ダイエットで一番効果がある運動は?痩せる運動ランキング

Facebook alt 11 Facebook alt 10 0 0
この記事が読まれるのは
967,601回目です。

ダイエットで一番効果がある運動は?痩せる運動ランキング“ダイエット効果”について代表的な運動を比較しました。

ダイエットの基本は消費カロリーですが、運動による総消費カロリーは『時間あたりの消費カロリー×時間』です。

ただ運動の『時間あたりの消費カロリー』を比較するだけではなく、実際に行う上でもう一つ重要な項目『時間』という概念も考慮しました。

スポンサードリンク

ダイエットに効果的とは?

まず、“ダイエットに効果的な運動”とはどのような運動かということを述べましょう。

第一に、
『消費カロリーが高い』ということ。

ダイエットの基本はカロリー計算なので、
消費カロリーが高い運動が痩せるために効果的というのは当然ですね。

しかし、ただ消費カロリーが高いだけでは意味がありません。

それと同じくらい大事なのが、
『長時間継続可能』ということ。

これについては一般的には無視されがちな項目ですが、
運動を比較するうえでかなり重要な要素となります。

もし、“時間あたりの消費カロリー”だけ考えるなら、
筋トレなどの無酸素運動が一番ですからね(^_^;)

今回、この2点、『消費カロリー』『持続可能な時間』を考慮して、
“ダイエット効果が高い”運動をランキングにしてみました。

ダイエット効果が高い運動ランキング

今回ランキングにしたのはダイエットでよく取り上げられる代表的な以下の運動です。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • エアロバイク
  • スクワット
  • ヨガ
  • 水泳
  • 縄跳び
  • 踏み台昇降運動
  • バランスボール

1位:ジョギング(ランニング)

部分的な運動ではなく、全身を使う運動なので、
なんとなく効率がいいというのはわかると思います。

消費カロリーは高いですし、
慣れれば1時間程度休みなく走ることも苦ではなくなります。

ちなみに消費カロリーの目安は、
『体重(kg)×距離(km)=消費カロリー(Kcal)』

?ジョギングの詳細はこちら

ランニング
ランニングにはどれくらいのダイエット効果があるのか、また、ランニングをすることで健康面にどんな効果をもたらしてくれるのかご存知でしょうか? 今回、1Kg痩せるためのランニングの距離の目安や、ランニングのダイエット面以外のメリットについて詳

2位:水泳

水泳も全身運動であり、
水の抵抗により消費カロリーは高くなります。

また、浮力のため体の負担が少ないので、
怪我の心配もなく、長時間行えます。

ただ、これには個人差があり、
水泳を長時間行なうにはある程度の技術が必要で、
消費カロリーは人によってだいぶ変わってきます。

ジョギングよりも効率の良い泳ぎができる人もいれば、
ほぼ筋トレと同じような効果しか得られない人もいます。

?泳ぎごとの消費カロリーなど水泳の詳細はこちら

水泳の効果・消費カロリーに関する記事です。 クロール・平泳ぎ・水中ウォーキングの消費カロリーを調べてまとめました。 サイトによって消費カロリーはかなり異なるので、困る人が多いと思いますが、そこについても言及します。

3位:踏み台昇降運動

特殊な器具も使わず室内でできる運動の中でも、
消費カロリーが高い運動がこの昇降運動です。

簡単かつ、体の負担も少なめというのがこの運動のメリットとして挙げられます。

しかし長時間行なうには、ほかの運動と比べて単調な運動のため、
体の負担よりも精神的な根気が必要ということが言えます。

?昇降運動の消費カロリー・詳細はこちら

家の中で手軽にできる有酸素運動、『階段昇降運動ダイエット』に関する記事です。 昇降運動の効果、特にダイエット効果、消費カロリー、メリット・デメリット、具体的な方法について説明します。 人を選ばず誰でも簡単にできる運動なので、是非お試し下

4位:エアロバイク、自転車

主に下半身のみの運動のため、
ほかの全身運動と比べるとその効率はやや劣ります。

しかし、エアロバイクのメリットとしては、
座った状態で行うため膝に体重の負荷をあまりかけないので、
膝への負担が少ないということが言えます。

さらに、自転車はほかの運動にはない爽快感を感じることができますし、
エアロバイクはテレビを見ながら行えるのもほかの運動はない大きなメリットです。

?自転車の消費カロリー、詳細はこちら

今や通勤や通学、趣味で重宝される自転車ですが、「自転車の消費カロリー」、「自転車でどれだけ痩せるのか」といった、ダイエット効果について記事にしました。 自転車には大きなメリットがありますが、ダイエット効果の観点で見たとき、向き不向

?エアロバイクの消費カロリー、詳細はこちら

エアロバイク
エアロバイク・自転車の効果についての記事です。 各性別・年代・体重ごとのダイエット効果(消費カロリー)の他、健康・美容効果について説明します。 室内でできる数少ない有酸素運動なので非常におすすめの運動です。

5位:縄跳び

縄跳びは消費カロリーが高い運動として取り上げられたりもしますが、
今回の基準で言えばダイエット効果が高い運動とは言えません。

縄跳びは『時間あたりの消費カロリー』は結構高いのですが、
長時間行なうのが意外と困難なのです。

ふくらはぎ等の負担が大きいため、
休まずに継続して続けるのは10分できればいいところでしょうね。

?縄跳びの消費カロリーなどの詳細はこちら

縄跳びに関する記事です。 ボクサーのイメージが強い縄跳びですが、 『縄跳び=ボクサー=減量』 というように、世間一般に縄跳びは脂肪燃焼には効果的だと思われています。 今回、縄跳びの消費カロリーや、ほかの有酸素運動と比較した際のダイエ

6位:ウォーキング

ほかの運動と比べて消費カロリーだけ見たら“効率が悪い”といえますが、
メリットとして『負担が最も少ない有酸素運動』と言えます。

なので、
運動に慣れていなかったり、膝や腰が悪い場合は、
ウォーキングから始めることをお勧めします。

?ウォーキングの消費カロリー・詳細はこちら

ウォーキング
ダイエットでの運動の代表格、『ウォーキング』についての記事です。 ウォーキングのダイエット効果や、健康、美容面に関する効果、そしてウォーキングならではのメリット、ウォーキングで痩せるためのポイント、これらについて説明していきます。 他の

7位:ヨガ

「ヨガはカロリーを消費する上に基礎代謝を上げることができる!」
などといわれ、ヨガがダイエットに効果的と思っている人は多くいますが、
実際には消費カロリーは低いですし、基礎代謝もそう上がるものでもありません。

それよりもヨガはほかの有酸素運動にはない、
ヨガ特有の効果に着目すべきです!

主に以下のとおり。

■ヨガの特有の14の効果まとめ

  • 体の歪み、姿勢の矯正
  • スタイルが良く見える
  • 血行が良くなる
  • 顔のたるみ予防
  • 柔軟性のUP
  • 怪我の予防
  • 肩こりの改善
  • 腰痛の改善
  • 疲労回復
  • 冷え性改善
  • 正しい呼吸法の習得
  • 集中力UP
  • 自律神経の乱れに伴う諸症状の予防
  • バランス感覚の向上

?ヨガのダイエット効果の詳細はこちら。

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスなどは、特に女性にとっては人気のエクササイズです。 柔軟性を手に入れることができ、健康や美容目的でされる人が多く、中にはダイエット効果を求めて始める人も少なくないのではないでしょうか? しかし、ヨガはほんとに

8位:バランスボール

バランスボールはほかの運動と比べ、
ダイエット効果と言えるほどの消費カロリーはほとんどありません。

しかし、体への負担はほとんどないので、椅子の代わりにバランスボールに変えることで、
ただ座っているだけでも一日の消費カロリーを引き上げることができます

何よりも、ダイエットとしての意識付けができるのが大きいですね。

?詳しくはこちら

バランスボールに関する記事です。 バランスボールは姿勢矯正や筋トレ、ダイエットなど、いろいろな面において効果があるといわれています。 今回は特に『ダイエット効果』の是非について見ていきます。 バランスボールを椅子として使うことで痩せる

9位:スクワット

スクワットは消費カロリーは少なく、
100回行っても40~50Kcal程度しかカロリーは消費されません。

長時間行なうことも不可能です。

スクワットは、ダイエットに用いられることがよくありますが、
それは“脂肪燃焼・体重減少目的”ではなく、
あくまで“筋トレ目的”として見栄えのいい体にするために用いられるのです。

?スクワットの消費カロリー・詳細はこちら

最近「スクワット15回が腹筋500回に相当する」と言われており、スクワットはダイエットに非常に効果があると一般的に思われています。 しかし、実は「スクワット100回はジョギング5分程度」の消費カロリーにしかならず、脂肪燃焼においては極めて

まとめ

以上、ダイエット効果のある運動のランキングでした。

誤解しないで欲しいのが、
これは『消費カロリー』と『継続可能な時間』のみに着目した時のランキングです。

それぞれの運動には色んなメリットデメリットがあるので、
今回のはあくまで参考程度に捉えてください。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。