着用しましょう。
ソックスの厚みは靴のフィット感に大きく影響しますからね。

 

■夜に購入する方がいい(と言う声も・・・)

そして1日のうちで朝よりも夜の方が足がむくんで若干大きくなるので、
なるべく足がむくんでいる状態を想定して夜に購入しに行くほうが良いという人もいます。
(個人的にはここまでする必要もないかと思いますが・・・)

 

次に実際に試着する際に足にフィットするシューズの判断基準についてです。

まず椅子に座ってシューズを履き、紐をしっかり結び、
カカトを「トントン」と押さえてヒールカップにカカトを合わせます。

その状態で歩いた時の履き心地を確かめます。

違和感がなければ以下の項目をチェックしてください。

  • つま先は少し余裕がある(1cm程度)
  • 横幅は圧迫感がない程度に足にフィットしている
  • 歩いた時にカカトがヒールカップからずれない
  • 紐を通す穴を横から見たとき、左右の穴が平行になっている
  • 足首を自由に動かせる

これらを満たすシューズが足にフィットしているシューズと言えます。
のちのち後悔しないように、面倒くさくても妥協しないようにしましょう。

通販で購入する場合(非推奨)

通販で購入する場合

通販だと自分の足にフィットするシューズがわからないため、
特にランニング初心者や初めてランニングシューズを購入する場合は実店舗で購入するのがおすすめです。

しかし、どうしてもという場合、
通販で購入する際に自分の足に合ったシューズを選ぶのに便利なおすすめのサイトをご紹介します。

ミズノ・プレシジョンフット


ミズノ・プレシジョンフット

10個程の項目からかなり本格的に足の診断してくれます。
少し面倒くさいですが、信ぴょう性は高そうです。
自分にあった靴の提案もしてくれます。

アシックス・シューズナビゲーター


アシックス・シューズナビゲーター

簡単な5つの項目から自分にあったシューズを提案してくれます。
シンプルな操作ですぐにシューズの候補を複数挙げてくれるのでとりあえずお試し下さい。

ニューバランス・シューズガイド


ニューバランス・シューズガイド

自分のレベルとモチベーション(目的)を選択するだけで、
自分にあったシューズの候補を複数提案してくれます。

アディタス・ランニングチャート


アディタス・ランニングチャート

アディダスのシューズのレベル別チャートです。
アディダスのシューズの購入の際には参考にして下さい。

あとがき

以上、ランニングシューズの選び方や、
購入までに生じる問題や疑問についてお話してきました。

どのシューズが自分の足にフィットするのかは実店舗じゃないと正確に分からないので、
実店舗で購入することを強く推奨します。

シューズ選びはパフォーマンスや怪我のリスクに影響し、
副次的にランニングのモチベーションにも関わってくるため、
妥協せずに慎重に選ぶことが大事なのです。

ランニング記事一覧

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク